デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > デジイチ関連購入ガイド > a6000おすすめセット

SONY a6000 おすすめセット



2014年3月、SONYからa-NEXシリーズの後継機としてa5000 a6000が発売されました、ここに来てa6000の人気が非常に高く、某価格サイトで常に上位にランクインしているカメラです。今回はこのカメラのおすすめセットのご案内です。


SONY a6000はどんなカメラ

a6000はSONYから発売されているミラーレス一眼カメラの中級モデルで、高速オートフォーカスと連写能力を売りにしています。SONYはミラーレス一眼カメラでもフルサイズ化が進んでいますが、レンズもカメラもまだまだフルサイズ用は高く、入門用のAPS-Cサイズのカメラが多く普及しています。

a5000とa6000の大きな違いは「ELファインダーの有無」です、また液晶画面の見易さや動画撮影性能、連写機能でもa6000の方が上回っています。





一眼レフカメラと違い光学ファインダーを持たないミラーレス一眼カメラは液晶画面を見ながら撮影するのが一般的ですが、やはり一眼レフカメラのようにファインダーを見ながら撮影したいというニーズも多く、特にSONYの有機ELファインダーは見やすく明るいため疲れにくく好評です。

 基本スペック
 イメージセンサー  APS-C
 画素数  約2430万画素
 レンズマウント  ソニーEマウントレンズ
 フォーカスポイント 179点(コントラスト検出は25点)
 液晶画面サイズ  3.0型92万ドット
 バリアングル液晶  ○
 タッチパネル液晶  -
 連写速度  11コマ(秒)
 常用ISO感度  100~12800
 視野率・倍率  100% 0.7倍
 動画撮影  フルHD
 本体重量  285g

基本スペックは非常に高く、画素数はその辺の中級機を上回る性能です。特筆すべき点はAF枠の多さで何と179点でフォーカシングを行えます。
ほぼ画面のどこでもピントを合わせられるといっても過言ではないほど、コントラスト検出方式のAFも兼ね揃えているため、ライブビューでじっくりピント合わせもできます。

AFも速度も非常に早くスッと合う感じですね

連写性能はなんと秒間11コマ、飛行機や列車、野鳥などの動き回る撮影にも威力を発揮しそうですね。見やすい有機ELファインダーに角度を変えられるバリアングル液晶など、こだわった撮影も多彩にできます。

多彩な設定モードなども盛りだくさんですので、初心者から中級者まで幅広く使えること間違いなしです。しかもコンパクトで質感もカッコいいですね~。




レンズキットを買おう

デジタル一眼レフカメラは、本体とレンズは別々で買ったりしますが、初心者の方にカメラ本体とレンズがセットになった「レンズキット」をおすすめします。

レンズキットなら買ってすぐ撮影を楽しめますし、別々で買うよりかなり割安です。「どうしてもこのレンズじゃないとダメ」という方以外は、まずはレンズキットの購入をおすすめします。

a6000の売れ筋はパワーズームレンズキットですね、電動でズームする標準ズームレンズE PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSSがセットになっています。

SONYはたくさん後付けレンズが発売されていますので、まずはキットを買って後からレンズを選ぶのも楽しいですね。





本体を選んだら一緒に周辺アクセサリーも買っておきましょう。




メモリーカードも一緒に準備しよう

メモリーカードは本体に付属していませんし、カメラ本体に内蔵メモリもありません。せっかくカメラを買っても、メモリーカードがないと1枚も撮影できないので、カメラと一緒にメモリーカードも買っておきましょう。

a6000はSDカードかメモリースティックのどちらも使えますが、汎用性の高さからSDカードをおすすめします、おすすめのSDカードはトランセンドから発売されているSDHCカードで、価格と信頼性で人気のあるカードです。よくセールで売っている安物はスピードクラスが遅いものがありますので、一眼レフカメラ用のSDカードはスピードクラス10のものを選んでください。


  



レンズ保護フィルターは忘れずに

コンパクトデジカメと違いレンズが飛び出している一眼レフカメラ、本体を買ったらレンズ保護フィルターは必ず購入してほしいアイテムの一つです。レンズの先にネジようにフタをするだけなので誰でも簡単に取り付けられます。是非一緒に買っておきましょう。

画質にとことんこだわる方は「つけない」っていう方もおられますが、特に一眼レフカメラの扱いに慣れていない初心者の方は、レンズの先端をぶつけたりしてレンズが割れたり傷がついたりすると大変ですね。

おすすめはケンコーから発売されているプロテクターです。



注意点としてはレンズの口径に合った大きさのフィルターを選ぶ必要があります。いろいろな大きさのものが発売されているので、間違って買わないように注意してください。

a6000レンズキット用の保護フィルターは40.5mm用を準備します。

またフィルターには色を鮮やかにしたり、入ってくる光量を調整したりするものも発売されています。詳しくはこちらもご覧ください。



液晶保護フィルムは是非貼っておきましょう

ケータイやスマホの画面と同じく、デジタル一眼レフカメラでも液晶画面は非常にデリケートなものです。液晶保護フィルムは画面の傷や汚れを保護してくれますので、カメラを買ったときに一緒に貼っておくのをおすすめします。

100円ショップなどにも売ってますが、粗悪なものは反射が酷くて見づらかったり、剥がすとき大変ということもよく聞きますので、カメラアクセサリーメーカーのものを推奨します。







お手入れグッズ、保管ケースの準備

カメラのクリーニンググッズや、カメラとレンズを保管するケースも是非一緒に買っておいてほしいアイテムです。

カメラアクセサリーの老舗ハクバより発売されているメンテナンス用品セットがおすすめです。ブロアーやレンズクリーナー、カメラ保管箱などがセットになっているので、最初に用意したいグッズがセットになっています。






カメラはカビとホコリが大敵なので、乾燥剤を入れたケースに普段は入れておくとよいでしょう。



カメラと一緒に是非買っておいてほしいおすすめセットのご紹介でした。




コンパクトデジカメや携帯のカメラではなかなか表現できない背景をぼかす写真は、一眼レフカメラの得意分野です。
F値とは、絞りの開き具合(光の取り込む穴の大きさ)を数値化したものです。絞り値ともいいます。絞りはレンズによってその開き具合を調整することができますが、どれくらい絞っているのかをわかり易く把握するためにF値が使われます
一般的なレンズは絞りを開放で撮影するより、いくらか絞った方が画質が向上します。カメラに詳しい方なら知っている方がほとんどですが、意外と知らない人も多いようです。
レンズを紹介しているサイトや、レンズをレビューしているコーナーなどで、よく「明るいレンズ」、「暗いレンズ」というのを目にしたことはないでしょうか。

スポンサーリンク