デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

全自動(AUTO)モード

最終更新日:2019年5月2日

デジタル一眼レフカメラにはさまざまな撮影モードがありますが、その中でも全自動モードというものがあり、その名の通りほとんどの設定をカメラが自動的に行ってくれます。全てオートなので、初めてデジタル一眼レフカメラを使う人にとっては頼もしいモードですが、メリットがある反面、制約なども多いため、特長を理解する必要があります。ここでは、デジタル一眼レフカメラにおける全自動モードの解説を行っていきたいと思います。

全自動モードは構図を決めてシャッターを押すだけ

全自動モードはほとんどすべての設定をカメラが自動的にしてくれます。撮影者がすることと言えば、ファインダー(液晶画面)を見て構図、焦点距離を決めて、シャッターを押すだけです。


上の図のように、全自動モードはピント合わせはもちろん、絞りやシャッター速度、ISO感度、フラッシュの有無も自動で判別します。唯一自分で設定できる項目としてはドライブモードくらいでしょうか。ドライブモードとは、1枚の単体撮影や連続撮影、セルフタイマー撮影などが選べるモードです。

とにかく撮影者は構図を決めてシャッターボタンを押すだけなので、言ってみれば全くデジタル一眼レフカメラを使ったことがない人でも、簡単に撮影することができるモードです。

まずは全自動モードで撮影に慣れることが大切

デジタル一眼レフカメラを初めて使ってみる人は、まずは全自動モードにして、何でもよいので撮ってみることから始めましょう。
基本的には一番手前の被写体にピントが合うようになっていますが、最近のデジタル一眼レフカメラの全自動モードは実に優秀であり、特にCanon系の一眼レフカメラはシーンに応じて自動的に最適な設定に仕上げてくれるようになります。カメラが風景と判断すれば、風景に最適な設定にしてくれますし、被写体が動き回るようなシーンであれば、ピントを自動的に追従するようなモードに変更してくれます。

全自動モードで覚えてほしいことは、デジタル一眼レフカメラの扱いに慣れるということが最も重要です。
そしてある程度撮影に慣れてきたら、構図をちょっと考えてみたり、カメラを縦に構えて縦構図で撮影してみるのもよいでしょう。

実際のところメカが苦手な女性の方や年配者の方は、全自動モードだけで撮影しているケースも少なくありません。それはデジタル一眼レフカメラが単なる高画質なデジカメ… と考えている人もいるからです。
デジタル一眼レフカメラだからと言って、すべての機能を使いこなす必要はありませんし、設定をあれこれ変えてこだわる写真を絶対撮らなければならない… ということでもないのです。全自動だけで撮影したとしても、スマホや安いコンデジなどに比べれば画質は格段に良いですし、応用撮影ができないからと言って、別に恥ずかしいわけでもありません。

確かにデジタル一眼レフカメラのポテンシャルをフルに発揮するには、あれこれ撮影条件を変えて撮るのに越したことはありませんが、まずは楽しく撮影することが大切なのではないでしょうか。

全自動は失敗が少ないのでとっさの撮影の際にも便利

実は上級者の方でも全自動モードを使うことがあります。時間があってじっくり構図を考えて撮る場合は別ですが、急にシャッターチャンスと遭遇したり、あれこれ設定している時間がないときなどは、とりあえず全自動モードにして撮影してしまうケースもよくあります。

また、夜景や夕暮れ、極端な条件など、自分があまり経験したことがないようなシーンの撮影でも全自動はおすすめです。最近の全自動モードは、被写体のシーンも解析するため、ファインダーに写っている状況を見て、今どんなシーンなのかを判別するようにもなっています。下手に自分で条件を考えるより、カメラ任せにしてしまうほうが良かったりもしますので、経験がないような撮影シーンであれば、あえて全自動で撮ってしまうのもアリではないでしょうか。

このほか家族旅行やデートなどで、見ず知らずの人にスナップ写真を撮ってもらうように依頼する場合、撮ってくれる相手がデジタル一眼レフカメラの経験者ならともかく、全くの素人の方に撮影させるのも無理があります。そんな場合は全自動モードにして、液晶画面を見ながら撮ってもらうようにすれば、失敗写真になる可能性も低くなります。

このように全自動モードは失敗が少ないため、とっさの撮影の際にはとても便利です。

全自動モードは、全自動であるがゆえに痒い所には手が届かない

上記のように、初心者にとっては非常に有利な全自動モードですが、すべてがカメラ任せであるために、ちょっとした修正も効かないことがデメリットです。しばらく全自動で撮っていると、下記のように「もうちょっと何とかならないかな?」思うようになってきます。

■狙った場所にピントが合わない (AFの位置が自分で決められない)
■思っていた以上に背景がボケない (絞り値が自分で決められない)
■明るさがイメージしていたものと違う (露出補正ができない)
■色合いがイメージしていたものと違う (ホワイトバランスが決められない)
■被写体がブレる (シャッター速度が決められない)
■何か写真にノイズが多い (ISO感度が決められない)などなど


このように感じたときは、全自動モード卒業のサインと思いましょう。シーン別の撮影モードで慣れてもらうのもよいですし、応用撮影モードにステップアップするのもよいでしょう。ほかのモードにすれば、設定やパラメータを変えることができるようになってくるので、撮影の幅も広がります。

全自動モード まとめ

・全自動モードはほとんどの設定をカメラが行ってくれる
・撮影者は構図を決めてシャッターを押すだけ
・初めてデジタル一眼レフカメラを使う人は、全自動モードで慣れるとよい
・慣れた人でもとっさの際に全自動モードは便利
・全自動モードは便利な反面、自分のイメージ通りの写真にならないこともある

最近の全自動モードは本当に性能がよくなっていますので、プロ顔負けの写真が初心者でも手軽に撮れるようになってきました。まずは全自動モードでデジタル一眼レフカメラの取り扱いに慣れていただき、物足りなくなってきたらさまざまな撮影モードのステップアップしてみてください。

筆者おすすめアイテム





↑ PAGE TOP