デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > 撮影テクニックあれこれ > 紅葉を撮影してみよう

紅葉を撮影してみよう



よく写真雑誌や旅行誌などでもみかけるとてもきれいな紅葉写真。

一見簡単なようにも見えますが、なかなか奥が深く、何も考えずに撮影しているだけでは平凡な写真になってしまいますし、撮り方ひとつでずいぶんと出来具合も変化します。

ここでは紅葉撮影のコツをご紹介したいと思います。




太陽の位置や光を考える

紅葉を撮影するにあたって、光の当たり具合がなかなか重要になってきます。同じ場所でも、太陽や光源の位置によって写り方が全然違ってきます。

「わあ~きれいな紅葉!」と美しい紅葉に感動してしまい、思わずシャッターを切ってはみたけれど・・・

見た目は鮮やかな紅葉も、光の当たり方や方向を考えずに撮影するだけでは色が死んでしまいます。

赤や黄色の鮮やかな写真を撮るには、光の当たり方と撮影方向を上手に使って鮮やかな紅葉写真を撮影しましょう。




晴れた日は逆光や青空を上手に生かそう

晴れている日はわざと日陰に入って逆光で撮影すると、見たままの透明感あふれる写真に仕上がります。太陽が出ているときは是非逆光撮影を積極的にやってみましょう。



特に下から見上げるような写真は逆光がいいですね。また、青空が出ているときは空もバックに入れると青と紅葉の美しいコントラストの写真に仕上がります。


次に、遠くからたくさんの木々を撮影する場合は、太陽を背にした「順光撮影」がおすすめです。

広い範囲の風景撮影には「順光」だと均一に光が当たり、鮮やかに撮影できます。



逆光と順光を組み合わせて、上手に撮影してみましょう。




曇りの日や暗い場所では紅葉主体で

曇っている日は空を背景に入れてしまうと空が真っ白になり、紅葉が引き立たない写真になりがちです。


上の写真はバックの空が真っ白になってしまっていますね。このような日はバックに空を入れすぎないようにするのがコツです。



光の強い直射日光と違い、曇りや日陰の場所では光の当たり方がやわらかくなり、明暗差の少ない鮮やかな葉の色になりますので、木全体や空以外の背景を上手に入れるとよい写真に仕上がります。




紅葉撮影に適したレンズ

紅葉を撮影するのに特別なレンズは必要ありません。セットで買った広角レンズや望遠レンズで十分楽しむことができます。

紅葉の一部分をするには「望遠レンズの望遠側で」で撮影しましょう。

望遠レンズを使うことで、周りの風景がボケることで、手前の紅葉が一段と引き立って撮影できます。またズームレンズの場合は広角側より望遠側のほうが、ボケがよりいっそう大きくなります。

焦点距離200mm以上の望遠レンズで撮影する場合は、手振れも大きくなりますから三脚を使うか、どうしても手で持って撮影する場合は。ISO感度を上げたりして手振れに注意しましょう。


広角レンズは、様々なシーンに使える万能レンズです。

写真のように手前から奥までピントを合わすことが広角レンズでは可能ですので、奥行きのある写真に仕上がります。




紅葉を真下から見上げるような迫力あるアングルも、広角レンズでしか表現できません。




失敗しやすい写真の明るさ

せっかく目に焼きついた風景を写真におさめたのに、家に帰ってパソコンで確認したら・・・「ありゃ?なんか光ってまぶしい写真に」「真っ黒でよくわからないよ」・・・とありがちな失敗談。

それはカメラが自動的に設定した「露出」が、自分のイメージと合わないために発生してしまうのが大きな原因です。

露出が長すぎると、明るくなりすぎてまぶしい写真になってしまいます。白飛び(白くまぶしくなっている部分)が多く、あまりいい感じの写真とはいえません。

露出調整は、カメラが自動でやってくれますが、必ず自分と同じイメージになるとは限りませんので、撮影した後は液晶モニターを確認して、ちゃんと仕上がっているか確認するのが大切です。

イメージしていたより明るかったり暗かったりする場合は、露出補正をプラスやマイナス側へ操作して、何度も撮影してみましょう。

何度も撮影しなおせるのがデジタルカメラのいいところですので、納得いくまで何枚も撮影するのが大切です。

基本をマスターしたら中級編もご覧ください。




紅葉写真撮影の基本やコツをマスターしたら、さらに上手に撮影するテクニックやコツ、アングルや構図なども変えた一歩踏み込んだ表現写真を撮影してみましょう。
よくある失敗写真の例として、白飛びと黒つぶれというのがあります。オートモードで撮影すると、カメラが自動的に適正露出になるように調整してくれますが、環境や被写体の状況によっては明るすぎたり、暗すぎたりする場合があります。
せっかくお気に入りの写真を撮ったのに、家に帰ってパソコンで見てみると「うっそ~!」なんてことありませんか?

スポンサーリンク