デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > デジイチ関連購入ガイド > EOS 9000Dおすすめセット

EOS 9000Dおすすめセット



2017年4月、Canonからエントリー向け一眼レフカメラのプレミアムシリーズとしてEOS 9000Dが発売されます。EOS8000Dの後継機種として、その操作性とワンランク上の使い心地に定評があり、人気が高まっています。ここでは同時発売されるEOS KissX9iとの違いや、おすすめセットについてご紹介いたします。


EOS 9000Dはどんなカメラ

EOS 9000D(以後9000D)は、EOS8000Dの後継機種として発売されました。もともとエントリーモデルは、キスデジシリーズと呼ばれているEOS Kiss〇〇になっていましたが、より操作性が上位クラスに近いEOS〇〇〇〇D(4桁モデル)が8000Dより登場しました。

外形や基本的なスペックは、同時発売されるX9iと同等ですが、中級機や上級機に搭載されている上部液晶画面を搭載しているほか、絞りやシャッター速度などを容易に変更できる電子サブダイヤルも装備、より上級機に近づいた操作性を実現しています。




今までキスデジシリーズを使っている方のステップアップ機種としてはもちろん、上級者の方のサブ用カメラや、ちょっと人とは違うワンランク上のカメラの狙っている方におすすめです。

 基本スペック
 イメージセンサー  APS-C
 画素数  約2420万画素
 レンズマウント  EFレンズ・EF-Sレンズ
 フォーカスポイント オールクロス45点
 ライブビューAF  デュアルピクセルAF
 液晶画面サイズ  ワイド3.0型104万ドット
 バリアングル液晶  〇
 タッチパネル液晶  〇
 連写速度  6.0コマ(秒)
 常用ISO感度  100~25600
 視野率・倍率  95% 0.82倍
 動画撮影  フルHD(1920×1080)
 本体重量  485g





基本スペックですが、画素数はX8iやX9iと同じ2420万画素ですが、最新の画像処理エンジンDIGIC7を搭載しており、画像の処理能力が上がっています。

大きなパワーアップポイントしては、フォーカスポイントがオールクロス45点になっているという点ですね。これは中級機であるEOS 80Dと同等の性能であり、前モデルである8000Dの19点を大きく上回っています。フォーカスポイントが多いと動きの速いシーンでもピントを合わせ易くなるほか、任意の場所へピントを合わすのも楽になりますね。こうなると中級機であるEOS80Dの存在感が薄まってしまいます、。

それにファインダーも様々な情報が表示される「インテリジェントビューファインダー」に進化し、高級機さながらの機能を搭載されています。

常用ISO感度も100~25600まで上がり、暗い場所での手撮り撮影などにも威力を発揮します。最近では三脚の使用を制限している場所や施設もありますので、そのような場所では心強いですね。

そのほか、風景や夜景撮りに適しているライブビュー撮影では、よりAFが正確で速いデュアルピクセルAFや、スマホのような操作感のタッチパネル液晶、wifi・Bluetooth対応など、基本的な機能も充実しています。



EOS KissX9iとの違いは?

9000Dと同時発売されるX9iですが、基本性能については両者全く同じですので、同条件で撮影すれば、写真の仕上がりに違いはありません。


上部に液晶画面がある
絞りやシャッター速度、ISO感度などがすぐ確認できる液晶画面が上部に搭載されています。撮影条件を瞬時に確認できるほか、液晶画面をOFFにしていても目視で確認できますので、余計なバッテリー消費を抑える役割も期待できます。
モード設定ダイヤルは左側に移動し、高級機にも搭載されているモードダイヤルロックボタンも装着されていますので、撮影中にうっかりモードが変わってしまう心配もありません。






サブ電子ダイヤルを搭載
特にマニュアルモードで撮影する場合は、F値やシャッター速度などを頻繁に変更しなければなりませんが、クルクル回せる電子ダイヤルは変更するのにはとても便利です。またカスタマイズすることでさらに使いやすくすることができますので、あると嬉しいボタンです。
そのほか、AFロックボタンも搭載していますので、AFロックや解除などが容易に行え、よりじっくり構図と向きあえることも可能に。

まとめると、基本性能自体はX9iと変わりありませんが、快適性や操作性が良くなっていることが言えます。上級機と似たような操作感ですので、今後のステップアップの機種としても十分通用するでしょう。

