デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > 撮影テクニックあれこれ > ISO感度の使い分け

ISO感度の使い分け



ISO感度(イソかんど・アイエスオーかんど)はこちらでも詳しく紹介していますが、撮像素子が光に対してどれだけ敏感に反応するかを数値化してもので、シャッター速度や絞り値に次いで重要な要素のひとつです。

一般的にはISO感度を最も低感度にすることで高画質撮影が可能ですが、時と場合によってはISO感度も使い分けることによってよりダイナミックな表現が可能となります。

ここではISO感度の応用的な使い分けをご紹介していきましょう。


被写体ブレを生かす場合は低感度で

上の二つの写真を見比べてみましょう。これらの写真は絞り優先モードで撮影したものですが、左側はISO感度オート、右はISO感度100で撮影しました。

ISO感度をオートにすると、カメラ自体が手振れを防ぐためにISO感度を上げてシャッター速度を速めるようにする特性があるため、水車の動きが止まって見えてしまいます。そこで故意にISO感度下げてシャッター速度を遅くすることで水車が回って見える動きのある写真になります。

これは特に被写体が暗い場所であればあるほど著書に現れるので、被写体のブレを表現したい時は積極的に低ISO感度を選びましょう。





絞り込んだシャープな写真には高感度を選ぼう

絞りを開放すればたくさんの光を取り込めるため速いシャッター速度で撮影できますが、全体をキリッとしたシャープな写真に仕上げるにはそれなりに絞りを絞り込まなければいけません。

明るい場所なら絞り込んでも問題ないですが、暗い場所だとそうは行かなくなります。ましてや被写体の動きをピシッと止めたいときなどは絞りを絞り込みながらシャッター速度だけを速めるなどといった芸当はまず無理です。

そこで絞り込んでも速いシャッター速度で被写体を止めるために、今度はISO感度を上げて撮影するといった技法があります。ISO感度を上げれば上げるほど画質は犠牲になりますが、最近のデジタル一眼レフならISO1600程度まで上げても十分高画質で撮影できます。


ISO感度1600 F3.5 速度100分の1 50mm
暗い場所でカメラを持ち歩きながらの撮影にはシャッター速度を上げないとついていけないので、高ISO感度で撮影します。



ISO感度800 F8 速度2000分の1 100mm
噴水の水しぶきなど一瞬の表情を撮影する場合でも、高速シャッターが必要です。この場合もISO感度を上げて水しぶきの表情をシャープに写せます。




三脚を使ってじっくり撮影するときは低感度を選ぼう

被写体の動きを表現したい場合や、三脚を置いてじっくり撮影する場合はISO感度を下げて低速シャッターを使って撮影します。もちろんISO感度が低いと高画質に撮影できます。


ISO感度100 F8 速度30秒 50mm
流れる煙突の煙の工場夜景を撮ってみました。ISO感度を低くして、シャッターを30秒も開けたままにします。三脚で固定しているので高画質の写真が撮影できました。



流れる滝を表現したい場合もISO感度を下げてスローシャッターで撮影します。



オートISO感度の上手な使い方

普段からISO感度をオートに設定している人も多いかと思いますが、オートISO感度も得意分野と不得意なシーンがあります。普段の手持ち撮影などにはオートにしておくと便利で、手振れが発生しにくいようにカメラが調整してくれます。

手振れの心配がない明るさで速いシャッター速度が期待できる場合は、低ISO感度で高画質になるようにカメラが調整してくれますし、望遠撮影や暗い場所では手振れが発生しないようにISO感度を上げてくれます。

また、シャッター速度優先モードで撮影する際もISO感度をオートにしておくことで任意のシャッター速度で適正な露出になるように調整してくれるのでとても便利です。絞りだけではどうしても限界があります。





ISO感度とは感光部が光を感じる感度の良さを数値化したものです。 もともとISO感度はフィルムの感度の規格でしたが、デジタルカメラの感度にも使われています。
初心者には難しいと思われがちな夜景撮影ですが、コツと要領をつかんでしまえば誰でも美しい夜景撮影が楽しめちゃいます。
レンズを紹介しているサイトや、レンズをレビューしているコーナーなどで、よく「明るいレンズ」、「暗いレンズ」というのを目にしたことはないでしょうか。

スポンサーリンク