デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

画角と焦点距離

最終更新日:2019年5月2日

「今何mmで撮ってる?」「焦点距離は?」「何mmのレンズ使ってる?」などと聞かれた際、とっさに答えられますか?
画角と焦点距離は、レンズを選ぶ際にも重要な要素ですが、今どれくらいの焦点距離で撮影しているかなど、構図を選ぶうえでも大切です。ここでは、画角と焦点距離の関係についてご紹介したいと思います。

画角と焦点距離の関係

画角と焦点距離の関係は、さまざまなサイトでも詳しく説明されていますが、ここは初心者向けのサイトですので、詳しいことは書きません。計算式やなぜそうなる…?を調べたい方は他を当たりましょう(笑)


上の図を見てもらうとわかると思いますが、像というのはレンズを通ってCCD(イメージセンサー)に記録されます。画角はファインダー(液晶画面)に映る範囲(角度)のことで、焦点距離はCCDから像を結ぶレンズの部分までの距離のことを言います。

この焦点距離が長いほど画角が狭くなるため、より遠くのものが撮影できるようになります。


左は焦点距離が短い広角レンズ、右は焦点距離が長い望遠レンズです。レンズからイメージセンサーへの距離が遠いほど、モノを映す範囲も狭くなります。

このように画角が広いほど焦点距離は短くなり、画角が狭いほど焦点距離は長くなります。焦点距離の短いレンズは広角レンズと呼ばれており、焦点距離の長いレンズは望遠レンズと呼ばれています。

焦点距離による写り方の違い


18mm


24mm


50mm


100mm


135mm


200mm

焦点距離はmm(ミリメートル)という範囲で表され、どれくらいの範囲が写せるのかという指標になります。上の写真のように、18mmや24mmでは広範囲を写すことができ、100mm以上になると奥の水門を捉えることができるようになります。

焦点距離はレンズ選びの基本

焦点距離はレンズ選びの基本でもあり、どれくらいの範囲を写したいかによって適正な焦点距離のレンズを選ぶことが大切です。

■超広角撮影
焦点距離がおおむね18mm以下(APS-Cサイズなら10mm)前後のレンズは超広角レンズと呼ばれ、非常に広い範囲を写すことができます。室内の撮影や、非常に大きな被写体でもファインダーの中に収めることができます。

■広角撮影
焦点距離が24mm前後(APS-Cサイズなら18mm前後)のレンズは広角レンズと呼ばれ、広い範囲を写すことができるレンズです。風景や大きい被写体を撮影するのに向いています。

焦点距離はレンズ選びの基本でもあり、どれくらいの範囲を写したいかによって適正な焦点距離のレンズを選ぶことが大切です。

■標準撮影
焦点距離が50mm前後(APS-Cサイズなら30mm前後)のレンズは標準レンズと呼ばれ、ちょうど人間の視野と同じくらいの画角があります。スナップから日常写真など、使い勝手の良いの高い画角と言えます。

■中望遠撮影
焦点距離が100mm前後(APS-Cサイズなら85mm前後)のレンズは中望遠レンズと呼ばれ、風景撮影からポートレート撮影などに適しています。

■望遠撮影
焦点距離がおおむね200mm以上(APS-Cサイズなら150mm以上)のレンズは望遠レンズと呼ばれ、400mm、600mm…と呼ばれる超望遠と呼ばれるレンズもあります。遠くの被写体を撮影するのに向いており、野鳥やレース撮りなどに使われます。

このほかに、24mm~105mmなど、焦点距離を可変できるレンズもあります。これらはズームレンズと呼ばれ、1本でさまざまな焦点距離をカバーできるためとても便利なレンズです。デジタル一眼レフカメラを使っている方でも、大半の方はズームレンズからスタートされているのではないでしょうか。

イメージセンサーの大きさによって画角が変わる?

フィルムを使っていた時代は、フィルムのサイズは36mm×24mmの35mm判(フルサイズ)という規格で統一されていたため、焦点距離が決まれば画角も計算ですぐ出すことができました。

しかし、デジタルカメラが普及してしまった今、フィルムの代わりにイメージセンサー(撮像素子)が使われていますが、このイメージセンサーの大きさは1種類ではありません。
実際にフルサイズと呼ばれる35mm判というサイズもありますし、小指の爪くらいしかない大きさのものもあります。

デジタル一眼レフカメラのイメージセンサーのサイズも複数にわかれており、プロフェッショナルモデルやハイアマチュアモデル(上級機)に採用されている35mm判(フルサイズ)と、エントリーモデル(初級モデル・中級モデル)に採用されているAPS-Cサイズがあります。このほかにもパナソニックやオリンパス系のデジタル一眼カメラに採用させているフォーサーズサイズなどもあります。

初心者の方が扱う一眼レフカメラの撮像素子は、APS-Cサイズが一般的です。ここでややこしくなってくるのが、レンズに表記されている焦点距離は、35mm判の撮像素子に映る焦点距離が示されています。

APS-Cサイズの撮像素子は35mm版の撮像素子に対して小さいので、実際には3分の2程度しか写りません。


つまりフルサイズ用の焦点距離が50mmのレンズを買っても、APS-Cサイズのカメラで写すと75mmくらいの焦点距離になってしまうということです。ちょっと望遠気味になってしまうということですね。

APS-Cサイズのカメラを使うときは、通常表記されている焦点距離からおよそ1.5倍した焦点距離に計算しなおす必要があります。そうしないと同じ画角が得られません。

ですので、例えば50mm程度の画角の標準レンズが欲しいときは、焦点距離が30mm程度の画角のレンズを選ぶようにしなければいけません。

最近ではレンズのカタログなどにも、「35mm換算で105mm」などと表記されている場合があります。

画角と焦点距離 まとめ

・画角はファインダーや液晶画面に写る範囲のこと
・画角が広くなるほど、焦点距離は短くなる
・画角が広いレンズは広角レンズ・画角が狭いレンズは望遠レンズとなる
・レンズ選びの基本は焦点距離を基本に考える
・フルサイズ用のレンズをAPS-C機に装着すると、3分の2くらいの範囲しか写らない

画角の計算は難しいので、一般的には焦点距離での話になると思います。「何mmで撮ってる?」と聞かれたら、「ここなら50mmくらいかな」と言えるようになれば一人前です。焦点距離はレンズ選びでも重要になるので、どの焦点距離がどれくらいの範囲を写すことができるのかを頭の中に入れておきましょう。

筆者おすすめアイテム





↑ PAGE TOP