デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

露出補正とは

最終更新日:2019年5月2日

露出とは、写真の明るさの出来栄えのことですが、露出補正はその名の通り露出値を補正し、写真を明るくしたり、暗くしたりすることを言います。露出補正は写真の明るさを調整することができるため、何度も条件を変えて撮影することで失敗が少なくなるメリットがあるほか、写真の雰囲気を変えることもできます。ここでは露出補正について学んでいきたいと思います。

明るさの出来栄えに、正解はない

絞りやシャッター速度を任意に決めるマニュアルモードを除き、全自動モードやセミオート(絞り優先・シャッター速度優先・プログラムオートモードなど)にすると、カメラが適正な露出になるように露出値(フィルムに光が当たる量)を自動的に調整してくれます。
ちょっと難しい言い方ですが、カメラが自動的に適切な明るさだと判断して露出をすることを自動露出(AE=Auto Exposure)と呼び、デジタル一眼レフカメラをはじめ、スマホなどのカメラにも搭載されています。
私たちが普段何気なく撮影しても、ちょうどいい明るさになるのは、この自動露出機能が働いているからと言えますね。

しかし、この自動露出機能の万能というわけではありません。これはカメラが単にファインダーや液晶画面に写る被写体の明るさを測って、機械的に露出の値を判断しているだけであって、人間の目ほど高性能にはできていないからです。
例えば、極端な明暗差がある被写体などは、カメラがどこに基準を置いて明るさを設定すればよいかわからなくなることもあり、とんでもない写真になってしまうこともあります。



また、明るさの出来栄えのイメージは人によって違うこともあり、自分はもっと暗い写真にしたかったのに、撮影してみたらとても明るかったり、またその逆もあったりして、なかなか思い通りの明るさに撮影できなかったりします。

そこで露出補正の出番であり、露出補正を使うことで仕上がりの明るさの微調整が行えます。明るさの調整は全自動モードとマニュアルモードを除く撮影モードで使用することができます。

露出補正はどうやって使うの


上の図はCanonのデジタル一眼レフカメラの表示画面ですが、赤い枠のようなインジケーターを一度は見たことがあるかと思います。ファインダーの中にも同じようなインジケーターがあります。
このインジケーターをプラス側やマイナス側に補正することによって明るさを変えることができます。
詳しい操作方法は実践編でご紹介いたしますが、露出をプラス側へ補正することによって写真を明るくでき、マイナス側へ補正することによって写真を暗くすることができます。プラス1段で光の入る量は倍(つまり明るさは2倍)になり、マイナス1段で半分になります。

まず何も補正せずに写真を一枚撮ってみて、イメージしているより明るく撮れてしまっている場合はマイナス側へ補正し、イメージよりも暗い場合には、プラス側へ補正するようにします。

EVは写真の明るさの単位であり、通常は上の図は分かりやすいように1段ずつ補正したものを一覧化してありますが、実際にはもう少し細かい単位で微調整が可能で、3分の1ずつの調整が可能です。補正できる範囲はカメラによって異なりますが、一般的なデジタル一眼レフカメラの場合はプラスマイナス5段分までの補正ができます。

とは言うものの、上の図でもわかるように2段違うだけもかなり暗くなったり明るくなったりしますので、よほどのケースでもない限り、5段も補正することはありません。一般的な使い方としては、3分の1ずつ補正して、自分の納得いく明るさを見つけていくことになります。

上手な人は同じ構図で明るさの違う写真を何枚も撮る

初心者の人がやりがちな撮影方法として、1枚写真を撮ったら液晶画面を確認することもなく、そのまま次の被写体を探して過ぎ去ってしまうケース。スマホでこのような撮影をしている人はよく見かけますが、デジタル一眼レフカメラを持っていても、そんな撮り方をしている人もよく見かけます。
撮影が終わった後に液晶画面を確認するのは基本中の基本です。構図やピンボケ、手ぶれの有無などをチェックすることも大事ですが、自分の理想の明るさになっているかどうかもチェックしましょう。自信がなければ異なる明るさの写真を複数枚撮っておくのもよい方法です。
液晶画面だけでは周囲の明るさが邪魔をして、理想の明るさに仕上がっているかわからないときもあります。私自身も大丈夫だろうと家に帰ってからパソコンで見てみたら、もっと明るくしておけばよかった(その逆も)ということもしばしばあります。

フィルムと違って、デジタルカメラのよい所は何枚撮っても後からすぐに削除することができます。上手な人は同じ構図でも、異なる明るさの写真を何枚も取って、後から理想の明るさを選ぶこともしています。

上手な人は同じ構図で異なる明るさの写真を何枚も撮っている、後から後悔しないように、露出補正をして何枚も撮っておきましょう。

カメラによっては「明るさ調整」という似たような機能がある

露出補正は、応用撮影モード(プログラムオート・絞り優先・シャッター速度優先)でしか使うことができませんが、最近ではシーン別簡単撮影モード(ポートレート・集合写真・スポーツ・子供・風景・マクロ・夜景モードなど)でも明るさの調整が可能になるカメラもあります。この場合は明るさの調整は段やEV値ではなく、明るい・暗いという表現で、何段階か設定することができます。最終的には露出補正で明るさを補正することが理想ですが、明るさの調整に慣れるという意味では、そのような機能を使ってもよいでしょう。

露出補正とは まとめ

・露出補正は写真の明るさを変更する機能
・露出補正は自分のイメージしていた明るさが違う場合に使う
・明るさの好みは人それぞれ、正解や間違いは存在しない
・露出補正はEV(段)で補正でき、プラス側で明るく、マイナス側で暗くできる
・失敗しないコツは、同じ構図で異なる明るさの写真を何枚も撮ること

露出補正は、写真撮影ビギナー脱出の必要条件の1つです。明るさを調整できれば、失敗やミスを防ぐこともできますし、自分の理想としている作品に近づけることもできます。露出補正機能をしっかり覚えて、明日の実践に役立ててみてください。

筆者おすすめアイテム





↑ PAGE TOP