デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > ためになる応用知識 > デジタル一眼レフカメラの保管方法

デジタル一眼レフカメラの保管方法




初心者にとって気になるのが、デジタル一眼レフカメラの普段の保管方法です。どこにでもおいて置けば良いというわけではなく、 きちんと保管しておかないとカビ発生やホコリ混入などのトラブルが発生してしまいます。

せっかくお小遣いをはたいて買った高級レンズが カビだらけ・・・ なんてことにならないように、普段の保管方法をご紹介いたします。




デジイチの脅威はホコリと湿気

デジタル一眼レフカメラを保管する際に気をつける点は、「ホコリ」と「湿気」です。ホコリがレンズ内部に入ってしまうと 簡単に掃除できませんし、撮影の際の写り込みの原因になります。

湿気によりレンズにカビが生えてしまったら・・・ヘコミ度は言うまでもありませんね。

初心者といえどもこの2つに気をつけた保管方法を考えましょう。押入れや戸棚、引き出しの中などに入れている人は 危険がいっぱいです。

一般的にカメラやレンズを保管するのに適した湿度は40~50%程度だといわれています。60%を超えてくるとカビ発生の原因になりますし 30%以下になると樹脂部分などの劣化も考えられますので、適切な湿度に保つ必要があります。特に日本は四季がありますので、冬場はあまり考える必要はありませんが、 梅雨や夏場は湿気が多く、そのまま放置すればすぐにカビが生えてしまいます。


保管する入れ物を用意する

まずはカメラを保管するケース(入れ物)を用意しましょう。ケースに入れることでホコリの進入を防げますし、密閉することにより 湿気が入り込むのを防ぐこともできます。ケースとしては以下のようなものがあります。

ドライボックス(防湿庫)
カメラや光学製品を保管する専門の防湿庫です。小さいタイプから大型タイプまで出ていますが、小さいものだとオーブンレンジ程度の 大きさです。常に安定した湿度を保てるので安心して保管できます。価格は20000円から40000円程度、電気代はほとんどかかりません。

簡易ドライボックス
最近手軽で人気があるのが、この簡易ドライボックスです。カメラアクセサリーメーカーなどが販売している防湿ケースで、手軽にカメラや レンズの保管ができるため初心者でも簡単に扱えます。また価格も2000円から3000円程度で買えるため大変リーズナブルです。

食品用の密閉ケース
海苔などを乾燥させる食品用の密閉ケースでも十分代用が可能です。ホームセンターなどで1000円くらいで売っています。密閉性が高い フタにゴムパッキンが付いている物が必要です。食品の乾燥用に使うシリカゲルなどを買って入れておけばOKです。




その他の注意点

いくら防湿庫やケースがあるといっても完璧ではありません。必ず保管する前にレンズなどについた汚れや指紋、油脂分などは拭き取っておきます。 またブラシやブロアーなどを使ってホコリもしっかり掃除しておきます。


保管するときレンズや充電池はどうするの?

カメラを保管する際、わざわざカメラからレンズをはずして保管したほうがいいのか?という質問メールをもらったことがあります。
レンズをつけたまま保管しても、品質や機能がどうこうなるわけではないのですし、何度も付け外しを行うとホコリなどが混入しやすくなりますので、個人的にはつけたまま保管することをおすすめします。

充電池はつけたままでかまいませんが、長期間保管している場合は、時々電源を入れてあげましょう。充電池にとって過放電が一番の天敵ですので、時々電池量をチェックして、減ってきているようなら一度充電してまた取り付けておくのが長く使えるコツです。


管理人オススメの保管グッズ

やはり人気なのは安くて使いやすい簡易防湿ケースでしょうか。わずか数千円の投資で高いカメラやレンズを守れるのですから、特に慣れていない 初心者の方は必ず用意してほしいアイテムの一つです。「HAKUBA」のドライボックスが人気です。用途やレンズの量によって大きさを選んでみましょう。



あとは簡易湿度計も準備しておきましょう。湿気は目に見えないですからあると湿度の目安の確認に便利です。



デジタル一眼レフカメラやレンズはとってもデリケート、テレビやパソコンなどと同じ感覚で掃除をしてしまうと、うっかりキズをつけてしまったり、汚れを取ったつもりが逆に汚してしまった・・・などという失敗談も耳にします。
レンズのトラブルや悩みで最も多いのがカビの発生。レンズはガラスなのでカビが生えるなんて思わなかったと思う初心者の方も多いようです。
防湿庫とは小型の冷蔵庫のような感じで、カビ発生の原因である湿度を最適な状態(30%~50%程度)に保ち、またホコリなどの侵入を防いでカメラやレンズを守ります。

スポンサーリンク