価格差はX9iとおよそ1万円程度。それほど大きく変わらないので、少しでもいいものをという方はこちらを買っておいても損はないと思います。





レンズキットを買おう

デジタル一眼レフカメラは、慣れてくると本体とレンズは別々で買ったりしますが、初心者の方にカメラ本体とレンズがセットになった「レンズキット」をおすすめします。

9000Dのレンズキットに付属されているレンズは、「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM」で、広角から望遠まで幅広くこなすことができるレンズです。とりあえずこれ1本あればスナップ撮影から風景、運動会などのシーンなどもカバーすることができます。



 




望遠域をカバーしたい場合はダブルズームキットを

レンズキットでは最大13mmまでの焦点距離をカバーできますが、「もっと望遠を撮りたい」という方にはダブルズームキットを選びましょう。

こちらは18-55mmをカバーする標準ズームレンズのほか、55-250mmをカバーする望遠レンズの2本セットのモデルです。レンズを交換する手間がありますが、より遠くから被写体を狙うことができますので、スポーツ観戦や子供の運動会などに威力を発揮します。


 



メモリーカードも一緒に準備しよう

メモリーカードは本体に付属していませんし、カメラ本体に内蔵メモリもありません。せっかくカメラを買っても、メモリーカードがないと1枚も撮影できないので、カメラと一緒にメモリーカードも買っておきましょう。

X9iはSDカードを使用しますが、おすすめのSDカードはトランセンドから発売されているSDXC及びSDHCカードで、価格と信頼性で人気のあるカードです。よくセールで売っている安物はスピードクラスが遅いものがありますので、一眼レフカメラ用のSDカードはスピードクラス10のものを選んでください。


  


また、パソコンに取り込む場合は専用のリーダーが必要になります。こちらも準備しておきましょう。





レンズ保護フィルターは忘れずに

コンパクトデジカメと違いレンズが飛び出している一眼レフカメラ、本体を買ったらレンズ保護フィルターは必ず購入してほしいアイテムの一つです。レンズの先にネジようにフタをするだけなので誰でも簡単に取り付けられます。是非一緒に買っておきましょう。

画質にとことんこだわる方は「つけない」っていう方もおられますが、特に一眼レフカメラの扱いに慣れていない初心者の方は、レンズの先端をぶつけたりしてレンズが割れたり傷がついたりすると大変ですね。

おすすめはケンコーから発売されているプロテクターです。




注意点としてはレンズの口径に合った大きさのフィルターを選ぶ必要があります。いろいろな大きさのものが発売されているので、間違って買わないように注意してください。

9000Dレンズキット用の保護フィルターは67mm用を準備します。(ダブルズームキットは58mmを2枚)

またフィルターには色を鮮やかにしたり、入ってくる光量を調整したりするものも発売されています。詳しくはこちらもご覧ください。



液晶保護フィルムは是非貼っておきましょう

ケータイやスマホの画面と同じく、デジタル一眼レフカメラでも液晶画面は非常にデリケートなものです。液晶保護フィルムは画面の傷や汚れを保護してくれますので、カメラを買ったときに一緒に貼っておくのをおすすめします。

100円ショップなどにも売ってますが、粗悪なものは反射が酷くて見づらかったり、剥がすとき大変ということもよく聞きますので、カメラアクセサリーメーカーのものを推奨します。





お手入れグッズ、保管ケースの準備

カメラのクリーニンググッズや、カメラとレンズを保管するケースも是非一緒に買っておいてほしいアイテムです。

カメラアクセサリーの老舗ハクバより発売されているメンテナンス用品セットがおすすめです。ブロアーやレンズクリーナー、カメラ保管箱などがセットになっているので、最初に用意したいグッズがセットになっています。






カメラはカビとホコリが大敵なので、乾燥剤を入れたケースに普段は入れておくとよいでしょう。



カメラと一緒に是非買っておいてほしいおすすめセットのご紹介でした。




コンパクトデジカメや携帯のカメラではなかなか表現できない背景をぼかす写真は、一眼レフカメラの得意分野です。
F値とは、絞りの開き具合(光の取り込む穴の大きさ)を数値化したものです。絞り値ともいいます。絞りはレンズによってその開き具合を調整することができますが、どれくらい絞っているのかをわかり易く把握するためにF値が使われます
一般的なレンズは絞りを開放で撮影するより、いくらか絞った方が画質が向上します。カメラに詳しい方なら知っている方がほとんどですが、意外と知らない人も多いようです。
レンズを紹介しているサイトや、レンズをレビューしているコーナーなどで、よく「明るいレンズ」、「暗いレンズ」というのを目にしたことはないでしょうか。

スポンサーリンク