デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > 一眼レフを使ってみよう > 絞り優先モードで撮影しよう

絞り優先モードで撮影しよう



絞り優先モードで撮影できるようになればもうあなたも一人前です。このモードは初心者から上級者まで一番お世話になる機会が多いモードで、一眼レフの醍醐味である「ボケ」をコントロールすることができます。






絞り優先モードとは

絞り優先モードとは、絞り(F値)を任意に設定すると、最適な明るさにカメラがシャッター速度を自動で決めてくれるモードで、主にボケ量を調整するのに便利なモードです。

絞りを開放すると背景がボケやすくなり、絞ると全体にピントが合った写真に仕上がります。



絞り優先モードで撮影してみよう

それでは絞り優先モードで撮影してみましょう。

まずは撮影モードダイヤルを「Av」に合わせます。カメラの機種によっては「A」と表記されている場合もあります。


ISO感度やホワイトバランスなど任意で設定したい場合は、メニュー画面や各種設定で自分の好みの値に設定しておきましょう。

設定が終わったら、後は基本的に全自動と同じです。ファインダーを見ながら構図を決めてシャッターを押すだけです。




ダイヤルを回して絞り値を変えてみましょう

絞り優先モードで電子ダイヤルを回すと、絞り(F値)が変わるのが確認できたでしょうか。


現在のF値はF3.5になってます。ダイヤルを回して一番小さい値になるようにしてみましょう。


一番小さい値はF1.4になりました。それではこれで撮影してみましょう。


手前の缶コーヒーにピントを合わせて撮影、奥のものはよくボケていますね。


それでは次にダイヤルを少し回してF2.8に設定します。同じように撮影します。


少しボケ方が固くなりましたね。このように少しずつF値の数字を大きくしていくと、全体的にピントが合うようになってきます。


それではちょっと数字を大きくしてF16まで上げてみました。


手前から奥までしっかりピントが合ってますね、自在にF値を調整してぼかし方を調整しましょう。



絞り優先モードの注意点

絞り値がF3.5より下がりません
開放F値はレンズの種類によって変わります。一般的なキットレンズでは絞り開放でもF3.5までで、それ以上F値を下げることはできません。またズームレンズなどでは望遠側だとF5.6など更に下げられないレンズもあります。
高級な大口径レンズや単焦点レンズですと開放F値がF2.8やF1.4と下げることができ、より絞りの幅が広がりますし、さらにボケの効いた作品にすることもできます。

シャッター速度に注意
絞りを自在に可変できるモードですが、それに合わせてカメラはシャッター速度を変えて最適な明るさになるようにコントロールしてくれます。

例えば日中の明るい屋外で絞りを開放しすぎると、目一杯シャッター速度を速くしても眩しくなってしまう場合もありますし、暗い場所で絞りすぎてしまうとシャッター速度が超スローになってしまい、手振れの原因にもなります。

程よいシャッター速度にするためには、ISO感度や絞り値の妥協も必要になってくるので注意しましょう。





コンパクトデジカメや携帯のカメラではなかなか表現できない背景をぼかす写真は、一眼レフカメラの得意分野です。
F値とは、絞りの開き具合(光の取り込む穴の大きさ)を数値化したものです。絞り値ともいいます。絞りはレンズによってその開き具合を調整することができますが、どれくらい絞っているのかをわかり易く把握するためにF値が使われます
一般的なレンズは絞りを開放で撮影するより、いくらか絞った方が画質が向上します。カメラに詳しい方なら知っている方がほとんどですが、意外と知らない人も多いようです。
レンズを紹介しているサイトや、レンズをレビューしているコーナーなどで、よく「明るいレンズ」、「暗いレンズ」というのを目にしたことはないでしょうか。

スポンサーリンク