デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

シーン別撮影モード

最終更新日:2019年5月2日

シーン別撮影モードは、撮りたいシーンに特化した最適な設定を、カメラが自動的に行ってくれる便利な機能です。スポーツや風景など、普段よく使うシーンに合わせてスイッチ一つで簡単に設定できるほか、最近ではさらに細かいシーンがプリセットされているものもあります。ここではシーン別撮影モードについてご案内したいと思います。

シーン別撮影モードは、そのシーンに合わせた最適設定をしてくれる

風景やスポーツ、花の接写や人物の撮影など、本来であれば被写体や環境に合わせてカメラの設定を細かく変えなければなりません。
適当な設定で撮っても、撮影できることに変わりはありませんが、例えば景色であれば全体的にピントを合わせながら発色が良くなる設定にすればより鮮やかな写真になりますし、運動会やレースなど、動きの速い被写体を狙うのであれば、できるだけシャッタースピード速くすることで失敗写真を減らすことができます。
しかし、これらの設定は細かい設定を手動で行う必要があり、初心者にとってはシーンに合わせて素早く設定を変えるのは困難であることが言えます。

シーン別撮影モードは、シーンモードを変えるだけで簡単に難しい設定をカメラが行ってくれます。ですからカメラの設定に対して知識がなくても、最適な写真を撮影することができます。以前のデジタル一眼レフカメラでは、単にシーンに合わせた全自動という位置づけでしたが、最近では明るさなどを微調整できるモードが追加されたりするなど、より自由度が高くなっています。

シーンモードはダイヤルで簡単に設定できるほか、機能として格納されていることもあるので、設定画面を呼び出して任意のシーンを選択します。

次の項目では、各シーンの環境などについてご説明いたします・

ポートレートモード

ポートレートモード(人物撮影モード)は、主に人物を撮影する際に使用するモードです。背景が綺麗にぼけ、人物像を引き立てることができるほか、肌の色や髪の質感が自然になるようにカメラが自動的に設定を行ってくれます。
広角レンズよりも望遠レンズで撮影したほうが背景がぼけるため、ズームレンズの場合は望遠側で撮影するとよいでしょう。また、被写体と背景の距離があればあるほど背景のボケ方が大きくなります。
背景は明暗差がごちゃごちゃしていたり、鮮やかな色が混じりすぎていると人物像が協調されません、森の日陰や壁など、できるだけ暗い背景を選んで撮影するとよいでしょう。ピントは必ず顔に合わせるようにしてください。

風景モード

風景モードは風景や景色の撮影に特化した撮影モードです。奥から手前まで全体にピントが合うようになり、色の鮮やかさ(空や緑など)が鮮明になります。また全体的にシャープでカリっとした仕上がりになるのが特徴です。基本的にストロボは発光しないため、マジックアワーや夜景の撮影も可能です。


風景は望遠レンズよりも広角レンズで撮影したほうが全体的にピントが合った写真が撮影できます。また、三脚を使用することでブレが少ないシャープな写真を撮ることができます。

クローズアップモード

ポートレートモード(マクロモード)は、できるだけ被写体に近づいて、一部分だけにピントを合わせたい接写やマクロ撮影に適したモードです。花や虫の接写のほか、小物の撮影などに向いています。シャッター速度が速めになるため手ぶれの心配が少なくなるほか、背景がボケやすくなる設定にしてくれます。

デジタル一眼レフカメラの最短撮影距離はレンズに依存するため、コンパクトデジタルカメラやスマートフォンのマクロモードのように、モードを切り替えればもっと近づいて撮影できるというわけではなく、あくまでもクローズアップ撮影に適した設定にしてくれるというモードです。レンズには最短撮影距離がそれぞれ決まっていますので、できるだけそこまで近づいて撮影するとよいでしょう。また、ズームレンズを使用している場合は望遠側で撮ったほうがより拡大して撮影できます。本格的なクローズアップ撮影をしたいならマクロレンズを使うことで本格的な接写撮影が可能です。

