デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

ISO感度とは

最終更新日:2019年5月2日

ISO感度とは、どれだけの感度で光を記録できるかを数値化したものです。一般的には「イソカンド」「アイエスオーカンド」などと呼ばれています。ISO感度を上げることによって光の感度が良くなり、暗い場所での撮影が有利になったり、速いシャッター速度が確保できるなどメリットがありますが、上げすぎることによって画質の低下を招くデメリットもあります。ここではISO感度の基本についてご紹介したいと思います。

ISO感度は光を感じる度合いを数値化したもの

ISO感度というものは、もともとフィルムカメラのフィルムの感度を表す規格でした。フィルム時代からカメラをしている年配の方はすでにご存知かと思いますが、フィルムにも100や200、400といった数値があったのではないでしょうか。

昔懐かしいネガフィルムですが、ここにも400という数値が表記されています。これは感度がISO400という意味です。

ISOというのは国際標準化機構(International Organization for Standardization)が定めたことによって略称が使われ、このような名前になっていますが、ISOという文字に強い意味はなく、その後の数値がとても重要になります。

時代は流れ、今ではほとんどのカメラはデジタルとなり、フィルムの代わりにイメージセンサーに光を当てて写真を撮るようになりました。
デジタルカメラになった現在でも、光の感度を変えることができます。フィルムカメラの場合は異なる感度ごとにフィルムを入れ替える必要がありましたが、デジタルカメラでは電気信号の増幅をするだけなので、スイッチや設定だけで簡単に変えられるようになりました。

ISO感度の性質

ISO感度は数値化されており、ISO100・200・400というように表現されます。数値が高いほど弱い光でも敏感に記録できるようになるため、絞り値が同条件であれば、ISO100よりも200・400のほうが速いシャッター速度で同じだけの露出(写真の明るさ)を得ることができます。

ISO感度の恩恵としては、十分な光量が得られない室内や薄暗い場所で、且つシャッター速度を速くしなければならない状況に強いことが言えます。
例えば、室内のスナップ写真などを手撮りで撮影すると、手ぶれや被写体ぶれによってボケた写真になりやすくなりますが、ISO感度を上げることでリスクが軽減します。

一般的なデジタルカメラの基準ISO感度は80~200程度であり、デジタル一眼レフカメラでは一部の高級機を除き、ISO100が基準の感度となっています。基準感度はそのカメラが最も画質良く撮影できる感度ですので、画質を重視するのであれば基準感度で撮影することが基本です。

高ISO感度は便利な反面、画質低下という副作用も

ISO感度は、上げれば上げるほどノイズが目立つようになり、ザラザラとした質感になってしまいます。ですから、便利だからと言ってなんでもかんでも高ISO感度で撮影してしまうと、画質が悪く後で後悔してしまうことにつながるため、よく注意する必要があります。

室内でこの写真を撮ってみました。



ISO100


ISO400


ISO800


ISO3200


ISO12800

見てお分かりの通り、ISO100で撮影した写真にはほとんどノイズがみられないものの、ISO800あたりからノイズが目立ち始めるようになり、ISO3200になるとかなりザラザラした印象になります。ISO12800まで高めると、さらにノイズが目立つようになり、明らかに画質が低下しているのがわかります。
またノイズは明るい場所では目立ちにくく、暗い場所で目立ちやすくなります。

画質が荒くなる度合いは、カメラの画像処理エンジンやイメージセンサーの性能・大きさに左右されます。安いコンパクトデジタルカメラやスマートフォンでは、ISO400程度からノイズが目立ち始めるようになりますし、デジタル一眼レフカメラでもISO800を超えるあたりからノイズが気になるようになります。

高ISO感度は暗い場所での撮影に有効

シャッター速度を速くするには、「明るい場所で撮る」か「絞りを開放する」の2通りしかありません。しかしそれには限界があり、室内やカフェ、ライブハウスなどの薄暗い場所や、夕暮れ、更には夜間の撮影では、どれだけ絞りを開放しても、速いシャッター速度で撮影するのは難しくなります。

遅いシャッター速度では手ぶれの心配がありますし、三脚で固定して撮影するにしても、被写体が動いているものであれば被写体ぶれを起こしてしまいます。

ISO感度を100から200にするだけで、1段分速い速度でシャッターを押すことができます。例えば30分の1のシャッター速度でしか撮れない状況下でも、ISO感度を100から400まで上げれば、125分1まで速めることができます。

三脚が使えない状況下や、暗い場所で動きのある被写体を撮影する際に、高いISO感度は効果を発揮できると言えるでしょう。

常用ISOと拡張ISOの違い

カメラによっては常用ISO感度(オートISO感度範囲)と拡張ISO感度というものがあります。定義は難しいのですが、各カメラメーカーが、ある一定の基準以上の画質が期待できるISO感度の範囲が常用ISO、更にISO感度を上げることができるが、「電子シャッターが使えない」「RAWで記録できない」など、カメラによってはさまざまな制約があったり、普段はあまり使わないレベルのものは拡張ISO感度という認識になっています。
拡張ISOは、そのカメラの限界値に近いISO感度まで上げられたり、逆にISO50というように、低感度で撮影するといったこともできます。
基本的には常用ISO感度の範囲内で撮影することが、画質の低下を著しく招くことも少なく、安心して撮影できるということになります。拡張ISO感度は非常用や極端なコンディションの際に使うものと認識しておきましょう。

オートISO感度にしておけばカメラが自動で決めてくれる

何かとさまざまな要素があるISO感度ですが、カメラ任せのオートモードに設定すれば、周りの明るさや状況に応じてカメラが自動的にISO感度を決めてくれます。また、デジタル一眼レフカメラにはオートISOの範囲も決めることができますので、「ノイズが気になる」場合は、オートISO感度の上限を低めに設定しておけば安心です。

ISO感度とは まとめ

・ISO感度は光を感じ取る度合いを数値化したもの
・ISO感度は上げすぎるとノイズの発生など画質が低下する
・暗い場所での手撮り撮影はISO感度を上げると有利になる
・常用ISOは通常使用、拡張ISOは非常用として使うとよい
・ISO感度は自分で設定する以外に、カメラ任せのオートISOもある

このようにISO感度は、上げることによって撮影の幅や制限を広げてくれるメリットがあるものの、上げすぎは画質低下というデメリットもあるため、上手に使い分けることが大切です。ISO感度の意味を正しく理解して、上手な撮影を心がけてください。

筆者おすすめアイテム





↑ PAGE TOP