デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > 撮影テクニックあれこれ > AFモードを理解しよう

AFモードを理解しよう



デジタル一眼レフカメラにはピントを合わせるモードがいくつかあるのを知っていますか?止まっている被写体や動いている被写体などで使い分けるとピンボケや失敗が少なくなります。

デジタル一眼レフカメラに搭載されているAFモードは主に3つありますが、普段は何も気にせずに撮影しているのではないでしょうか。




止まっている被写体の撮影に有利なワンショットAF

カメラメーカーによって呼び名がそれぞれ違いますが、ワンショットAFは普段私たちが使っているAFモードです。フォーカス枠を被写体に合わせて半押しにするとピントが合い、シャッターボタンを押し込むと撮影ができるモードです。

特に設定を変えていない場合は、通常このモードが選ばれているので知らず知らずのうちにみなさんはこのモードで撮影されているかと思います。


上の図はCanon一眼レフの画面です。メーカーによってはシングルAFサーボS-AFと呼ばれています。

このモードではシャッターボタンを半押しにしてフォーカスロックすると、ピントはずっとそのままですので、被写体が動いたり自分が動いたりするとピントがずれてしまいます。

止まった場所で止まったものを撮影するのに有利なモードです。景色など普段のスナップ撮影ならこのモードがおすすめです。


風景撮りにはこのモードがいいですね。





動き回っている被写体に有利なAIサーボAF

さて、次なるモードは動いている被写体に有利なAIサーボAFのご紹介です。こちらもカメラメーカーによって呼び名が異なりますが、半押しにするとずっとピントが固定だったワンショットAFに対し、シャッターボタンを半押しにしている間、常にピントを合わせ続けてくれるのがこのモードの特長です。追従型AFとも呼ばれますね。



CanonではAIサーボAFと呼びます。メーカーによってはコンティニュアスAFサーボC-AFなどと呼ばれています。



素早く走る犬や飛んでいる鳥、ちょこりょこ動き回る動物などに威力を発揮するモードです。



これは一眼レフカメラ特有の機能で、被写体との距離や動きを計算して予測することができるため、このようなことが可能になります。

特にドライブモードを連写にすることにより、ピントを合わせて最初の1枚を撮影、続いてピントを合わせ直して2枚目を撮影、さらにピントを合わせて3枚目を撮影・・・と連写撮影している間もピントを合わせ続けるため、ずっとピントが合ったまま複数枚撮影ができますね。


子供が走り回る時もこのモードが有効です。


ミラーレス一眼にもこのような機能がついていますが、AF方式が一眼レフカメラとは違うので一眼レフカメラほど高性能ではありません。




カメラによっては自動AFモードもあり

通常はワンショットAFモードになっていますが、被写体が動き出すと自動的にAIサーボAFに切り替えるようなAFモードを搭載したカメラもあります。


CanonではAIフォーカスAFと呼ばれています。メーカーによってはAFサーボ自動切り替えA-AFなどとも呼ばれています。

止まっている被写体に対して最初はワンショットAFと同じようにシャッターボタンを半押しにすることでピントが固定され撮影できます。次に被写体が動き出した場合は自動的に追従モードに切り替わり、ピントを合わせ続けます。

動いたり、止まったりを繰り返す被写体にはこのモードにしておくといいでしょう。



追従AFはフォーカス枠から外れないように注意しよう

動いている被写体に強いAIサーボAFですが、常にピントを合わせたい被写体がフォーカス枠(ファインダーの中にある四角い枠)にかかっていないとその効果を発揮できません。

奥から手前に走ってくるような被写体ではできるだけ中央のフォーカスポイントで捉えながら連写するとピントがしっかり合います。

飛んでいる鳥などどこから来るか分からない時は、フォーカスポイントを自動選択にしておくと、とりあえずフォーカス枠に被写体がかかればピントを合わせてくれるので自動選択にしておくといいでしょう。

動いている被写体を撮る場合はフォーカス枠の少ない入門機よりフォーカス枠の多い中級機、上位機のほうが重宝されます。




左は入門機のフォーカスポイントで11点、右は中級機で51点、入門機は枠と枠の間がスカスカですが、中級機はびっしりですね。どちらが枠にかかりやすいかといば一目瞭然ですね。






成長するわが子を楽しみに撮影されているお父さん、お母さん。できるだけ自然な姿で撮影したいと思っていますが、動き回る子供を上手に撮影するのは至難の業です。ここでは子供の写真撮影の基本とコツをマスターしましょう。
シャッター速度とは、光をイメージセンサーに当てる時間のことです。別名露出時間とも言います。言葉で説明するのはちょっと難しいですが、シャッターが開いてる時間といった方が分かりやすいかもしれませんね。
ISO感度とは感光部が光を感じる感度の良さを数値化したものです。 もともとISO感度はフィルムの感度の規格でしたが、デジタルカメラの感度にも使われています。
レンズを紹介しているサイトや、レンズをレビューしているコーナーなどで、よく「明るいレンズ」、「暗いレンズ」というのを目にしたことはないでしょうか。

スポンサーリンク