デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > 一眼レフを使ってみよう > 一眼レフカメラの構え方

一眼レフカメラの構え方



一眼レフカメラは一般的なコンパクトデジカメとは違い、基本的なカメラの持ち方、構え方があります。間違った構え方をするととても使いにくかったり、手ぶれの原因などにもなります。
ここでは正しい一眼レフカメラの構え方を覚えましょう。




基本的な一眼レフカメラの構え方

まず姿勢ですが、脚は閉じているより少し開いた状態のほうが安定するので、肩幅程度に開きます。

次に、右手はすぐシャッターが押せるように人差し指はシャッターの前にそえて、中指・薬指・小指の3本で本体をつかむように固定します。親指は各種操作ができるように手前側に持ってきます。

左手は素早くズーミングが出来るようにレンズの下をしっかり抱くように回します。ズームのないレンズでもこれの方が安定し、手振れが少なくなります。




そして顔とカメラをしっかり密着させます。左目で実際の風景を確認しながら右目はファインダーを覗いて構図を決めます。一眼レフカメラの場合、コンパクトカメラやケータイと違いファインダーを見ながらの撮影になります。

両脇をしっかりとしめて、カメラが動かないようにします。

これが基本的な撮影スタイルとなります。




利き目が左目の人はどうするの?

一眼レフカメラのファインダーは右目で見るようにできていますので、様々な参考書や解説などで右目でファインダーを見るように指示してありますが、利き目が左目の人も結構います。

左目でファインダーを見ながら撮影するのもOKです。実際管理人である私も利き目が左目なので、撮影するときは左目で見ています。




縦構図の場合の構え方

縦構図でカメラを縦に構える場合は、シャッターボタンを上に構える方法と、下に構える方法の2つがありますが、扱いやすいのはシャッターボタンを上にする方法です。

最初にご案内した横姿勢での撮影状態を作り、そこから90度左へ回転させた構え方が縦位置での構え方です。


縦位置に構える場合は右脇が開いてしまうので手振れがおきやすくなりますので、左手の脇はしっかりと締めてレンズの下を持ちましょう。



自分の撮影スタイルを確立しよう

上記で説明した内容はあくまでも基本的な構え方の1つです。車の運転やゴルフのスイングと一緒で、人それぞれのスタイルがありますので、型にはめる必要はありません。

手振れが少なく操作しやすいスタイルであれば、特にこだわりませんので自分に合った構え方を見つけてください。手振れ等には常に意識を持ちながら撮影することを心がけるといいでしょう。




夜間や室内でせっかく撮ったお気に入り写真、でも後でよく見てみると・・・  「アレっ?なんかブレてるっ!」という経験の方もいらっしゃると思います。 昼間の屋外での撮影ならばほとんど手ぶれは起きませんが、ここでは手ぶれはなぜ起きるのかをご説明しましょう。
カメラで撮影する際、横と縦ってどうやって使い分けていますか?おそらく意識せずに縦長になるものを単に縦にして撮影しているだけではないでしょうか。まずは横構図と縦構図を少し勉強しましょう。
ここでは一眼レフの撮影方法を学ぶとともに、まずは全自動モードで撮影してみましょう。ファインダーを見て、構図を決めて、シャッターを切るという基本的なことですので、感覚的に撮影方法を身につけるのが上達の早道です。

スポンサーリンク