デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール
  

ホーム > ためになる応用知識 > フルサイズとAPS-Cサイズ

フルサイズとAPS-Cサイズ



そういえばレンズやカメラを選ぶとき、よく出てくる言葉が「35mmフルサイズ」と「APS-Cサイズ」・・・これっていったいどういう意味?

ここではこれらの違いについてご紹介していきましょう。


フルサイズはAPS-Cサイズとは撮像素子の大きさのこと

デジタルカメラが開発される前はもちろん写真撮影にはフィルムを使っていました。最も普及していたものは35mmフィルムというもので、フィルムカメラを扱っていた人なら誰もが見たことのあるフィルムかと思います。


フィルムを使ったカメラの場合、このフィルムの一枠に光を当てて感光させ、それを現像することによって写真に仕上げていましたね。この写真枠のサイズのことをフルサイズ、又は35mmサイズといいます。




上の図のようにフィルムの幅が35mmなので、一般的には35mmフィルムと呼ばれます。1つの写真に使う枠は縦が26mm、横が36mmです。
フィルムを使用する一眼レフカメラもこの規格が使われていました。

時代は変わり2000年代、カメラがフィルムからデジタルへ変わってきました。一眼レフカメラもフィルムからデジタルへと移行してきましたね。

フィルムを使わないデジタルカメラは、レンズを通って写った画像を電気信号に変えるため、「撮像素子」と呼ばれるいわばフィルムの役割をする部分があります。

デジタルに移行する際も撮像素子の大きさをフィルムと同じ大きさにできればよかったのですが、撮像素子をこの大きさにするにはとてもコストと技術が必要でした。

そこで、低コストな小さいサイズの撮像素子が登場してきたわけです。

APS(アドバンストフォトシステム)という規格のフィルムもあったため、幅が22~23mm、高さが15mm程度の撮像素子の大きさをAPS-Cサイズと呼びます。APSには当初HサイズやCサイズ、Pサイズというものがあったのですが、35mmサイズと同縦横比のCサイズをとって、APS-Cと呼ばれるようになりました。




撮像素子の大きさはカメラによって違う

撮像素子の大きさは、カメラによって様々です。



上の表を見るとわかるように、いろんな大きさがありますよね。
一眼レフやミラーレス一眼カメラに採用されている大きさは主に4種類です。

よく言われるフルサイズという大きさが、35mm判と呼ばれる大きさです。APS-Cは初心者向けのエントリー機や中級機で採用している大きさで、現在最も普及している大きさです。

一部ミラーレス一眼カメラで、APS-Cをひとまわり小さくした「フォーサーズ」と呼ばれる大きさや、ニコンのミラーレスモデルに採用されている「1型(ニコンCXフォーマット)」と呼ばれる大きさのものもあります。

ニコンやキヤノンの一眼レフカメラであれば、上位モデルがフルサイズで、下位モデルがAPS-Cサイズですね。




同じレンズを使っても、撮影できる範囲が変わる

重要なのはここからです。
多くのデジタル一眼レフカメラに採用されている撮像素子の大きさは「フルサイズ」と「APS-Cサイズ」の2種類です。初心者向け一眼レフカメラの大半は「APS-Cサイズ」です。

撮像素子の大きさが変わるので、同じレンズを使用した場合、写る範囲が変わってきます。

例えば焦点距離28mmのレンズを使って撮影したとします。

フルサイズの一眼レフで撮影するとこうなります。


続いて、同じレンズを使って「APS-Cサイズ」のカメラで撮影すると・・・

このように1.5倍程度に拡大されて撮影されます。
ファインダーに写るのも同じように見えるので、撮影した画像に違和感はありませんが、APS-Cサイズの一眼レフは、広角撮影は少し苦手です。

逆に望遠撮影ではフルサイズに比べてさらに望遠で撮影することもできます。



APS-C専用のレンズは、フルサイズ機には使えない?

デジタル一眼レフカメラに使用する交換レンズも、小さい撮像素子に対応したややコンパクトなAPS-C専用のレンズが発売されています。

canonではEF-Sから始まる品番、ニコンではDXフォーマットというレンズがAPS-C専用レンズです。これらのレンズはイメージサークルが小さいので、フルサイズ機で使用することができません。

厳密にいうと使えないことはないのですが、フルサイズ機にAPS-C用のレンズを装着して無理やり撮影すると、下の写真のようになってしまいます。


写真の隅が丸く影になっていますね。APS-C用レンズは写せる範囲が小さいのでフルサイズ機で撮影すると四隅が影になります。



つまりAPS-Cの撮像素子は小さいので赤枠の部分に写ります。ですのでフルサイズに比べると1.5倍程度拡大されて写るわけです。

ですので、APS-C用のレンズはフルサイズカメラには使うことができません。

逆はもちろんOKですので、フルサイズ用のレンズ(canonではEFから始まる品番、ニコンではFXフォーマットと呼ばれる規格)はAPS-C用のカメラで使用することができます。

特に望遠レンズを使う場合に、APS-Cサイズのカメラを使うとより望遠撮影が可能になります。200mmのレンズで300mm相当、300mmのレンズを使えば450mm相当の望遠撮影が可能です。



レンズの表記の見方

レンズは35mm判を使用した時の画角と焦点距離を表記してありますが、必ずカタログなどには「APS-Cサイズについは35mm換算で・・・・・」という表記がされています。

例えば同じ50mmのレンズでもフルサイズ機では50mmとして写りますが、APS-C機では75mmくらいの焦点距離になり、ちょっと望遠になります。

エントリークラスのデジタル一眼レフカメラはほとんどがAPS-Cサイズを採用しているので、基礎知識として頭の中に入れておきましょう。





一般的にデジタルカメラ(通称デジカメ)と呼ばれるものは、大きく4種類に分かれます。
ここでは一般的なコンパクトデジカメと比較して、デジタル一眼レフカメラの魅力についてご紹介していきましょう。
レンズの種類や意味を知る上で最も大切な画角と焦点距離、ここでは画角と焦点距離の関係について勉強していきましょう。新しいレンズを買う時の目安としても役立ちます。

スポンサーリンク