デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > 撮影テクニックあれこれ > 工場、工場夜景の撮影方法

工場萌え、工場、工場夜景の撮影方法



ここ数年、日本のコンビナートなどの工場の煙突、配管、設備などの構造美や、夜間における照明の美しさを楽しむ「工場鑑賞」が流行しています。それらを撮影して楽しむ人も増えており、今まで敬遠されていた工場に新しいブームが到来していますね。

ここでは工場や工場夜景のスポットの探し方や撮影方法、注意点などをご紹介したいと思います。





24時間稼働し続ける工場、不夜城とも呼ばれ季節や時間を問わず撮影できるのもうれしいですね。



昼の工場と夜の工場、あなたはどちら好み?

一言に工場と言っても、昼と夜でその雰囲気は180度変わります。昼の工場というと鉄分と錆分が露出し、ごつごつとした男性的なイメージがありますね、これが美しいと思う方もいれば汚いと思う方もいるでしょう。

どんな工場が好みかは自分次第です。


日中の工場は露骨に設備が見えるので、男らしい雰囲気ですね~



夕暮れの工場もおすすめです



日が沈んで暗くなるマジックアワーと呼ばれる時間、空を青く撮ることができます。



完全に日が沈んだ後、輝く宝石のような工場夜景もいいですね。




工場はいつどこで見れる?

工場は日本全国どこでも見れるのですが、美しい照明や煙突、パイプやタンクの撮影となると、「製油所」や「化学工場」が密集している地域になりますね。




日本全国で主に工場・工場夜景が楽しめる箇所は主に9か所、小さい所を入れるとまだまだ多いのですが、規模が大きいのは地図の箇所ですね。
中でも「川崎」「四日市」「水島」の規模は大きく、美しい工場夜景が楽しめると人気があるスポットです。

こちらで工場夜景スポットを紹介しています。興味のある方は是非見てください。

 


工場は基本的に24時間稼働していますので、夜間照明も夜中点灯していますが、季節や時間帯によっては節電して暗くしていることもあります。

工場鑑賞に適した季節は空気の澄んだ冬がおすすめですが、夏場でも雨上がりなどで空気が澄んだ日でもおすすめです。
煙突や冷却塔などから吹き上がる水蒸気は冬の方が目立ちますので、どちらかというと秋から冬が撮影には適していますね。




工場夜景の撮影に必要なもの

さて、工場夜景の撮影で必要なものをご紹介しましょう。

デジタル一眼レフカメラ(マニュアル操作のできるコンデジでもOK)
三脚
レリーズ(なくても可)

そんなに機材の必要はなく、とりあえずカメラと三脚さえあれば撮影は可能です。

あれば便利なものとして、懐中電灯、虫よけスプレー、寒い場所では防寒着やレンズや手を温めるカイロなどがあると便利ですね。




撮影の準備と設定

基本的には夜景と同じ撮影スタイルです。撮影モードは「M」マニュアルモードにします。



手振れ補正がついているレンズは手振れ補正をOFFにしましょう。

次に、F値はF8前後、ISO感度は最低の100に合わせます。ホワイトバランスは好みになりますので、撮ってみて気に入った色に合わせてみてください。太陽光や曇りにすると赤っぽくなり、白熱電球にすると青っぽくなります。

撮影時間(シャッター速度)は、被写体の明るさによって異なってきます。目安は10~20秒程度ですが、これは撮影しながらちょうどいい仕上がりを手探りしていくしかありません。




工場夜景を撮影してみよう

それでは工場夜景を撮影していきましょう。
撮影に適した場所が見つかったら、三脚を置きカメラとしっかり固定します。

カメラを固定したら構図を決めます、構図を決めたらピントを合わせるわけですが、AF(オートフォーカス)で合わせる場合は、AF枠設定をオートにしておきましょう。異なる明暗差がAF枠内にかかってさえいれば、うまくピントを合わせてくれるはずです。



