デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラの撮影モード解説一覧

デジタル一眼レフカメラにはさまざまな撮影モードが装備されています。普段から全自動モードだけで撮影されている方もいらっしゃると思いますが、モードダイヤルやモード設定画面を見てみると、「M」や「P」などの文字や、記号や絵などが並んでいるのではないでしょうか。ここではそれぞれの撮影モードの解説をご紹介していきたいと思います。

デジタル一眼レフカメラの撮影モード解説一覧

全自動(AUTO)モード 
誰でも簡単に撮影できる全自動モード、最初はこのモードで撮影に慣れましょう
クリエイティブオート(CA)モード 
全自動に慣れたら、クリエイティブオートモードで撮影の幅を広げてみましょう
シーン別撮影モード 
そのシーンに合ったモードを使用することで、カメラが最適な設定にしてくれます
プログラムAEモード 
いよいよここからが初心者脱出編です 絞りとシャッター速度の関係を理解しましょう
絞り優先モード 
慣れてくれば最もお世話になる機会が多く、設定の自由度が高いおすすめのモード
シャッター速度優先モード 
被写体の動きをコントロールするなら、シャッター速度を決められるこのモードがおすすめ
マニュアル撮影モード 
絞りやシャッター速度など、全ての設定を手動で行えるのがマニュアル撮影の強みです

筆者おすすめアイテム





↑ PAGE TOP