デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラの基本用語解説一覧

デジタル一眼レフカメラを扱うようになると、カメラの設定や条件などさまざまな用語が登場するようになります。全自動モードで撮影するときには必要のない知識ですが、ご自分で条件を変えたり、こだわった設定で写真を撮りたいときなどは必要になる情報です。ここでは絞りやシャッター速度、ISO感度など基本的な条件や用語のほか、デジタル一眼レフカメラの撮影によく出てくる用語を解説しています。

デジタル一眼レフカメラの基本用語解説一覧

絞りとは
まずは写真撮影の基本である絞りについて理解を深めましょう
シャッター速度とは
シャッター速度は写真に「動き」を表現できる重要なパラメーターです
F値とは
F値は絞りの開き具合を数値化した物で、撮影条件の設定には必須です
ISO感度とは
感度を上げれば上げるほど暗い場所でも撮れますが、思わぬ副作用も…
画角と焦点距離
フレームに写る範囲は画角と焦点距離で決まります
露出とは
露出とは写真の明るさの仕上がり具合のこと、露出の良し悪しについて理解しよう
露出補正とは
写真の明るさをコントロールするには、露出補正を調整するのがポイントです
被写界深度とは
ピントが合う範囲をコントロールできれば、ボケもパンフォーカスも自由自在です
ホワイトバランスとは
カメラに「白い色」を教えるために、ホワイトバランスの調整が欠かせません
デジタル一眼レフ・ミラーレスカメラの構造と名称
基本的な一眼レフカメラ・ミラーレスカメラの構造と名称を理解しましょう

筆者おすすめアイテム





↑ PAGE TOP