デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > デジイチ関連購入ガイド > ニコンD3200おすすめセット

ニコン D3200おすすめセット



老舗ニコンの初心者向けデジイチD3200をご紹介



ニコンのエントリー向けの最新機種D3200、ニコンをお考えの初心者モデルとして人気が高い機種です。

ここでは簡単に特長と前モデルであるD3100から進化したポイントについて簡単にご紹介します。

D3100との比較
イメージセンサーが新しくなり2400万画素でこのクラスではトップレベルの解像度が得られる。(前モデルは1420万画素)
常用ISO感度が3200から6400へアップ。
連写性能が秒速3から4コマへアップ。
液晶モニターの解像度が大幅に上がり、精細でとても見やすくなった。前モデルは23万ドットに対し新型は92万ドット。
HD動画撮影性能(フレーム数)がアップ

ライバルであるEOSキスデジX5よりも基本性能では上回っていますし、ネックだった連写性能や液晶画面の粗さもここにきて改善されました。

上位機種であるD5100と比べても、液晶画面が自由に動かせるバリアングル液晶画面のあるなし程度が違うだけで、基本性能はほぼ同等です。

発売当初は価格が高かったD3200ですが、D3300の発売により価格はかなりお手頃になりました。







まずは一番重要な本体とレンズを

それでは、ニコンD3200をベースとした初心者向けのおすすめセットをご紹介していきましょう。

まずカメラ本体ですが、カメラ単体(ボディ)とレンズは別々に購入する方法と、本体とレンズがセットになった「キット」と呼ばれる2種類に分かれます。

カメラの知識が豊富にある方や、レンズだけを単品で揃えたりする方、前のモデルを買い換えるため本体だけを購入する方もいらっしゃいますが、初めてに方はレンズとセットの方がお値打ちになるので、初心者の方は「キット」を購入されるのが一般的です。


D3200レンズキット
AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR

初心者モデルとしては最もポピュラーなレンズキットで、本体と18~55mmの常用ズームレンズがセットになったおすすめキットです。

普段の撮影からスナップ写真、旅行など幅広く使えるレンズで、まずは基本といえるでしょう。

迷っている方は、是非こちらのキットをお選びください。



D3200ダブルズームキット
AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR
AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G IF ED


上記のKITレンズに、望遠用のズームレンズをさらに追加した2つのレンズをセットにしたKITです。

遠くの景色やよりボケを生かした写真を撮影するのに必要な望遠レンズ、このセットがあれば、一通りの撮影領域をカバーできます。

かなりお値打ちなので、「後で買うかも?」と思っている方はこの際セットで購入しておきましょう。



D3200 常用ズームレンズセット
D3200ボディ+AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR


本体とレンズを別々で購入する管理人おすすめのセットです。

18-105mm VRレンズはレンズ1本で広角から中望遠までをきっちりカバーできる単品高画質レンズで、これ1本あればほぼ通常使う撮影はばっちりです。

レンズ自体の性能が良く、値段は少々お高め、また高倍率ズームレンズは少し重くなりますが、レンズ交換の手間を考えると、旅行やお出かけには是非欲しい1本です。

人とはちょっと違うレンズをお考えの方は、こちらを選んでみてはどうでしょう。


D3200 高倍率ズームレンズセット
D3200ボディ+AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VRⅡ


本体とレンズを別々で購入する管理人おすすめのセットです。

ダブルズームキットのレンズ2本分の焦点距離を1本でこなすことができる万能高倍率ズームレンズです。

レンズ交換のわずらわしさを解消できる上、1本で広角から望遠までこなすことができ、フットワークを生かした撮影ができます。機材を少なくしたい旅行やお出かけには非常にありがたいレンズのセットです。


D3200 お手軽高倍率ズームレンズセット
D3200ボディ+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II LD ASPHERICAL [IF] MACRO


本体とレンズを別々で購入する管理人おすすめのセットです。

レンズメーカーのタムロンから発売されている入門向けの高倍率ズームレンズをチョイス。

※必ずニコンマウントを選んでください。






レンズプロテクターは最初に必ず用意しよう

レンズプロテクターはレンズを保護したりするカバーで、レンズの先端に取り付けます。初心者の方はほとんどの方がつけていませんので、フィルターだけは必ず装着しておきましょう。

レンズフィルターの解説はこちらから。

いろんなタイプがありますが、通常の保護フィルターで十分です。おすすめはケンコーから発売されているPRO1Dシリーズです。
   
使うレンズの種類によってフィルター径が違いますので注意が必要です。

※D3200のレンズキット、ダブルズームキット用のレンズには52mm、18-105mmレンズのフィルターは67mm、18-200mmレンズには72mmフィルターを用意しましょう。タムロンは62mmです。
   



メモリーカードも一緒に準備しよう

メモリーカードは本体に付属していませんし、カメラ本体に内蔵メモリもありません。せっかくカメラを買っても、メモリーカードがないと1枚も撮影できないので、カメラと一緒にメモリーカードも買っておきましょう。

X7iはSDカードを使用しますが、おすすめのSDカードはトランセンドから発売されているSDHCカードで、価格と信頼性で人気のあるカードです。よくセールで売っている安物はスピードクラスが遅いものがありますので、一眼レフカメラ用のSDカードはスピードクラス10のものを選んでください。


  



液晶保護フィルムは是非貼っておきましょう

ケータイやスマホの画面と同じく、デジタル一眼レフカメラでも液晶画面は非常にデリケートなものです。液晶保護フィルムは画面の傷や汚れを保護してくれますので、カメラを買ったときに一緒に貼っておくのをおすすめします。

100円ショップなどにも売ってますが、粗悪なものは反射が酷くて見づらかったり、剥がすとき大変ということもよく聞きますので、カメラアクセサリーメーカーのものを推奨します。







お手入れグッズ、保管ケースの準備

カメラのクリーニンググッズや、カメラとレンズを保管するケースも是非一緒に買っておいてほしいアイテムです。

カメラアクセサリーの老舗ハクバより発売されているメンテナンス用品セットがおすすめです。ブロアーやレンズクリーナー、カメラ保管箱などがセットになっているので、最初に用意したいグッズがセットになっています。






カメラはカビとホコリが大敵なので、乾燥剤を入れたケースに普段は入れておくとよいでしょう。



カメラと一緒に是非買っておいてほしいおすすめセットのご紹介でした。




コンパクトデジカメや携帯のカメラではなかなか表現できない背景をぼかす写真は、一眼レフカメラの得意分野です。
F値とは、絞りの開き具合(光の取り込む穴の大きさ)を数値化したものです。絞り値ともいいます。絞りはレンズによってその開き具合を調整することができますが、どれくらい絞っているのかをわかり易く把握するためにF値が使われます
一般的なレンズは絞りを開放で撮影するより、いくらか絞った方が画質が向上します。カメラに詳しい方なら知っている方がほとんどですが、意外と知らない人も多いようです。
レンズを紹介しているサイトや、レンズをレビューしているコーナーなどで、よく「明るいレンズ」、「暗いレンズ」というのを目にしたことはないでしょうか。