デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

クリエイティブオート(CA)モード

最終更新日:2019年5月2日

クリエイティブオートモード(CAモード)は、Canon系デジタル一眼レフカメラのエントリークラス及び中級機、ミラーレス一眼のEOS-Mシリーズに搭載されているモードです。
初心者の人にとってクリエイティブオートはステップアップのためのよい機能であり、全自動さながらの機能を持ちながら、雰囲気やボケ具合などを任意に変えることができます。ここではクリエイティブオートモードの特徴についてご案内したいと思います。

クリエイティブオートは、より痒いところに手が届く全自動モード

全自動モードはほとんどすべての設定をカメラが自動的にしてくれますが、言い換えれば誰が撮っても同じように写るため、自分なりのこだわった写真を撮影するのには向いていません。
ボケを活かしたり、雰囲気を変えるには絞りやシャッター速度はもちろん、ホワイトバランス、ピクチャースタイルなどのパラメーターを変える必要があり、応用撮影モードやマニュアル撮影モードなど、中・上級者向けのモードを選ぶ必要がありました。

しかしクリエイティブオートは簡単な操作でボケ方や色合い、雰囲気などを調整することができるため、直感的な操作で写真の雰囲気を変えることができるようになります。

クリエイティブオートでやれること

では、クリエイティブオートでどのような設定ができるのでしょうか。ここでは箇条書きにして行える設定についてご紹介いたします。

■背景のぼかし具合の調整
ポートレート(人物)など、主役となる被写体を目立たせるために、背景をきれいにぼかす撮影方法がデジタル一眼レフカメラでは可能になります。背景をボケやすくするのか、全体的にくっきりとした写真にするのかをステップ別に選択できるので、とても便利です。
レンズの種類や撮影距離などによっては、イメージしているよりもボケないこともあるので、そんなときは被写体に近づいて撮ってみるとよいでしょう。

■ドライブモードの設定
これは全自動モードでも変更することができる機能です。一枚単体での撮影や、シャッターボタンを押している間中連続撮影、セルフタイマーで時間差撮影を行うなどのモードを変更することができます。

■内臓ストロボの発光有無
内臓ストロボの発光有無の設定が行えます。常にストロボを使用する、明るさに応じて自動的に発光する、ストロボはどんな状況でも発光しない、の3つが選択可能。特に3つ目はフラッシュ禁止の場所などで役立ちます。

■雰囲気の変更
あらかじめプリセットされている雰囲気を変更することができます。この辺りはホワイトバランスやピクチャースタイル、露出補正などを行わないと初心者には難しい部分ですが、雰囲気の変更を行えばワンタッチで印象の違う写真が撮影できます。
プリセットの内容としては、彩度を上げて配色が鮮やかになり、風景に向いている「くっきり鮮やかに」、被写体の強調感を抑える「ふんわりやわらかく」、暖色系の色に調整する「暖かくやさしく」、コントラストと黒みを強調させる「しっとり深みのある」、寒色系で明るさを抑えた「ほの暗くしっとりと」、仕上がりの明るさを調整できる「明るく・暗く」、写真をモノクロにする「モノクロ」の9つです。それぞれの効果の強さも変えられますので、同じ構図で雰囲気を変えて撮ってみるとよいでしょう。

クリエイティブオートは、デジタル一眼レフカメラでできることを簡略した機能

全自動モードで撮影するのに慣れたら、クリエイティブオートで練習することが上達への近道と言えます。この機能は優秀で非常に便利であるため、クリエイティブオートで満足してしまう方も多いと思いますが、ここでの練習経験が後の応用撮影モードやマニュアル撮影へのステップアップとして役立ちます。

クリエイティブオートでできることは、応用撮影モードやマニュアル撮影、他のパラメーター設定をあらかじめプリセットしたものですので、慣れてきたらさらに自分の思い通りの明るさや色合いに仕上げることができるようになります。

このモードで自分なりのこだわり写真を撮り、デジタル一眼レフカメラでできることを堪能してみてください。

クリエイティブオートモード まとめ

・クリエイティブオートは全自動モードよりも設定できる項目が多い
・ボケ具合や写真の雰囲気、明るさを簡単に変更できる
・全自動モードでデジタル一眼レフカメラの扱いに慣れたステップアップとして有効
・雰囲気の変更は、自分のイメージしている写真を撮りやすくなる

クリエイティブオートモードは十分にカメラの知識がなくても、手軽にボケ具合や雰囲気を変えることができる便利なモードです。全自動モードで飽きてしまったら、クリエイティブオートモードで一眼レフでできることを実感してみてください。

筆者おすすめアイテム





↑ PAGE TOP