デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > 初心者のカメラ基本用語 > 露出補正とは

露出補正とは




自分の思い通りの明るさに調整しよう

カメラ任せのオートで撮影している場合、写り具合の明るさはカメラが決めてくれます。カメラが周りの明るさを測って、適正な露出になるように露出値(フィルムに光が当たる量)を自動的に調整してくれるからです。


人によって「ちょうどいい仕上がり」は違う

マニュアルモード以外で撮影している場合、写り具合の明るさはカメラが決めてくれます

カメラが自動的に適切な明るさだと判断して露出をすることを自動露出(AE=Auto Exposure)といいます。

ですが、その機能もいつでも正しいとは限りません。これはカメラが単に被写体の明るさ(反射する光)を測って機械的に露出の値を判断しているだけであって、人間の目ほど高性能にはできていないからです。

また人によってはイメージしていた仕上がりにはならず、「もうちょっと明るくならないかな」、またはその逆で、 「ちょっと明るすぎるからもう少し暗くしたいなあ」という場合も出てくるかと思います。そういうときに「露出補正」を使うことで、明るさの微調整をすることができます。

一般的な一眼レフカメラの場合、全自動モードとマニュアルモード以外の撮影設定で可能になります。




理想の仕上がりになるように露出補正をしよう

神聖な教会の中を撮影してみました。

教会内は薄暗く、その神聖な雰囲気を作品にしたかったのですが、撮影したものを見てみると、とても明るい写真になってしまいました。(写真は絞り優先モードで撮影)

ちょっと明るすぎますね、一般的なカメラの適正露出機能は、暗いものは明るく、明るいものは暗く写そうとしますので、上の写真のように明るく写ってしまうわけですね。

これでは神聖な雰囲気がまるでありません、何とか暗く写したいですが、どうしたらいいでしょう・・・そこで使うのが露出補正です。

通常露出の単位は「EV」というものですが、一般的にEV値を-2~+2程度まで可変できます。+修正は明るく、-修正で暗くします。 これは段とも呼ばれ、マイナス1のことを1段減らす、などとも言います。


露出補正は、写真のようなボタンを押すと設定モードに変わります。(EOS kissの場合)機種によってはダイヤルだけを回すことで設定も可能です。


このようなインジケーターが通常は0の位置にありますが、ダイヤルやボタンなどで、プラス側やマイナス側へ設定することにより、明るさを可変できます。設定は3分の1段単位で可変できる機種がほとんどです。

一段上げると撮像素子に当たる光の量が2倍になり、一段下げると2分の1になります。

それでは、先ほどの教会の撮影に話を戻しましょう。さきほどの写真はとても明るくなってしまったので、暗くなるように(マイナス)補正します。


1段マイナス(-1EV)にして撮影、先ほどより暗くなりましたが、まだちょっと明るい感じに見えます。



2段マイナス(-2EV)にして撮影、教会内が薄暗くなり、理想の明るさに仕上がりました。


それでは、次の写真を見てみましょう。

空と夏の稲穂を撮影してみましたが、どうも暗くなりすぎてイキイキしていないような感じです。もうちょっと明るくしたいですね。


1段プラス(+1EV)に補正して撮影、緑が鮮やかになり理想の明かるさに仕上がりました。

このように思っている仕上がりとは違う場合、露出補正を上手く使って理想の写真になるように設定するのが大事です。特に被写体に明暗差が極端にある場合に、このようなことが多く発生します。



露出補正を使う場合は「絞り優先」モードがいい

シャッター速度優先モードや、絞り優先モードでも露出補正は可能となりますが、シャッター速度優先モードで露出補正をしてしまうと、レンズの明るさの限界などに達していた場合、なかなか明るい方(プラス側)への調整が難しい場合もあります。

絞り優先モードで露出補正を行うと、シャッター速度の速さを調整して明るさを制御してくれるので、比較的楽ですね。




露出ってちょっと難しい言い方ですが、簡単に言うと撮像素子やフィルムに光を当てることを露出(または露光)と言います。写真の出来栄えを左右する露出は、絞りとシャッター速度の関係で決まります。
絞り優先モードで撮影できるようになればもうあなたも一人前です。このモードは初心者から上級者まで一番お世話になる機会が多いモードで、一眼レフの醍醐味である「ボケ」をコントロールすることができます。
よくある失敗写真の例として、白飛びと黒つぶれというのがあります。オートモードで撮影すると、カメラが自動的に適正露出になるように調整してくれますが、環境や被写体の状況によっては明るすぎたり、暗すぎたりする場合があります。

スポンサーリンク