上の図のAF枠で赤い枠は明暗差(コントラスト差)が比較的はっきりしているが、黒い枠は明暗差が少ないためピントが合いにくい。

ピント合わせの得意不得意についてはこちらもご覧ください。

任意の場所にピントを合わせたい場合は、MF(マニュアルフォーカス)にして液晶画面を見ながらライブビューの拡大画面で少しずつピントリングを回してピントを合わせます。

シャッター速度は5~20秒くらいでいろいろ撮影してみましょう。全体的に暗い場所だとかなり長いシャッター速度が要りますが、照明は結構明るいのでやりすぎると白飛びします。何枚も撮ってみて好みの仕上がりを見つけてみましょう。

撮影はレリーズを使って撮影しますが、レリーズがない場合はセルフタイマーを10秒や2秒に設定して、手を離してシャッターが切れるようにするといいですね。




工場夜景撮影の応用知識

絞り値を調整することで、照明の光芒を変化させることができます。光芒って何?とはこちらをご覧ください。

F値を開放すると照明の輝きが柔らかくなり、F値を絞ると照明の輝きが鋭くなります。F8くらいから鋭くなり始め、F16くらいまで絞ると星のような輝きになります。



写真はF11で撮影、照明に星のような輝きが出ていますね。
絞りを開放するとシャッター時間を短くしなければいけませんし、逆に絞り込むとシャッター時間を長くしなければいけません、絞り値を変えたらシャッター速度も変えましょう。


また、工場夜景の天敵の1つに風があります。工業地帯は海が近いため海風の影響が強く、コンディションが悪いと強風の中撮影することになります。広角レンズではさほど目立ちませんが、望遠レンズでの撮影となると、風による三脚やカメラの振動で写真がブレてしまうことがあります。

風ブレを防ぐには、三脚の高さをできるだけ低くする、三脚の脚を広げる、風上に立ってカメラに風が当たらないようにする・・・などがありますが、長時間露光であればあるほどブレている時間も長くなるので、どうしようもない場合は、ISO感度を200~800程度に上げる、F値を開放にする、などをするとかなり短いシャッター速度でも撮れるようになります。




工場・工場夜景撮影の注意点

ロケハンは日中にやっておこう
日が沈んでから撮影スポットを探すのは難しく、ロケーション探しだけで一晩使ってしまうこともあります。日中にロケーションハンティング(場所探し)をすることをおすすめします。

工場の敷地内に入らないように
工場の敷地内に入るのはもってのほかですが、知らないうちに車で工場の敷地に入ってしまっていることもあります。道路は公共の道路なのか、工場の敷地内なのかを見極めましょう。普通地図上では公共の路は「白色」、敷地内の道路は白色に塗られていません。

撮影禁止場所では撮影しない
遠くからの撮影なら気にする必要はありませんが、道路から金網を挟んで迫力の工場を撮影する場合は「撮影禁止」の表示や看板がないか確認しましょう。また表示がなくても工場の職員から注意を受けた場合は速やかに指示に従いましょう。

フラッシュは使わない
基本に沿って撮影していればフラッシュを使うことはないのですが、慌ててカメラを向けたら全自動になっていてフラッシュを使ってしまった・・・なんてことにならないように注意しましょう。

車の駐車も迷惑にならないように
車で工場夜景を撮りに回る方も多いとは思いますが、ほとんどの箇所は道路の路肩に停めたりする場合が多いです。駐車違反等には気を付けて迷惑のかからないように駐車しましょう。




ISO感度とは感光部が光を感じる感度の良さを数値化したものです。 もともとISO感度はフィルムの感度の規格でしたが、デジタルカメラの感度にも使われています。
マニュアル撮影モードは、自動露出機能を使わずに、絞りやシャッター速度を任意の数値に設定して撮影ができます。
三脚は用途に応じて様々なタイプがありますので、1つあったらOKというわけでもなく、自分は何の目的で三脚が必要なのかというのも重要になってきます。

スポンサーリンク