デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > 撮影モードを理解しよう > 全自動モード

全自動モード



まずは全自動モードでデジイチの感覚をつかもう

初めてデジイチをチャレンジする方は、まず全自動モードにして、デジイチを使って撮影する感覚をつかんでください。





全自動モードは、シャッターを押すだけでカメラが設定をすべて自動でやってくれるので、何をする必要もありません。 ピント合わせ、絞り、シャッター速度、ISO感度、さらにはフラッシュの有無までもカメラが自動でやってくれます。

カメラから一番近い場所の被写体にピントを合わせてくれますので、シャッターを半押しにして、どんどんシャッターを切りましょう。

このモードでまず覚えてほしいのは、一眼レフの扱いに慣れるというのが一番重要です。

ある程度扱いに慣れてきたら、今度は構図を考えてみましょう。いつも被写体を真ん中にするのではなく、端や上下左右などにしてみてもいいでしょう。

カメラを縦持ちにして、縦長の写真を撮ってみるのもいいかもしれません。


実際、メカが苦手な主婦の方や年配者の方の多くは、全自動モードだけで撮影されている方も多いようですが、 それはそれでデジイチを高画質なデジカメ・・・として割り切って使うのも良いかと思います。

何もデジイチだから必ずいろいろ設定して撮影する必要はないのです。実際全自動で撮影しても画質はコンパクトデジカメより格段に高画質です。


また急にシャッターチャンスが来た場合、あれこれ設定していては間に合いません、 いざと言うときや急ぎの時はとりあえず全自動モードにして撮影しましょう。こだわった写真に仕上げるのは無理ですが、撮影に失敗はしません。

オートモードで撮影1
AUTOにしておけば、ファインダーを見てシャッターボタンを押すだけ、全くの初心者でも手軽に一眼レフの高画質を撮影できます。


オートモードで撮影2
風景や人物など設定を気にせず撮影しましょう。

全自動モード出なれたら、シーン別にこだわった簡単撮影モードにステップアップしてみましょう。




ここでは一眼レフの撮影方法を学ぶとともに、まずは全自動モードで撮影してみましょう。ファインダーを見て、構図を決めて、シャッターを切るという基本的なことですので、感覚的に撮影方法を身につけるのが上達の早道です。
写真撮影にとって構図はとても大切なものです。今まで何気なくファインダーをのぞいて撮影していた平凡な写真でも、構図を頭に入れながら撮影するだけで、まったく違う作品に仕上がったりもします。
一眼レフカメラをはじめたばかりの方、長年なんとなく一眼レフをやっているけれど、なかなか上達しないなあと思っている方、ここでは上達への近道をご案内したいと思います。

スポンサーリンク