デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > ためになる応用知識 > ファインダーの基礎知識

ファインダーの基礎知識



カメラのファインダーとは、目でのぞいて構図を決めたりピントを合わせたりする窓のことをいいますが、大きく2種類に分かれます。また、視野率や倍率についても覚えておきましょう。




レンズに写った画像をそのまま見ることができる光学ファインダーというものと、のぞき窓に液晶画面を搭載した液晶ファインダーというタイプがあります。




光学ファインダーは一眼レフカメラに採用

デジタル一眼レフカメラに搭載されている光学ファインダーは、レンズから通った画像をレフ板(反射鏡)を用いて直接のぞき窓(スクリーン)へ写すことができるファインダーです。


キャノンやニコンのデジタル一眼レフカメラにはレフ板を使用しているため、光学ファインダーが採用されています。

光学ファインダーの長所
見たままの画像が映るため、自然な画像を確認できる。
物理的に画像を写しているので消費電力が少ない。
目が疲れにくい。

光学ファインダーの短所
エントリーモデルほど視野率・撮影倍率が小さくなりがち
構造が複雑なためファインダー内やスクリーン内にゴミやホコリが入りやすい。
液晶ファインダーに比べると多彩な情報表示が少ない。




液晶ファインダーは高級ミラーレス一眼カメラに採用

レフ板(反射鏡)を使わないミラーレス一眼には構造上ファインダーのスクリーン上に液晶画面を使い、機械的に映像を映し出すシステムを採用しています。


ソニー、パナソニック、オリンパスはミラーがないミラーレス一眼カメラのため、液晶ビューファインダーを搭載しています。

一般的なコンパクトデジカメの背面には液晶画面があり、それを見ながら撮影するのが基本ですが、それを小さくして覗けるようにしたのが液晶ファインダーです。

液晶ビューファインダーの長所
通常の液晶画面と違い、覗いて撮影するため明るい屋外でもよく見える。
液晶画面を用いているため、多彩なディスプレイ表示が可能。
視野率が高く、画面を見ながらの拡大や縮小も可能。

液晶ビューファインダーの短所
画像を電気信号に変えて写しているため、わずかにタイムラグが生じる。
光学ファインダーと比べて消費電力が大きい。
目が疲れやすい。


エントリータイプのミラーレス一眼カメラには背面の液晶画面だけでファインダーを搭載していないモデルもありますが、オプションの液晶ファインダーを取り付けられるモデルもあります。

また、有機エレクトロルミネッセンス(有機EL)と呼ばれるディスプレイ装置をファインダーに採用しているカメラもあります。




視野率は写真に写る範囲の大きさ

光学ファインダーでは、レンズから通った画像をそのままファインダーに写すため、多くの鏡やプリズムを使用します。写真に写る範囲全てをファインダーに写すことができるのが理想ですが、それにはとてもコストがかかります。

エントリーモデルの一眼レフカメラでは、写真に写る範囲に比べ、ファインダーから見える範囲が小さいものがあります。

実際に写る範囲とファインダーから見える範囲を比率化したものがファインダー視野率といいます。



ファインダー視野率が100%のカメラはファインダーで見たままの画像が写真として写ります。しかしファインダー視野率が100%以下のカメラは実際に写真に写る範囲よりファインダーで見える範囲が狭くなります。
ですので、撮影したときはファインダーに邪魔なものがなかったのに、実際に写真で見てみると、端のほうに意図しないものが写りこんでいる・・・ということもあります。

ここ数年の技術の進歩によりかなり視野率は改善されましたが、エントリーモデルで95%程度、中級機で96~97%、高級機になると100%になるモデルが一般的です。

液晶ビューファインダーはイメージセンサーに写った信号を液晶画面に映しているため、視野率はほぼ100%です。



撮影倍率はファインダーの大きさの目安

次に撮影倍率ですが、これはファインダー内の画像が、実際の目で見える大きさに比べてどれくらいの割合かを示したものです。もちろん望遠レンズをつければ実際の目で見るよりも大きく見えるのは当たり前なので、ここでは標準的なレンズ(50mmレンズをつけた時の値)を基準に表記されます。

撮影倍率が大きいほど大きくて見やすい高性能なファインダーと言えます。またイメージセンサーがフルサイズかAPS-Cサイズかによっても変わってくるので、一概に比較はできませんが、フルサイズのカメラだと0.7倍に近いほど優秀なファインダー、APS-Cサイズのカメラだと1.0倍に近いほど優秀なファインダーといえます。

初心者向けのAPS-Cサイズのエントリーモデルですと、撮影倍率は0.75~0.8倍程度、中級機では0.9~0.95倍、高級モデルになると1.0倍のファインダーを採用しているのが一般的です。



見える範囲の指標のことを視野率というのに対して、撮影倍率は見える大きさの指標で、撮影倍率が大きいほど大きくて見やすいファインダーになる。

カメラのカタログにも「仕様」という部分で必ず記載されている部分ですので、一度確認してみましょう。

ちなみに液晶画面や有機ELを使うファインダーでは機械的に自在に倍率を変えることができるため、上記の仕様は光学ファインダーのみになります。



ここでは一般的なコンパクトデジカメと比較して、デジタル一眼レフカメラの魅力についてご紹介していきましょう。
一般的にデジタルカメラ(通称デジカメ)と呼ばれるものは、大きく4種類に分かれます。
デジタル一眼を店頭やカタログで見ていると、値段の差が大きいことに気づく方も多いと思います。安いものは数万円から、高いものだと数十万円するカメラまで多種多様です。

スポンサーリンク