デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > 初心者のカメラ基本用語 > ISO感度とは

ISO感度とは




ISO感度とは感光部が光を感じる感度の良さを数値化したものです。

もともとISO感度はフィルムの感度の規格でしたが、デジタルカメラの感度にも使われています。


光の当たり具合を調整するのに、シャッター速度が重要ですが、ISO感度を調整することで早いシャッター速度でも十分に露出させることができます。 簡単に説明すると、ISO感度を上げることによって暗い場所でも明るく、手振れが少なく撮影できます。

ISO感度は数値化されていて、ISO100、ISO400というようにに数字で表現されます。一般的にISO100程度が最も低感度で(機種によってはISO80や50もあります)200・400・800・・・・と上がっていきます。高級機ではさらにきめ細かく設定もできます。

数値が大きいほど高感度に撮影でき、機種によってはISO感度が10万越えという超高感度で撮影できるカメラも登場しています。





ISO感度の上げすぎは禁物

ISO感度は上げれば上げるほどノイズが多くなり画質が悪くなるという副作用があるため、画質にこだわる場合には上げすぎは禁物です。

これは撮像素子が大きく高性能なカメラほど上げても悪くなりにくいようになっていますが、一般的なコンパクトデジカメでISO400以上、 デジタル一眼レフでもISO800程度まで上げると、暗い部分で少しずつ画質が悪くなってきます。(機種によって異なります)

夜間の撮影などでどうしても手振れが気になる・・・と言う場合はISO1600くらいで撮影すれば、 許容範囲の画質で撮ることもできます。三脚などを使えば、ISO感度を下げて、シャッター速度をゆっくりにして高画質撮影も可能です。

moto.jpg(83736 byte)
室内でこちらを撮影してみました

100.jpg(49196 byte)
ISO100で撮影

400.jpg(42927 byte)
ISO400で撮影

800.jpg(40197 byte)
ISO800で撮影

3200.jpg(40075 byte)
ISO3200で撮影

6400.jpg(40382 byte)
ISO6400で撮影

ご覧のとおりISOの数字を上げて撮影すればするほど写真にノイズ(荒々しい感じ)が出ます。ISO感度を上げれば速いシャッター速度で手振れが少なく撮影できますが、その分画質も低下します。

といっても手振れで撮影できないよりはぜんぜんマシなので、私はISO感度は結構上げて撮影しています。

最近のカメラは驚くほど性能が上がり、ISO1600程度で撮影しても、それほど気になりません。




高ISO感度のノイズは暗い場所ほど目立つ

ISO感度を上げるとノイズが出やすくなりますが、明るい場所ではさほど目立ちにくく、暗い場所ほどノイズが目立つ傾向にあります。
明るい場所での高速シャッターが必要な場合は、ISO感度を上げるだけで十分使えます。



常用ISO感度と拡張ISO感度の違い

カメラによっては常用ISO感度(オートISO感度範囲)と拡張ISO感度というものがあります。定義は難しいのですが、各カメラメーカーが、ある一定の基準以上の画質が期待できるISO感度の範囲が常用ISO、更にISO感度を上げることができるが、普段はあまり使わないレベルのものは拡張ISO感度という認識になっています。

まあ、常用ISO感度の範囲で使えば画質が著しく悪くなることはない・・・ということですね。



全自動モードはISO感度もカメラが決めてくれる

難しいISO感度ですが、全自動モードであればISO感度は周りの明るさやモードに応じてカメラが自動的に決めてくれますので、 初心者でも安心です。

ISO感度を手動で攻めるなら、まずは小さいほうから撮影していき、手振れが気にならない程度まで上げていくのが上手に撮影するコツです。



露出ってちょっと難しい言い方ですが、簡単に言うと撮像素子やフィルムに光を当てることを露出(または露光)と言います。写真の出来栄えを左右する露出は、絞りとシャッター速度の関係で決まります。
まずはデジイチでは欠かせない絞りについて説明していきましょう。ここで説明する絞りと後に説明するシャッター速度は、撮影の基本中の基本です。
一般的にはISO感度を最も低感度にすることで高画質撮影が可能ですが、時と場合によってはISO感度も使い分けることによってよりダイナミックな表現が可能となります。

スポンサーリンク