デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > 撮影テクニックあれこれ > 子供撮影の基本

子供撮影の基本




成長するわが子を楽しみに撮影されているお父さん、お母さん。できるだけ自然な姿で撮影したいと思っていますが、動き回る子供を上手に撮影するのは至難の業です。ここでは子供の写真撮影の基本とコツをマスターしましょう。






子供の撮影は被写体ブレを抑えることが基本

止まってじっとしているお子様の写真であれば、それほど重要ではありませんが、自然で動き回る子供の写真は、シャッター速度を速めて被写体ブレを極力抑える必要があります。
特に暗くなりやすい屋内や夕暮れ時には、上手に撮ったつもりでも後で再生してみると「あれ?ブレてる」ということになりやすいですね。


室内で撮影(シャッター速度20分の1)動く子供にシャッター速度がついていけず、子供がブレてしまっています。


シャッター速度を速くするには・・・
F値の小さい明るいレンズを使う
F値の小さい明るいレンズ(開放F値が2.8以下)は、室内でも十分光を取り込むことができるので、強い味方になります。レンズを新調しなければいけませんが、明るいレンズはとても有利です。

F値を開放して撮影する
今あるレンズで撮影する場合は、できるだけそのレンズの目一杯絞りを開いた状態(開放F値)で撮影します。撮影モードを絞り優先にして、一番絞り値が小さい数字にして撮影しましょう。

ISO感度を上げて撮影する
室内などではF値を開放しただけでは、思うようなシャッター速度が出ない場合もあります。ISO感度を上げることで高感度撮影も可能となるので、ISO感度を400や800、場合によっては1600程度まで上げて撮影してみましょう。





背景をぼかして被写体を引き立てよう

子供だけに限らず人物を写すポートレート撮影の基本は、人物にしっかりピントを合わせ、背景を綺麗にぼかして撮影します。

背景をぼかして撮影するのは以下の点に注意しましょう

F値を開放して、被写体になるべく近づく
広角レンズを使用する場合は、被写体になるべく近づいて、さらにF値を開放することで、被写体をシャープに仕上がり、背景もきれいにボケます。



ズームレンズでは望遠側を使用して被写体をひきつける
やや遠くのお子様を撮影する場合は、ズームレンズの望遠側を使うことで、被写体をひきつけるような写真に仕上がります。何でもかんでも近づくばかりではなく、望遠側も上手に使って撮影しましょう。

時には望遠側で離れて撮影してみましょう。




動体追従AFと連写を組み合わせる

「動体追従オートフォーカス」とは、一眼レフカメラにしかない強い味方で、このモードにすると、シャッターボタンを半押しにし続けることで動いている被写体に対して動きを予測してピントを合わせ続けることができる機能です。

各メーカーによって呼び名が様々ですが、ニコンではコンティニュアスAFサーボ(AF-C)と呼ばれ、キャノンでは「AIサーボAF」と呼ばれています。どちらもカメラの設定で変更できますので、是非やってみてください。

また、動き回る子供の写真は、ここぞという1枚よりも連写するほうが一瞬の表情を捉えやすくなりますので、1枚撮影ではなく連写で撮影するようにしましょう。フィルムカメラでは大変なことですが、簡単に消せるデジタルカメラの強みですね。



簡単に撮影するには

設定や準備が良く分からないという方には、簡単設定モードを使って撮影しましょう。

スポーツモードにすることで、動体追従オートフォーカス・連写・高速シャッターをカメラが自動的にしてくれるのでとても便利です。とにかく子供撮影はスポーツモードにして撮影してみてください。





シャッター速度とは、光をイメージセンサーに当てる時間のことです。別名露出時間とも言います。言葉で説明するのはちょっと難しいですが、シャッターが開いてる時間といった方が分かりやすいかもしれませんね。
ISO感度とは感光部が光を感じる感度の良さを数値化したものです。 もともとISO感度はフィルムの感度の規格でしたが、デジタルカメラの感度にも使われています。
レンズを紹介しているサイトや、レンズをレビューしているコーナーなどで、よく「明るいレンズ」、「暗いレンズ」というのを目にしたことはないでしょうか。

スポンサーリンク