デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > アクセサリを使いこなそう > レンズフードの役割

レンズフードの役割





よく屋外などで、レンズの先端にカバーのようなものを取り付けて撮影している方を目にします。これはレンズフードといって、太陽光などの強い光を遮る目的がある他、レンズ自体の保護にも使われています。

レンズを買った時、セットになって付属しているものもありますが、普段何気なしに使っている方も多いかと思います。

ここではレンズフードの役割をおさらいしておきましょう。





筒状のものや花型など形は様々

レンズフードは様々な形をしたものがありますが、一般的に多く出回っているものは筒型のものと、縦と横で開き幅が違う花型のタイプです。



一般的には花型のほうが効率がよく、高級レンズに使われている場合が多いですが、レンズに合ったフードを選ばなくてはいけません。


レンズフードの役割

さて、冒頭でも少しお話しましたが、レンズフードの役割は、不要な光をカットし、レンズに映ってしまうフレア現象やゴースト現象を防ぐ役割があります。



光の入り方や撮影条件などで、レンズフードを装着しないと丸型や多角形の虹色紋が映り込みやすくなりますが、このような映り込みを防ぐ役割があります。(100%防ぐわけではないのでご注意を)

逆光や晴れた日の屋外で撮影する際には、特に効果を発揮しますね。

また、衝撃からレンズを保護する目的にも使われます。大きいレンズの扱いに慣れていない初心者の方は逆にこちらの恩恵の方が大きいかもしれませんね。


最後には、「見た目がカッコイイ」というのもありますね。やはりフードをつけて撮影している人を見ると、「おっ!本格的に写真撮ってるな」と思っちゃいます。って私だけでしょうか・・・


レンズフードを選ぶ際の注意点

レンズフードは、どれでも合うというわけではなく、レンズの特性や画角に合ったものを選ばなければいけません。適当に選んで装着してしまうと、効果がなかったり、フード自体が影になって写真に写りこんでしまうこともあります。

画角に合った汎用タイプのフードも出回っていますが、初心者の方にはレンズに合った純正のレンズフードを選ぶのがおすすめかと思います。

キャノンのレンズフード検索はこちらから
ニコンのレンズフード検索はこちらから



レンズフードの検索もアマゾンからどうぞ


また、レンズを単品で買うと、セットで付属されている場合もあります。


レンズフードを使う時の注意点

花型フードは、縦と横でフードの深さが違うため、正しく取り付けないとフードの影が写真に映りこんでしまいます。一般的にはカメラを水平に見て深いほうが上下、浅いほうが左右となります。

また、屋内などでフードをつけたままフラッシュなどを使うと、写りが変になってしまうこともありますので、フラッシュを使う場合は、フードを外して撮影するのが無難かと思います。

一般的にレンズフードは使わないときは逆さまにねじ込むことができますので、レンズの内側へ収納することもできます。




明るい空などを撮影したとき、写真の四隅が暗くなったりしたことはありませんか?これは口径食といってレンズ特有の現象で故障ではありません。
一眼レフカメラがより使い易く手軽にはなりましたが、やはり元は精密機械・・・ 中にはデリケートな部分もあり、それなりに大切に扱う必要があります。
デジタル一眼を店頭やカタログで見ていると、値段の差が大きいことに気づく方も多いと思います。安いものは数万円から、高いものだと数十万円するカメラまで多種多様です。

スポンサーリンク