スポーツモード

運動会やスポーツ観戦など、人が常に動いていたり走っている姿を撮影する場合や、車や列車など、動いている被写体を撮影するときに使うモードです。
シャッターボタンを半押しし続けることで、動いている被写体にピントを合わせ続けるようなモードになり、ドライブモードが連写になるように設定されます。ペットや野鳥の撮影にも向いています。
望遠レンズで撮影することでより被写体を大きく写すことができますが、手ぶれのリスクも高くなるため、自由雲台が使える三脚などを使うとよいでしょう。

集合写真モード

Canon系デジタル一眼レフカメラのSCN(スペシャルシーンモード)の中にあるプリセット設定で、集合写真モードというのがあります。手前の人にも奥の人にもピントが合い、全体的に自然な色合いで調整してくれます。家族写真などを知らない人に撮影してもらう時も、このモードに設定して撮ってもらうとよいでしょう。

キッズ撮影モード

これもCanon系のSCNの中にあるプリセット設定の1つで、スポーツモードとポートレートモードを掛け合わせたような設定になります。被写体にピントを合わせ続けて連写になり、且つ肌の色が自然になるという特徴を持っています。最近登場してきたモードですので、運動会や公園などで遊ぶ姿を撮るのなら、キッズ撮影モードを使ってみてください。

料理撮影モード

これもCanon系のSCNの中にあるプリセット設定の1つで、料理の撮影に特化した設定をしてくれます。全体的に明るい印象に仕上がり、暖色系の色に設定してくれるため、美味しそうな写真になります。色合いや明るさを調整することもでき、料理写真に強いモードです。料理をSNSにあげる際や、レシピ投稿サイトへの撮影などにおすすめです。


キャンドルライトモード

これもCanon系のSCNの中にあるプリセット設定の1つで、キャンドルライトと人物を写す際に特化したモードです。使うシーンは限られてきますが、誕生日のシーンや焚火に当たるシーンなど、火の光の雰囲気を活かした赤みのある写真に仕上がります。


夜景ポートレートモード

夜景ポートレートモードは、Canon系のSCNの中にあるプリセット設定の1つですが、Nikon系一眼レフカメラのシーンモードにも搭載されています。
その名の通り夜景と人物を撮影するのに向いており、夜景の光をぼかしながら、人物にピントを合わせる方法でカメラが設定してくれます。手ぶれしやすいので基本的には三脚を使用する撮影方法になります。

手持ち夜景モード

これもCanon系のSCNの中にあるプリセット設定の1つで、夜景を手持ち撮影する際に特化した設定のモードです。夜景は三脚を使用して撮影する方法が一般的ですが、このモードにすると手持ち撮影でも三脚を使った撮影に近い高画質な夜景撮影ができます。

このモードでは1回シャッターを押すと4枚連続で撮影し、ズレ量を補正しながらそれぞれの写真の位置を合成して1枚に仕上げます。手持ち夜景モードは合成するためRAW画像での保存はできません。

HDR逆光補正モード

これもCanon系のSCNの中にあるプリセット設定の1つで、逆光のような明暗差の激しい被写体のとき、異なる条件の写真を3枚連続撮影し、明るさを補正した合成写真に仕上げてくれます。極端な逆光状態の風景などに有効で、手持ち夜景と同じくズレ量補正をしながら合成してくれるので、三脚を使わなくても撮影が可能です。このモードもRAW画像での保存はできないようになっています。

シーン別撮影モード まとめ

・シーン別撮影モードは、撮りたいシーンに合わせてカメラが最適な設定をしてくれる
・シーン設定はダイヤルを変えたり、プリセットを選択して設定する
・最近のデジタル一眼レフカメラは、明るさの調整機能がついているものがある
・最近のデジタル一眼レフカメラは、プリセットシーンが多くなっている
・あれこれ設定する必要がないので、初心者でも安心して使える

シーン別撮影モードは、全自動モードを卒業した初心者の方におすすめで、簡単な設定で本格的な撮影ができるおすすめのモードです。ビギナーの方はもちろん、慣れた方でもとっさのシャッターチャンスに対応するために使うこともあるので、一通り撮影してみて、各モードの特徴を理解するようにしておくとよいでしょう。

筆者おすすめアイテム





↑ PAGE TOP