デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > ためになる応用知識 > 35mm換算とは

35mm換算とは



レンズ等でよく出てくる用語ですが、「35mm換算で50mmの焦点距離」だとか、「このレンズは35mm換算で・・・」というのを見たことはないでしょうか。ここでは35mm換算の意味についてご案内いたします。


35mmとはフィルムの幅のこと

フルサイズとAPS-Cサイズでもご案内してきましたが、デジタルカメラが開発される前は、写真撮影にはフィルムが使われていました。このフィルムの幅は特別なものを除いて35mmと統一されていたため、どんなカメラを使っても焦点距離は同じでした。




しかし、デジタルカメラになったことで、撮像素子(イメージセンサー)の大きさがカメラごとに変わってしまいました。焦点距離が同じのレンズを装着しても、撮像素子の大きさによって画角が変わってしまいます。

フルサイズの撮像素子を搭載しているデジタルカメラであれば、レンズの表記通りの画角で撮影できますが、APS-Cサイズやフォーサーズなどの撮像素子を搭載したデジタルカメラでは、画角が小さくなってしまいます。



レンズと同じ焦点距離の画角で撮影できるのはフルサイズカメラだけで、APS-Cサイズのカメラやフォーサーズサイズのカメラですと、画角が変わってしまい、本来の範囲より狭い範囲しか撮影できなくなってしまいます。




どうやって適正な焦点距離を見分ける?

35mmのフィルム時代の流れから、今現在発売されているレンズの大半の表記はこの35mmのフィルムを使ったものを基準として表記されています。

一般に言う人間の視野に近い標準レンズというのは50mmといわれていますが、これはフルサイズ機で撮影したときに得られる視野角のことで、実際にAPS-Cサイズやフォーサーズに50mmのレンズを装着すると。「えっ!めっちゃ望遠に写ってしまう」となります。

ですのでAPS-Cサイズで50mm相当の画角のレンズが欲しいといったときには、50mmよりもっと焦点距離が短いレンズを選べばいいわけです。

じゃあAPS-Cサイズで50mm相当の画角が得られるレンズは何mmのレンズを用意すればいいか?ということになりますよね。

そこで出てくるのが35mm換算で・・・という計算方式です。



35mm換算表

35mm換算というのは、フルサイズ機に装着すればどの程度の焦点距離になるのかを変換した値のことをいいます。

フルサイズはもちろんそのまま、APS-Cサイズは1.5~1.6倍した値、フォーサーズはおよそ2倍にした値です。

下の表は35mmの換算表です。APS-Cサイズは撮像素子のサイズで1.5倍と1.6倍があります。
 レンズの焦点距離
(フルサイズ機)
24.0×16mm
APS-C (x1.5)
 22.5×15mm
APS-C (x1.6)
 17.3×13mm
フォーサーズシステム
 5mm  -  10mm
 6mm  -  -  12mm
 7mm  11mm  11mm  14mm
 8mm  12mm  13mm  16mm
 9mm  14mm  14mm  18mm
 10mm  15mm  16mm  20mm
 12mm  18mm  19mm  24mm
 14mm  21mm  22mm  28mm
 16mm  24mm  26mm  32mm
 18mm  27mm  29mm  36mm
 20mm  30mm  32mm  40mm
 24mm  36mm  38mm  48mm
 28mm  42mm  45mm  56mm
 30mm  45mm  48mm  60mm
 35mm  53mm  56mm  70mm
 40mm  60mm  64mm  80mm
 50mm  75mm  80mm  100mm
 60mm  90mm  96mm  120mm
 70mm  105mm  112mm  140mm
 80mm  120mm  128mm  160mm
 90mm  135mm  144mm  180mm
 100mm  150mm  160mm  200mm
 120mm  180mm  192mm  240mm
 140mm  210mm  224mm  280mm
 160mm  240mm  256mm  320mm
 180mm  270mm  288mm  360mm
 200mm  300mm  320mm  400mm
 250mm  375mm  400mm  500mm
 300mm  450mm  480mm  600mm
 400mm  600mm  640mm  800mm
 500mm  750mm  800mm  1000mm
 600mm  900mm  960mm  1200mm
 800mm  1200mm  1280mm  1600mm

レンズの表記は一番左側ですので、フルサイズ機ならそのままの焦点距離のレンズを準備します。例えば標準レンズの画角程度のレンズが欲しい場合、APS-Cなら30~35mmのレンズ、フォーサーズなら24mmのレンズを用意しましょう。





そういえばレンズやカメラを選ぶとき、よく出てくる言葉が「35mmフルサイズ」と「APS-Cサイズ」・・・これっていったいどういう意味?
一般的にデジタルカメラ(通称デジカメ)と呼ばれるものは、大きく4種類に分かれます。
ここでは一般的なコンパクトデジカメと比較して、デジタル一眼レフカメラの魅力についてご紹介していきましょう。
レンズの種類や意味を知る上で最も大切な画角と焦点距離、ここでは画角と焦点距離の関係について勉強していきましょう。新しいレンズを買う時の目安としても役立ちます。

スポンサーリンク