デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > 撮影テクニックあれこれ > 星空を撮影してみよう

星空を撮影してみよう



デジイチで星空を撮影してみましょう。

夜空に光り輝く星空、とても綺麗ですね。その綺麗な星空を是非写真におさめたいと思っている方も多いでしょう。
しかし、単に夜空にカメラを向けてシャッターを押しても、真っ黒に映るだけで、断念されている方もいるんではないでしょうか。

ちょっとした準備とコツをつかむだけで、きれいな星空を撮影することができるので、初心者の方もどんどんチャレンジしてみましょう。


撮影に必要なもの

まずは、撮影に必要な準備するものですが、カメラ本体と、広角レンズ(広角側が撮影できるズームレンズでも可)、それから三脚レリーズがあればOKです。
星空はとても暗いため、シャッター速度を遅くして長時間露出する必要があります。三脚はブレ防止、レリーズはカメラに触れずにシャッターの開閉ができるので、これら2つは必須アイテムとなります。レリーズがない場合は、セルフタイマーを代用してもかまいません。




三脚にカメラとレリーズを装着したら準備完了です。





星空撮影の場所や時間選び

さて、必要なものが準備できたら、今度は星空撮影に適した場所選びです。

星空撮影の一番の敵は、周りの光です。街灯や店舗、住宅や球場などの照明やネオンがそれらになります。地方や山間部にお住まいの方はあまり問題ありませんが、都市部に住む方にとってはかなり難しいかと思います。

周りの照明で空全体が明るくなると、写真の出来栄えに大きく影響しますから、移動できるのであればできる限り人工の光が届かない市街地から離れた場所まで移動しましょう。

また、移動などできない場合は、ネオンや照明が少なくなる深夜などを狙うのもいいでしょう。月明かりも邪魔になるので、満月に近い日の星空の撮影もおすすめできません。

一般的に星空を撮影するのは、空気が澄んだ冬がおすすめですが、基本的に空が青く太陽の日差しが強い日の夜であれば、撮影できます。

わざと町並みや山並み、木々などを背景に入れて撮影するテクニックや、日の出や日の入り時に明るい空も一緒に撮影するテクニックもあります。



撮影の設定など

それでは撮影前の設定をご紹介していきましょう。

まず、カメラの設定はM(マニュアルモード)にします。オートにするとうまく撮影できないので、ここは必ずMにしてください。

F値はで開放側にします。KITレンズならF3.5、明るい短焦点レンズならF2.8、F2.0、F1.4(そのレンズの開放F値)にしておきます。

AF(オートフォーカス)は使わないので、レンズ側のフォーカスモードはMF(マニュアルフォーカス)にしましょう。

ISO感度は露出時間やコンディションによって変えるので、容易に変更できるようあらかじめ変更方法を復習しておきましょう。まずはISO1600くらいに設定しておきます。

シャッター速度はとりあえず10秒程度に合わせておきましょう。



撮影していきましょう

まずは基本的な1枚を撮影します。

三脚をブレないように地面に固定し、カメラを空へ向けます。MF(マニュアルフォーカス)なので、シャッターボタンを半押しにしてもピントは合いませんので、レンズのフォーカスリングを回してピントを合わせます。

星は非常に小さく暗いのでファインダーを見てもピントが合っているかどうかわかりません。オートフォーカスにしても星空は暗すぎて合わせてくれません。

最近の一眼レフカメラなら、ライブビュー機能(スマホやコンデジのように液晶画面を見ながら撮影するモード)がついているので、ライブビューを起動させて拡大させると、ピントが合っているかどうかすぐわかります。拡大画面でフォーカスリングを回して、星が点になる部分を見つけてください。

回りに街灯や光がある場合は、そちらにまずはピントを合わせても構いませんが、できるだけ遠くのものに合わせましょう。

ピント合わせが終わったら、ISO感度を1600程度にして、10秒間シャッターを開けます。


オリオン座を撮影(引き伸ばし済み)
焦点距離30mm F2.8 ISO感度1600 シャッター速度10秒



シャッター時間とISO感度を組み合わせる

星は止まっているように見えますが、実はかなり速いスピードで動いています。

 
上の写真2枚は同じ星を撮影してものですが、左はシャッター速度10秒、右は180秒シャッターを開けて撮影しました。学校で習った人も多いかと思いますが、夜空の星空は北極星を中心に動いているので、たとえ10秒ほどの撮影時間でも、星は点ではなく、線として写真にうつります。

これを点として撮影したい場合には天体に合わせて自動的に動いてくれる赤道儀という特殊な架台が必要になります。天体観測が趣味の方ならお馴染みのアイテムですが、数千円で変えるような代物ではないので、本格天体撮影をする方以外ではなかなか手が出せないですね。

カメラだけで満点の夜空をいかに点で見せるかは、できるだけシャッター速度を速くすることですが、暗い夜空では数秒のシャッター速度では暗くなってしまいます。

そこでISO感度をできるだけ上げて撮影することで、速いシャッター速度でも高感度で撮影できるわけですね。

ISO感度は上げすぎるとノイズが多い写真になってしまいますので、ISO感度は1600程度が良いかと思います。5秒程度の露出でも十分星空を撮影できます。

さらにはISO感度を100~200くらいまで下げて、露出時間を長くすることで、動く星を流れるように撮影できます。

北極星を中心に回りながら星が移動しているのが良くわかりますね。3分程度の露出でも軌道ははっきりわかりますが、5分、10分、20分とさらに露出時間を長くすることで、更に円を描く軌道を撮影できますね。



天の川などの撮影は高ISO感度と明るいレンズがモノを言う


前述しましたが、赤道儀などのアイテムを使わずに天の川を綺麗に写すには、場所も大事ですが、ISO感度が上げられるカメラと、最低でもF2.8以下の明るいレンズが必要になってきます。

肉眼でもわかりにくい天の川ですが、撮影が可能になります。




レリーズはカメラに触れずにシャッターを切るものです。用途や使い勝手で様々な種類があるので勉強しておきましょう。
最も手軽な天体写真のひとつに、お月様があります。天気が良ければほぼ毎日見ることも出来ますし、満月や半月、三日月などその姿も 様々です。でも初心者にとってはなかなか難しい月の撮影ですが、コツをつかんでマスターしちゃいましょう。
ISO感度とは感光部が光を感じる感度の良さを数値化したものです。 もともとISO感度はフィルムの感度の規格でしたが、デジタルカメラの感度にも使われています。