デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > デジイチ関連購入ガイド > 本体を選ぼう

本体を選ぼう



初心者のための第一歩、まずは本体選びから




デジイチでも値段がすごく違うんですけど なぜ?

デジタル一眼を店頭やカタログで見ていると、値段の差が大きいことに気づく方も多いと思います。安いものは数万円から、高いものだと数十万円するカメラまで多種多様です。

値段の差は性能によって変わりますが、デジタル一眼レフカメラの価格帯、機能帯はおもに3つのカテゴリに分かれます。

プロフェッショナルモデル
値段が数十万円以上、物によっては百万円を超えるようなカメラのことをいい、そのメーカーでの最高機種でもあることが多いです。カメラで食べている人(プロカメラマン)や、カメラや撮影にはお金を惜しまない人、本当にこだわった人が買うモデルで、初心者が手を出すモデルではありません。

主なプロフェッショナルモデル
   


ミドルエンドモデル(ハイアマチュアモデル)
価格がおおよそで10~20万円前後の物をいい、初心者を卒業した方や、エントリーモデルからの買い替えで買われる方が多いモデルです。高性能と価格を両立した中級機で、少しこだわりを持つ方用のカメラです。 「どうせ買うなら少しでもいいものを」と初心者の方でも買われる人も多いですが、性能が高い分少し持ち運びには不向きで、本格撮影向き・・・といったカメラです。

主なミドルエンドモデル
   


エントリーモデル
もっとも普及しているデジタル一眼の一つで、価格帯は概ね10万円以下、軽さと価格の安さで、初心者向きのカメラではもっとも売れています。エントリーモデルといえでも、最近の機種は高性能化が進み、基本性能はミドルクラスに引けをとらないほどのものも出てきています。また、通常デジタル一眼はカメラ本体とレンズがそれぞれ別売りですが、 「KIT」と呼ばれる本体とレンズがセットになったものが安く出回っています

主なエントリーモデル
   


まとめ
初心者は軽くて価格帯もお手ごろなエントリーモデルを
「どうせ買うならいいものを」なら15万くらいの中級機を




本体選びの目安となるチェックポイント

上記に価格帯の差を見ていただいた上で、初心者が本体を選ぶためのポイントをチェックしていきましょう。 ここで自分に合ったデジイチを見つける上の目安となりますので、是非確認しておいてください。 初心者向けデジタル一眼レフカメラということですのでここでは概ね10万円以下で売っているエントリー モデルについて比較してきたいと思います。

重さ
自宅で使うよりも持ち運んで撮影するのが圧倒的に多いカメラ、やはり重さはとても重要なことです。 一般的にカメラの性能が上がれば上がるほどいろいろな部品が多くなってくるので、重さも大きさも大きくなります。 しかし初心者向けのエントリーモデルなら軽さを追及しているものも多く、かなり持ち運びは楽になりました。

ライブビュー機能
携帯のカメラは、一般的なコンパクトデジカメは液晶画面を見ながら撮影するのが一般的ですが、デジタル一眼レフは ファインダーを直接見ながら撮影します。しかし、最近のデジタル一眼には一般のコンパクトカメラ同様、液晶画面を 直接見ながら撮影できる機能がついたものが登場しました。今までのカメラに慣れている人でも戸惑うことなく撮影 することができます。

手振れ補正
一般のコンパクトカメラに比べて、撮影感度や性能などが上がり、通常の撮影では手振れがおきることは少ないですが、 フラッシュを使わない暗い場所での撮影や、夜間の撮影などでは手振れは気になります。一眼レフカメラの場合、レンズに 手振れ補正がついている物も多く、そちらのほうが効果は大きいのですが、やはり値段も高くなります。 本体に手振れ補正があると、すべてのレンズに対しても効果を発揮しますので、チェックしましょう。

動画撮影機能
最近発売されたデジタル一眼レフには動画が撮影できるものもあります。手軽さからいけば最近のHDDビデオカメラなどには かないませんが、ちょっとした動画を撮影するには便利です。こちらもチェックしておきましょう。

