デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > ためになる応用知識 > 口径食とケラレ

口径食とケラレ



明るい空などを撮影したとき、写真の四隅が暗くなったりしたことはありませんか?また、イルミネーションや夜景などの点光源をボカした時、丸い玉ボケにならず、欠けた月のようなレモン型になったとこはないでしょうか?
これは口径食といってレンズ特有の現象で故障ではありません。

レンズを通過して入ってくる光は常に平行ではなく、斜めからも光は入ってきます。斜めから入ってきた光は明るさが低下してしまうので周辺が暗くなります。これを周辺光量の低下といいます。

一般的な交換レンズは中心部が一番明るく、中心から離れるにつれて暗くなる性質があるため、写真の周辺では暗くなります。




口径食は開放F値で撮影すると出やすい

まずは下の写真を見てみましょう。

写真の四隅が少し暗くなっているのがよく分かると思います。

口径食は開放F値(めいっぱい絞りを開けた状態)で、明るい被写体のときに目立ちやすくなります。
最も効果的な方法は、絞りを絞ることです。絞りを絞ることで光の量が一定となり、軽減することができます。

ズームレンズなどレンズ構成が複雑で安価なレンズほど発生しやすいですが、例えば同じF4で撮影したとしても、開放F値が1.8のレンズと3.5のレンズでは後者の方が発生しやすくなります。

それでは次の写真をご覧ください。

イルミネーションライトを玉ボケさせようと撮ってみましたが、ボケた部分が綺麗な丸にならず、何やらレモンのような形になっています。これも口径食の1つで、絞りを開放気味に撮影すると写真の周辺部でこのようなレモン形の像が出てしまいます。

例えばラップやアルミホイルの筒を通して景色を見ていると思ってください。

写真のように筒を持って時計をのぞき見るとします。


筒のほぼ真ん中から見ると、丸い時計がしっかり丸く見えます。


筒の端の方から見ると、奥の景色が円にはならず、時計の一部が隠れしまいます。この現象と同じように写真の周辺部ではレモンのような形になってボケた光源が写り込みます。

発生を抑える最も効果的な方法としては絞りを絞って撮影するのがよいでしょう。

フルサイズ用のレンズをAPS-Cカメラに使うと、口径食が出やすい部分が使われないため、影響が少なくなります。





ケラレは物理的な影が写ってしまうこと

レンズの特性上発生してしまう口径食とは別に、物理的な影が写ってしまう現象をケラレといいます。ケラレは注意することで防ぐことができますが、原因としては以下のようなものが挙げられます。

レンズフードの大きさが合っていない

上の写真、変なものが左右に写っていますね。花型レンズフードの向きを間違えて取り付けてしまうと、こんな感じになります。本来写らないフードの影が写りこんでしまっています。
純正のレンズフードを使う分には問題ないですが、汎用のレンズフードを使う時は映り込みがないかよく確認しましょう。



フラッシュを使った時にレンズフードの影が写りこむ

下になにやら山のような影が写りこんでいますね。これはレンズフードをつけたままフラッシュを使って撮影したため、フラッシュの光がフードに邪魔されてそこだけ黒くなってしまっています。こういったものもケラレの一種です。
フラッシュを使うときは必ずレンズフードは取り外しましょう。

その他、レンズ先端につけるフィルターが原因で写りこむ場合もありますので、超広角レンズにフィルターをつける場合は要注意です。


口径食のことをケラレと呼んでいる場合も多いですが、厳密には違うので注意しましょう。



一般的なレンズは絞りを開放で撮影するより、いくらか絞った方が画質が向上します。カメラに詳しい方なら知っている方がほとんどですが、意外と知らない人も多いようです。
レンズフードは太陽光などの強い光を遮る目的がある他、レンズ自体の保護にも使われています。
風景撮影などで、明るい空と暗い木の枝などの間に紫色の変な色が写ってしまったことはありませんか。これはデジタルカメラ特有の現象で、パープルフリンジといいます。

スポンサーリンク