デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > 撮影テクニックあれこれ > 花火を撮影してみよう

花火撮影講座 花火を上手に撮影しよう




夏の夜空を彩る花火、一瞬で終わってしまうその美しい花を写真におさめたい人もたくさんいるかと思います。

花火の撮影には三脚とレリーズがあればOKです。流れる花火を上手に撮影するには少しコツが必要ですので、初心者でも上手に撮影する方法をご案内します。




撮影に必要なもの

撮影にはカメラと三脚、レリーズの3つがあれば大丈夫です。

「レリーズ」とは有線のシャッターで、カメラにつけるとカメラに触れることなくシャッターを切ることができます。自分の持った機種に合ったものを用意します。

特に花火の撮影には数秒から長い場合では数十秒もシャッターを開けっ放しにするため、レリーズはなくてはならない必須アイテムです。

花火の撮影ではブレると写真が台無しになるので、しっかりと安定した場所に三脚を置いて、カメラがぶれないようにすることが大切です。

さらに暗い場所を照らせる懐中電灯、虫除けのスプレーや蚊取りグッズなども忘れないようにしましょう。



撮影適した場所選び

機材の準備ができたら、撮影する場所も注意しなければいけません。単に花火だけを楽しむのであれば、打ち上げ会場に近ければ近いほどいいですが、カメラで撮影する場合は近ければいいというワケでもありません。

真っ暗な夜空に花火だけを写すと単調な写真に仕上がり気味になるので、夜景などの背景を一緒に写すとそれなりに味のある写真になります。また大きい花火などでは近すぎるとファインダーに入りきらないこともあるので、個人的にはあまり会場から近すぎる場所はおすすめできません。

また近い場所はそれなり人も多く、じっくり三脚を広げて撮影するのも難しいですね、できるだけ人ごみを避けてゆっくり撮影したいものです。

花火会場など全体が見渡せる少し高台などは撮影には絶好のポイントです。明るいうちに絶好のポイントがないかチェックしておくのもいいですね。


場所によっては水面なども入れてみると映りこんでキレイですね。




カメラの設定

さて、いよいよカメラの設定に入りましょう。

通常、カメラのピント合わせはシャッターを半押しにするとカメラが自動で行ってくれます。これを「AF」オートフォーカスといいます。

しかし、真っ暗闇の空ではカメラがピントを合わせることができません。
初心者の人がうまく花火を撮影できないポイントはここにあり、ほとんどの場合ピントが合わずにピンボケした写真になってしまいがちです。

ですのであらかじめ花火にピントが合うように合わせておく必要があります。これを置きピンといいます。


切り替えスイッチを「MF」に合わせます。手ぶれ補正機能もONになっていますので、こちらもOFFにしておきましょう。


ISO感度は100に設定します。大きくすると感光しすぎてまぶしくなってしまうのでここではとりあえずISO100に設定しましょう。

撮影モードは「B」バルブ撮影モードを選びます。バルブモードがないカメラでは「M」マニュアル撮影モードを選んでください。バルブ撮影とはシャッターボタンを押している間だけシャッターが開く撮影のことをいいます。

F値はレンズや花火への距離でも違いますがF8~F11程度に、スターマインやナイアガラなどのとても明るくなる花火の場合はF13~F22程度にします。


set1.jpg(49128 byte)

バルブモードのないカメラでは、撮影モードを「M」モードにしておき、ダイヤルを矢印の方向へどんどんまわしていくと「BULB」モードになります。※EOSKISSの場合
「BULB」モードとは、シャッターボタンを押している間だけシャッターが開くモードです。これにより打ちあがる瞬間にシャッターを押したままにし、花が開いて消えた時にシャッターを離します。
set2.jpg(27363 byte)




撮影場に着いたら

撮影場に着いたら明るいうちに場所の確保、三脚のセットなどをしておきましょう。

撮影に適したレンズは?
花火は玉の大きさや打ち上げ場所によってかなり大きさや場所が変わります。できれば画質の良い単焦点レンズが良いのですが、個人的には焦点距離が可変できるズームレンズが妥当な選択かと思います。

あとはどれくらい打ち上げ場所から離れているからによって焦点距離を調整しましょう。



ピントを合わせる

便利なライブビュー機能を使いましょう。まずカメラを花火の上がる方向へ向け、ライブビューモードにします。ライブビューとは液晶画面で写りを確認できるモードです。数年前の一眼レフからは標準搭載している機種が多く、暗い場所でのピント合わせには威力を発揮します。



ライブビューモードにして、十字ボタン等で街灯などピントが確認できる部分に枠を移動します。倍率を調整できるので最大まで倍率を上げます。街灯や景色のピントが合うようにフォーカスリングを回して調整します。

ピントがピッタリと合えば準備完了です。そのままフォーカスリングは触らずに花火が上がるのを待ちましょう。

※ここでのピント合わせはとても大事で、これがしっかりできていないとせっかく撮影した作品がピンボケで全滅ってこともありえますので、ピント合わせはしっかり行いましょう。



撮影してみましょう

準備ができたらカメラを空へ向け、花火が揚がるのを待ちます。花火が打ちあがる瞬間にシャッターを押し、押しっぱなしにしたまま花火が開くのを待って、散ったあとシャッターボタンを離します。 うまく撮影できると、下の写真のように流れる花火が撮影できます。



花火が小さすぎたり、途中で切れてしまうなどで、ズームリングを回して焦点距離を調整する場合、ピントが合っているか必ず確認する必要があります。夜景の明かりなどを頼りにピントを合わせ直します。ライブビュー機能で液晶画面に映し出しながら拡大させるとピントを合わせるのが楽です。




スターマインは我慢と運

上記の方法は1発物の花火を撮影する方法でしたが、スターマインの撮影は少し異なります。スターマインは花火が明るくなるので、打ち上げ開始から終わりまでシャッターを開けっ放しにすると真っ白になってしまいます。


スターマインの失敗例 露出時間が長すぎたため、花火が重なっている部分が明るくなりすぎて真っ白になってしまった。



スターマインを撮影する場合は、F値を絞って(F13~F22程度)露出時間を短めにしてテンポ良くシャッターを押していきます。露出時間は1~5秒程度を目安にして、ここから盛り上がるかも?と思う直前でシャッターを押し、ババババ~ンと盛り上がってきた所でシャッターを閉じる・・・

かなり難しいですが、スターマインをキレイに写すコツは運にも左右されます。私も数百枚撮影して「あっ、いい感じ」と思うものは数枚しかありません。ある程度慣れも必要ですが、スターマインの露出時間はすこし短めにするのがコツです。



微調整を忘れずに

写真に写す明るさは、シャッターの開いている時間、F値、ISO感度により変わってきます。撮影した写真が明るすぎるようならF値をもう少し絞る(数値を大きく)などしたりします。

シャッター時間も左右されますので、暗い写真になってしまう場合は、ISO感度を200程度まであげてみましょう。



レリーズはカメラに触れずにシャッターを切るものです。用途や使い勝手で様々な種類があるので勉強しておきましょう。
三脚は用途に応じて様々なタイプがありますので、1つあったらOKというわけでもなく、自分は何の目的で三脚が必要なのかというのも重要になってきます。
写真撮影にとって構図はとても大切なものです。今まで何気なくファインダーをのぞいて撮影していた平凡な写真でも、構図を頭に入れながら撮影するだけで、まったく違う作品に仕上がったりもします。

スポンサーリンク