自動ダストクリーニング
自動的にイメージセンサーのホコリやチリなどを振動等により飛ばしてくれる機能です。デリケートなセンサー部分を直接 手入れする必要がなく大変うれしい機能です。


デジタル一眼レフカメラの基本は、本体とレンズは別売り基本的にデジタル一眼レフカメラは、本体は本体、レンズはレンズでそれぞれ購入するのが一般的です。 以前は本体を買った上で、自分の用途に合ったレンズを購入していくとう形が一般的でした。 ただ最近では初心者用にレンズと本体がセットになったもの「KIT」や、本体と広角レンズ、望遠レンズが2つセットになった「ダブルキット」というものが主流になっています。

カタログやお店のチラシの表記にも、カメラの品番の最後に「BODY」と表記してあるものは、本体のみの販売で、別途レンズを買わなくてはいけません。


安く買うなら「通販」がおすすめ

まずデジイチはどこで売っているの?と言う話ですが、以前はカメラ専門店でしかなかなか売っていませんでしたが、 最近では家電量販店やホームセンターのカメラコーナーでも置いています。一部の店舗では格安で売っている場合もありますが、 量販店やカメラ店で売っている値段はほぼ同じくらいです。安く買う方法は「通販」を利用することです。 通販を利用すると通常の量販店価格より物によっては3割近く安い場合もあります。


初心者の方は扱いやすく、すぐ使えるレンズ付キットを

レンズ選びもデジタル一眼レフカメラを楽しむひとつでもありますが、初心者の方にとってどんなレンズを選んでいいのかはわかりません。 ですのでメーカーが推奨するレンズ付キットを購入することをおすすめします。

キットのレンズは初心者にも扱いやすいものを採用していて、普段良く使うシーンでの使用を基に作られていますので様々なシーンにオールマイティーに使うことができます。 キットについているレンズもセット用の安物レンズではなく、単品販売されているレンズの1つなので、所詮キットのレンズ・・・と思わないように、 単品で揃えるよりセットのほうが断然お得です。




メーカーはどこを選べばいいの?

大手でいえばキャノンとニコンです。以前から一眼レフカメラを生産してきた老舗です 。最近ではオリンパスや富士、SONYやパナソニックなども独自ブランドの一眼レフデジカメを発売していますが、レンズの種類などは前述の大手2社にはかないません。

このサイトの各説明は「キャノン製」を基に解説していますが、キャノンとニコンなら操作性や基本機能などの差はほとんどありませんので、 まだメーカーは決めていない・・・という方はこの大手2社のどちらかを選ばれてはいかがでしょうか。


で、結局のところどれがおすすめなの?

散々語ってきたのに、これを言ってしまうと「自分でこだわって調べる必要ないじゃん!」と思われてしまいますが、私のお勧めする初心者向けカメラをご紹介しておきましょう。

おすすめ度No.1
キャノンEOS-KISS X5
その性能からミドル機にもせまるスペックで、初心者から中級者まで幅広く使えるおすすめモデル。

発売からかなり経過しているため、価格もかなり安定してお求め安くなっています。
交換レンズが2本セットになったダブルズームキットが人気で、普段良く使う常用レンズと望遠レンズの2本がセットになっています。




おすすめ度No.2
キャノンEOS-KISS X50
手軽な価格からはじめられるキャノンの初心者向け入門機。

色がレッドとブラックから選ぶこともできる、入門向けのモデルで、これから一眼レフカメラをはじめてみたい方にはおすすめのモデルです。

下手なコンパクトモデルより価格も安いのも魅力です。






一眼レフカメラをはじめたばかりの方、長年なんとなく一眼レフをやっているけれど、なかなか上達しないなあと思っている方、ここでは上達への近道をご案内したいと思います。
交換レンズは高い!と思っている人も多いかと思いますが、手ごろな価格で買えるレンズも数多くあります。ここでは手ごろな値段で買えるリーズナブルなレンズをご紹介します。
一眼レフカメラがより使い易く手軽にはなりましたが、やはり元は精密機械・・・ 中にはデリケートな部分もあり、それなりに大切に扱う必要があります。

スポンサーリンク