デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > 構図や表現知識を学ぶ > ヒストグラムを理解しよう

ヒストグラムを理解しよう



カメラの液晶画面や、画像加工ソフトなどで、写真とともに現れるグラフのようなものを見たことはありますか?
難しくわけのわからないグラフだと思っている方が大半かと思いますが、これはヒストグラムといって、カメラ撮影の上でとても重要なナビゲーションの役目があります。

ここでは、ヒストグラムの見方と撮影のコツについてご案内いたします。




ヒストグラムの見方

ヒストグラムって、なんだか難しそうに見えますね。たぶん何もわからない人が見れば複雑なグラフにしか見えませんが、見方を覚えてしまえば結構簡単に理解できてしまいます。




上の図はある写真のヒストグラムです。デジタルカメラの写真データは、一つ一つの点(ピクセル)の集まりで構成されています。当然写真の中には暗い部分や明るい部分がありますね。ヒストグラムとは、どれくらいの明るさの点がどれくらいあるかをわかり易く示した表です。

一番左は真っ黒(照度0)で右へ行くほど明るくなり、一番右は真っ白(照度255)となります。縦の軸はその明るさの点がどれくらいあるかを示したものです。もちろん棒が高いほどその割合は多くなりますね。

簡単に言えば人口分布図みたいなものですかね~。
ですのでヒストグラムを見ると、その写真の中にどれくらいの明るさの点がどれくらいあるかを表したものということになります。

さて、じゃあここから何が分かるか・・・というと、極端に明るくなったり暗くなったり、露出に失敗したり、不自然なコントラストになっている写真をある程度ヒストグラムを見ることで判別できてしまう。ということです。

口で説明してもちょっと難しいので、実際の写真と一緒にヒストグラムの傾向を見ていきましょう。




白飛び写真のヒストグラム

よくある白飛び写真のヒストグラムを見てみましょう。


上の写真は、空や道路の一部が真っ白になってしまっていますね。いわゆる露出オーバーにより、白飛びが発生している写真です。


こちらがこの写真のヒストグラムです。
一番右端に注目してみましょう。右端の棒が突出しているのがよく分かりますね。これは照度255(真っ白)の部分がたくさんあるという意味です。写真も空などは白一色なのが分かりますね。




黒つぶれ写真のヒストグラム


こちらの写真は屋根の下が真っ黒ですね。


ヒストグラムの左側の棒が飛び出ているのがよく分かりますね。これは照度0(真っ黒)や真っ黒に近いものがたくさんあるという意味です。



ヒストグラムから分かる写真特性

理想的なヒストグラム
写真にはいろんな表現や構図、色彩などがあるため、理想的なヒストグラムというのは一概には言えませんが、一般的にこのようなグラフになるのが好ましいと言われています。


露出が適正と思われる風景写真では


このヒストグラムを見てもらえば分かりますが、左端と右端(真っ黒と真っ白)の部分がほとんどないですね。つまり、黒つぶれも白飛びもしていない写真になっています。
次に、グラフがきれいな山型になっていますね。(一部ギザギザしていますが)全体的に滑らかな山になっていて、山の頂点が片寄ってないのもよく分かります。山の頂点は暗いほうに1つ、明るい方にも1つありますね。


全体的に明るくなっている写真

つぎにこちらの写真をみてみましょう。ちょっと明るいですね。


ヒストグラムをみてもらっても分かりますが、山が全体的に右寄りになっていますし、暗い部分に隙間が多くありますね。このように右に片寄っているグラフは露出時間が長すぎて明るくなりすぎてしまっている写真に多く見られます。
もう少し絞りを絞ったり、シャッター速度を早くするなどして、暗くすると上手に仕上がります。


全体的に暗くなっている写真

こちらはちょっと暗めの写真ですね。

今度は逆に山が左に片寄っています。また、左側の山が途中で途切れてしまっていますね。このような傾向のグラフは露出時間が短すぎるため、暗い写真になっている可能性が高いです。



コントラストが強すぎる写真

こちらの写真はちょっと色目がきつい写真に仕上がっていますね。明るい部分はとことん明るく、暗い部分は真っ黒です。

ヒストグラムを見てみると、右端の明るい部分も左端の暗い部分もたくさんありますね。このような写真はコントラストが強すぎたり、あるいは明るい部分と暗い部分の差がありすぎる時に発生します。
ピクチャースタイルなどの設定を低コントラストにすると効果的です。



コントラストが低すぎる写真

普通に写真を撮影していて低コントラストになるようなシーンはほとんどありませんが、明るさの強弱が弱い被写体などは、このような色合いがすっきりしない写真になることもあります。(この写真は例として調整した画像です)

明るさの強弱が弱い写真はグラフが中心付近に集まり、明るい部分や暗い部分がほとんど0ですね。明るさにメリハリのない写真はこのようにグラフの両端付近が全くない状態になります。




まとめ

上に写真と例でご説明してきたヒストグラムですが、なんとなく理解できた方もいらっしゃるかと思います。

「できるだけ右端と左端の棒が突出したものがないよう注意する」
「山が右端、左端で途切れていないか注意する」
「山が中央や右寄り、左寄りになりすぎていないか注意する」


ただ、これは一例に過ぎず、ヒストグラムは撮る場所や被写体、全体の明るさなどで大きく違いますから、いろんなシーンのヒストグラムを見ながら、少しずつ特性を理解していけばよいと思います。

例えば、夜景を撮影すれば真っ黒になりますし、明るい雲を撮影すれば、必然的に明るいピクセルが多くなります。それを例題と当てはめても駄目ですよね。

ヒストグラムの特性を理解しているとしていないで、写真の出来栄えにはやはり大きく違ってきます。撮影後小さな液晶画面では状態の詳しいチェックはできませんが、ヒストグラムを見ることで、適正な露出になっているのか?明るさが片寄っていないか?というのは即座にチェックできますね。

あえて黒つぶれの部分を使ったり、あえて白飛びしている部分を作品にするのもひとつのテクニックです。片寄りは絶対にあってはならないというわけではありませんので、ヒストグラムは目安として考えるようにしましょう。


こういった黒い部分を影にした写真も十分アリです。





よくある失敗写真の例として、白飛びと黒つぶれというのがあります。オートモードで撮影すると、カメラが自動的に適正露出になるように調整してくれますが、環境や被写体の状況によっては明るすぎたり、暗すぎたりする場合があります。
デジカメ用語でダイナミックレンジと呼ばれるものがあります、ダイナミックレンジとはCCDが感じとることができる最も明るい部分と暗い部分の範囲のことをいいます。
せっかくお気に入りの写真を撮ったのに、家に帰ってパソコンで見てみると「うっそ~!」なんてことありませんか?

スポンサーリンク