デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > 交換レンズを楽しむ > 一段絞る・一段開けるとは

1段絞る・1段開けるとは



よくレンズのレビューサイトや口コミ、レンズを紹介しているサイトや本を見ていると「このレンズを開放から1~2段絞るととても解像感が増す」「このレンズは2段相当の手振れ補正機能がついている」など、段数のことについて記載されていることがあります。

この1段2段、絞る開けるとはどういう意味なんでしょうか、ここでは段数についてご紹介したいと思います。




段数というのは光の量を段階化したもの

写真を撮る上で重要なのは絞りとシャッター速度ですね、これらの組み合わせで光の量を調整してちょうどいい具合の写真にするわけですが、例えばシャッター速度は固定で変わらないと仮定します。

そうすると写真の明るさを調整するには絞り値を変えないといけませんね。

絞り値(F値)は、ある一定の規則性があります。

F値は1の倍数(1.2.4.8.16・・・)と1.4の倍数(1.4,2.8,5.6,11・・・)が交互に並んでいます。1から1.4の間や2.8から4の間のように、下の表の隣り合う数字がそれぞれ1段になります。



1段開放すると光の入る量が倍になり、1段絞ると光の入る量は半分になります。

ですから上の表もう一度見てください、今あなたはF5.6の絞りで撮影しているとします、近くにカメラに詳しい人が来て「もう1段絞ったほうが画質が上がるよ」と言われたら、F値を5.6から8にすれば良いということですね。
逆に1段開けた方がいいよと言われたら、F値を4にすればいいということです。

2段絞る場合はF11へ、3段絞る場合はF16にするということです。ただし光の入る量は1段絞ると半分、2段絞ると4分の1、3段絞れば8分の1になりますから、絞る分はシャッター速度を遅くして補ってあげないといけませんね。



1段速く・1段遅くはシャッター速度を調整

逆に光の量は絞りだけではなく、シャッター速度でも同じことが言えます。今度は絞りが固定でシャッター速度を調整して段数を変えてみましょう。



あなたは今30分の1秒の速度で撮っていたとします。またまたカメラに詳しそうな人が現れて「2段くらい速くしたほうがいいよ」と言われてしまいました。

ですので上の表通りシャッター速度を2段分速く、つまり125分の1まで速くしてあげれば、2段分速くなったということになります。しかし速度を速くした分光の量は4分の1になってしまっていますから、今度は絞りを2段分開放して同じ明るさを確保してあげないといけませんね。




1段絞ったら1段遅くするのが基本

上記で説明してきた点をまとめると、1段絞れば光の量は半分になりますから、シャッター速度を1段遅くすることで同じ明るさの写真を撮ることができます。

逆に1段開放すれば、光の量は倍になってしまうので、今度はシャッター速度を1段速くして同じように明るさを調整しないといけませんね。



ちなみに上の表のように、F16まで絞った場合は3段絞ったことになりますので、シャッター速度も3段遅くして4分の1秒にする必要がありますね。



手振れ補正の○○段相当とは

シャッター速度が遅くなればなるほど手振れがしやすくなりますね、最近のレンズには「手振れ補正機能」といって、手振れを少なくしてくれる機能が付いているものがあります。

手振れ補正機能の説明には、「1段相当・2段相当」と表記されていますが、これは表記の段数だけシャッター速度を上げた程度の手振れで撮影できるという意味です。

例えば2段相当の効果があるというレンズでは、実際30分の1の速度で撮影していても、125分の1で撮影しているのと同じだけの効果が得られるということですね。(実際に速度が上がるわけではないので注意してください)



通常は3分の1段ずつの調整が可能

段数のことは理解できたけど、実際カメラを使っていると、F2.8の次はF3.2・F3.5ととても細かくなっていると思われるのではないでしょうか。

デジタル一眼レフカメラでは1段をさらに細かく3分の1ずつまで調整することができます。
F2.8の次はF4で1段ですが、その間にF3.2とF3.5があります、細かく調整できるということですね、同様にシャッター速度でも同じことができます。






ISO感度の調整でも同様の効果あり

ISO感度でも感度を倍にすると1段シャッター速度が速くなるので、例えば絞りを2段絞っても、シャッター速度をこれ以上遅く出来なばい場合などはISO感度を調整することで段数分を補うことができます。



上の表のようにISOを3200まで上げることにより、5段分シャッター速度を上げられるということになります。

例えばシャッター速度が通常のままだと4分の1秒で手振れが酷い時はISO感度を3200まで上げてやると、シャッター速度は5段速くなり、125分の1の速度で撮影できるというわけです。



露出補正にもこの段数が使われている



シャッター速度優先や絞り優先、プログラムAEモードでは明るさの仕上がりを変える「露出補正」という機能がついていますが、このゲージの調整も段数で調整します。

1段明るくしたり、1段暗くしたりしますね、この場合はカメラが1段明るくするために自動的に調整してくれます。




F値とは、絞りの開き具合(光の取り込む穴の大きさ)を数値化したものです。絞り値ともいいます。絞りはレンズによってその開き具合を調整することができますが、どれくらい絞っているのかをわかり易く把握するためにF値が使われます
まずはデジイチでは欠かせない絞りについて説明していきましょう。ここで説明する絞りと後に説明するシャッター速度は、撮影の基本中の基本です。
レンズを紹介しているサイトや、レンズをレビューしているコーナーなどで、よく「明るいレンズ」、「暗いレンズ」というのを目にしたことはないでしょうか。

スポンサーリンク