デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラの構図解説一覧

写真撮影にとって構図はとても大切であり、構図の基礎を理解しているかどうかで写真の出来栄えは見違えるほど良くなります。「どれだけ撮っても平凡な写真になってしまう」と思う方は、一度構図について考えてみてはいかがでしょう。ここでは構図とは何かという解説から、構図の種類別解説を行っております。

デジタル一眼レフカメラの構図解説一覧

構図とは
まずは写真の構図ってどんなものから理解していきましょう
横構図と縦構図の使い分け
上手に撮影するにはフレームを横にするか縦にするかもしっかり考えることが大切です
三分割法
三分割法は構図の基本的な考え方です、三分割法をマスターして初心者を脱出しましょう
日の丸構図
日の丸構図は初心者が使いがちですが、正しく使えばダイナミックな写真ができあがります
曲線構図
曲線やカーブを見つけたら、曲線構図を意識して撮ってみましょう
三角構図
三角構図は安定感や奥行感を表現できる自由度が高い構図です
対角線構図
絞りやシャッター速度など、全ての設定を手動で行えるのがマニュアル撮影の強みです
消失点構図
平凡な写真でも、対角線構図にすることでイメージが変わることも…
シンメトリー構図
建物や水面反射など、左右上下対称なものはどんどんシンメトリー構図で撮ってみましょう

筆者おすすめアイテム





↑ PAGE TOP