デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > 構図や表現知識を学ぶ > 3分割法

3分割法



構図について少しでも勉強している型は、聞いたことがある呼び名だと思います。3分割法はカメラ構図の中でも最も基本的な構図で、しかし最も使える構図のひとつです。

初心者の方はまず3分割法をしっかりマスターしましょう。




3分割法とは


3分割法とは上の写真のように、画面(ファインダー)の縦と横を3分割し、
被写体を赤線上や赤線との交点(赤い点)に配置する考え方です。主役になる被写体をこの4つの赤い点のどれかにあわせます。


まずは赤点に被写体を合わせていろいろ撮ってみよう

3分割法の基本は、赤点の上に主体となるものを配置して撮影します。慣れてくると線上に配置したりもしますが、まずは赤点の上になるように撮影してみましょう。


富士山の山の中心が右上に来るように撮影しました。このような山の写真は、山の中心が写真のど真ん中に来る日の丸構図になりがちですが、ちょっと配置を考えるだけでメリハリのある写真に仕上がります。

慣れないうちは正確に3分の1の赤丸を意識せず、真ん中から少しずらすようにして撮影するように練習しましょう。








水平線は3分割の線におくと良い


田んぼと空を撮影してみました。ちょうど境目が真ん中にあるため、どうも中途半端な写真になっています。



水平線を下3分の1にしてみました、空が主体となり開放感ある写真に仕上がりました。



逆に田んぼの割合を増やすことで、主体を緑輝く田園が広がる写真に見えますね。




構図を変えると雰囲気も変わる

自転車をみつけました、早速撮ってみます。

これは自転車の横から真ん中にピントを合わせて撮影しました。いわゆる日の丸構図という構図です。これでも自転車というのは分かりますが、ちょっと平凡な写真ですね。



次は自転車の位置は写真の真ん中ですが、撮影する角度を変えてみました。自転車の様子がよく分かりますね。



ちょっと写真の自転車の位置を変えてみました。自転車が目立たず自然な写真に仕上がっています。



最後に自転車を3分割法の右下に合わせました。撮影アングルも低くして自転車の高さにあわせました。自転車はもちろん周りの建物まで臨場感ある写真になりました。



このように同じ被写体を撮影するだけでも、撮影する場所や角度、被写体の位置によってずいぶん雰囲気の違う写真に仕上がりますが、3分割法を使うことで被写体が目立ちすぎずバランスよい写真になります。

1つの被写体をいろんなアングルや位置で撮影してみるのも上達するコツです。





カメラで撮影する際、横と縦ってどうやって使い分けていますか?おそらく意識せずに縦長になるものを単に縦にして撮影しているだけではないでしょうか。まずは横構図と縦構図を少し勉強しましょう。
日の丸構図はその名の通り被写体をど真ん中に持ってくる表現方法です。構図を全く意識せずに撮っていたり、初心者にはありがちの構図で、何の変化もない平凡な写真になりがちな構図です。
対角線構図は被写体を対角線上に置いたり、対角線上に斜めに撮影したりする方法をいいます。対角線構図も比較的ポピュラーな表現方法で、写真に「動き」「奥行き」を表現できます。

スポンサーリンク