デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > 管理人のアイテムレビュー > 防湿庫でカメラとレンズを守ろう

防湿庫でカメラとレンズを守ろう

カメラやレンズをホコリや湿気から守るアイテムの1つに防湿庫があります。特に一眼レフカメラやそのレンズは価格も高いため、しっかり防湿対策をやらないとカビが生えた時のダメージも大きくなります。今回は防湿庫についてご紹介したいと思います。




防湿庫って何

防湿庫とは小型の冷蔵庫のような感じで、カビ発生の原因である湿度を最適な状態(30%~50%程度)に保ち、またホコリなどの侵入を防いでカメラやレンズを守ります。

また鍵が付いているものも多く、小さいお子様から大切な機材を守ることもできますので、大切な機材を守る上では欲しいアイテムですね。

カメラを長年やっている人は皆知っている、持っている人も多いですし、かつてはプロやハイアマチュアの人が使う高価なものでした、しかし価格も手頃になってきており、「安心して保管できる」ということで、最近では初心者の方にも注目視されています。


写真は観音開きドアの160Lタイプ。その他用途に応じて様々な大きさのものが発売されています。



防湿庫と簡易ドライボックスの違い

カビやホコリを保護する容器として、簡易ボックスも発売されており、安価で手軽なことから初心者の方の大半はこのドライボックスを用意されていると思います。

ボックス本体は2000円~3000円程度で発売されており、乾燥剤を一緒に入れておくことで低湿状態を保ちます。

ただ、湿度のコントロールが難く(乾燥剤を入れすぎると超低湿になったり、逆に少なすぎると高湿のまま密閉される)、乾燥剤は使い捨てが多いので定期的に購入したり、こまめに湿度をチェックしたりと後々面倒を見なくてはいけません。

その反面防湿庫はわずかな電気代で湿度を一定にできる上、湿度の調整も一回やってしまえば同じ湿度を保ったままですので、メンテナンスやチェックの回数も減り、安心してカメラとレンズをしまっておけます。




カメラ専用に作られた防湿庫は使い勝手も良い

紹介しているのは防湿庫では老舗で東洋リビングの「オートクリーンドライ」シリーズですが、レンズを置く専用のウレタン台が装備されていたり、小物を入れる引き出しがついていたりしますので、レンズ以外のアクセサリーや小物、レンズフィルターなどもしまっておけます。






ドアも冷蔵庫と同じようにパッキンがついていますので、しっかり内部の空間は密閉されています。




湿度のコントロールは内部奥にあるダイヤルを回して調整します。「標準」に合わせておけばだいたい40%前後の湿度になります。常に除湿しっぱなしという常時ONの設定にもできます。

鍵をかけることもできるので、子供がいても安心です。

余談ですが、パスタやパン粉、湿気ると困る小型の食品も入れようと思えば入れられます。(本来の用途では食品向けではないので、自己責任になりますが・・・)




防湿庫の疑問

電気代は?
容量にもよりますが、安定した状態でのスペック上では1日1~2円程度の電気代になるということです。しかし、周りの湿度が高い、庫内の開閉回数が多い、機材の量が多いことによって電気代が増します。しかしエアコンや家庭用除湿機にように電気を使うものではありません。

運転音は?
ほぼ無音なので運転音を気にする必要はありません。

除湿ユニットのメンテナンスは?
とくにメンテナンスは不要です、万一故障しても修理に出すのは除湿ユニット(小型の弁当箱くらい)だけですので楽です。



用途に応じて様々大きさが発売されています。

ご紹介してきた防湿庫ですが、用途別に様々な大きさが発売されています。一番小型のタイプですと電子レンジをちょっと大きくしたくらいの大きさのものから、大きいタイプですと中型の冷蔵庫くらいのものまであります。

入れる機材の量、置く場所を考えて購入するといいでしょう。
ここでは大きさ別にご案内したいと思います。購入の目安にどうぞ。

アイポー ドライボックス 25L

実勢価格10,000円 
サイズW380mm×D260mm×H280m

コストパフォーマンスが抜群の初心者向けドライボックスです。小型の一眼レフ入門機をはじめ、ミラーレス一眼にも適しています。小さく場所も取らず、1万円前後で買えてしまうリーズナブルな価格も魅力です。簡易タイプからのステップアップに。

ハクバ E-ドライボックス 40L KED-40 L

実勢価格22,000円 
外形サイズW358×H400×D315

初めて買う防湿庫として人気の小型タイプ、ずっと簡易ドライボックスを使ってきたステップアップとしてもおすすめです。大きさも手頃で場所を選びません。一眼レフ本体とレンズ数本、アクセサリ等も収納できます。便利な鍵付きです。


東洋リビング オートクリーンドライ39L

実勢価格30,000円 
サイズW338×H458×D356mm

防湿庫の老舗東洋リビングの機材が少ない方向け用のお手軽39Lタイプ。
下段にはボディ2台、上段にはレンズ数本は入れられるため、後々レンズを増やしてもある程度は融通が利きます。

東洋リビング オートクリーンドライ77L

実勢価格36,000円 
サイズ419(W) x 399(L) x 606(H)mm

後々もう少しレンズやアクセサリを増やしたいという方向けの中型サイズの防湿庫、置き場所に余裕があるなら後々のことを考えてこれくらいのサイズを用意しておくのもいいかもしれません。小物類やアクセサリーなどもたっぷり収納できます。


大石電機 カメラ用防湿庫100L

実勢価格42,000円 
サイズ450(W) x 380(L) x 720(H)mm

カメラやレンズ類、アクセサリーまでたっぷり収納できる100Lの大型タイプの防湿庫。初心者から上級者まで幅広く使える代物です。安心の7年保証付き。




まだまだ大きいサイズも発売されていますが、初心者、中級者向けは100L前後くらいまでのものをおすすめします。





レンズのトラブルや悩みで最も多いのがカビの発生。レンズはガラスなのでカビが生えるなんて思わなかったと思う初心者の方も多いようです。
一眼レフカメラがより使い易く手軽にはなりましたが、やはり元は精密機械・・・ 中にはデリケートな部分もあり、それなりに大切に扱う必要があります。
デジタル一眼を店頭やカタログで見ていると、値段の差が大きいことに気づく方も多いと思います。安いものは数万円から、高いものだと数十万円するカメラまで多種多様です。