デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > 管理人のアイテムレビュー > キャノン高倍率ズームレンズEF-S18-200mm F3.5-5.6 IS

キャノン高倍率ズームレンズEF-S18-200mm F3.5-5.6 IS



今回ご紹介するのは、キャノン純正高倍率ズームレンズEF-S18-200mm F3.5-5.6 IS のご紹介です。広角から望遠まで11倍ズームをこれ1本でこなすことができる万能レンズです。





レンズ交換ができないシーンなどで活躍

高倍率ズームレンズは画質が悪いとアマチュアカメラマンの中では敬遠されがちですが、最近のレンズは性能も上がり、広角側でも望遠側でも自然で歪みの少なくなってきています。

このレンズも例外ではなく、広角側ではすっきりと撮影でき、望遠側ではキレイに背景がボケてくれます。マニアの中では評価が分かれるレンズでもありますが、私自身は画質や表現などに満足しています。

このレンズの最大の武器は、ダブルズームキットのレンズ2本分の焦点距離を1本でこなすことができる便利さにありますね。

200mmだと望遠側が少し物足りなくも感じますが、実際APS-Cサイズのカメラに装着すると300mm相当の望遠になるので、望遠側でも満足できますね。

歩きながらの撮影や、望遠と広角を素早く切り替えたいときなど、特に運動会やパレードの撮影には本領を発揮します。いちいちレンズを交換していてはせっかくのチャンスを逃すことになりますね。


キスデジX4に装着、ずっしりと重みがあり本体が小さく見えてしまいますね。その存在感は大きく、キットのレンズが子供のように見えます。


思ったよりも寄れる万能レンズ

このレンズですごいと思ったことは、予想以上に被写体に近寄れる・・・ということです。性能表記(スペック)では最短可能撮影距離は45センチとなっていますが、実際やってみると37センチくらいまで近寄れます。

レンズはかなり飛び出しているので、望遠側で撮影すると被写体からレンズ先端までの距離は最短で16~17センチ、さすがにこんなに寄ったらピント合わないだろうという場面でもしっかりピントが合ってくれます。

特に花の写真などは、望遠側で撮影するとマクロレンズ顔負けの拡大撮影もできてしまうため、私も非常に重宝しています。




レンズ内手振れ補正も頼もしい

レンズ内手振れ補正機能(IMAGE STABILIZER)を搭載しているため、
望遠側でもかなり手振れを抑制してくれます。もちろんスイッチひとつでON/OFFも可能です。

大口径レンズではあるものの明るさは広角側F3.5、望遠側F5.6と、明るいレンズではないため、手振れ補正機能は頼もしい存在です。



重量のネックを除けば便利なレンズ

高倍率ズームレンズの弱点は大口径とレンズの枚数が多くなるため、どうしても重くなってしまいます。このレンズも600グラム近いので、カメラとセットで約1キロにもなります。

慣れるまでは結構大変だと思いますが、それでもレンズを2本持ち歩いて交換するわずらわしさを考えれば、機動性もよく便利に使える1本だと思います。

私個人的には使用頻度は非常に多く、たいていのお出かけ時にはこれ1本でまかなっています。

価格は通販で6万円前後、家電量販店等では置いてない店がほとんどで、取り寄せると7~8万円くらいが相場です。

価格は少し高めですが、用途のバリエーションはかなり広がるかと思います。



このレンズで撮影した写真例を載せておきますので、ご参考に・・・

焦点距離200mm F5.6 1/500秒 ISO感度200


焦点距離120mm F5.6 1/100秒 ISO感度100


焦点距離175mm F5.6 1/160秒 ISO感度100


焦点距離200mm F5.6 1/1000秒 ISO感度100


焦点距離30mm F3.5 1/200秒 ISO感度100


焦点距離18mm F3.5 1/250秒 ISO感度200 



レンズの特性編。ズームレンズの利点、弱点などを勉強していきましょう。
ズームレンズの中でも1本で広角から望遠まで利便性の良さが人気の高倍率ズームレンズ、長所と短所を上手に生かして使いこなしてみましょう。1つはあると便利なレンズです。
一般的なレンズは絞りを開放で撮影するより、いくらか絞った方が画質が向上します。カメラに詳しい方なら知っている方がほとんどですが、意外と知らない人も多いようです。

スポンサーリンク