デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > 撮影テクニックあれこれ > 紅葉撮影中級編

紅葉を撮影してみよう 中級編



紅葉写真撮影の基本やコツをマスターしたら、さらに上手に撮影するテクニックやコツ、アングルや構図なども変えた一歩踏み込んだ表現写真を撮影してみましょう。




露出補正を上手に使おう

カメラはファインダーに写った被写体の明るさに応じて適切な明るさに仕上がるようになっていますが(Mモードを除く)その機能も万能ではありません。

特に薄暗い場所では明るく写そうと自動で露出を上げてしまうため、思ったより明るく白っぽく写ってしまう場合があります。

  

左はオートで撮影したカメラ任せの写真、右は露出補正を2段(-2/3)マイナスにして撮影しました。右側のほうが鮮やかになっていますね。特に暗い場所ではカメラが自動で露出を上げてくるので、露出補正をマイナス側へすることで、見た目通りの鮮やかな写真になります。



上の写真は逆に露出補正をプラスへ修正して撮影しました。明るく撮影するとやわらかい写真に仕上がります。



こちらは露出補正をマイナスへ修正、バックも暗くなり、もみじの赤色が引き立ち奥行きのあるメリハリ写真に仕上がりました。


このように同じアングルでも露出補正を行うことで全く違う雰囲気になりますので、いろいろ露出値を変えて撮影するのがコツです。




ホワイトバランスでより赤っぽさを表現する

どうも紅葉の赤っぽさが物足りないという時には、ホワイトバランスを調整することでより赤や黄色の温かい色を強くすることができます。

 
上の左右の写真は、同アングル、シャッター速度や絞りなど全く同条件で撮影しました。違うのはホワイトバランスだけですが、雰囲気がずいぶんと違いますね。左側はオート、右側は日陰にそれぞれホワイトバランスを調整して撮影しました。

どちらがより鮮やかな紅葉写真か?と言われれば答えは明らかですね。このようにホワイトバランスを「曇り」や「日陰」にすることで色全体が赤っぽくなり、紅葉の葉をより赤く表現することができます。

その反面、他の被写体(建物や人物など)がたくさん写っていると全体の色が崩れてしまうこともあるので注意は必要です。



偏光フィルター(PLフィルター)で反射を抑える

偏光フィルターを使うことで、要らない光の反射を抑えて紅葉本来の鮮やかな色を写すことができます。また空の色を青くしたり、水面やガラスの反射を抑えたりする効果もありますので、自然風景写真の必須アイテムともいえます。偏光フィルターについてはこちらでも詳しく紹介しています。



何もつけないで撮影(葉が反射して白くなっている)


偏光フィルターを装着して撮影(鮮やかな色になる)

※逆光であったり、光の位置によっては効果が期待できない場合もあります。




レタッチソフトで鮮やかさを上げる

露出補正もホワイトバランスの調整もうまくいかなくなっちゃって、撮った写真をみてガッカリ・・・という方には、レタッチソフトを使って鮮やかさを上げる方法もあります。

 
左は無加工の状態、右はレタッチソフトで鮮やかさを上げた写真です。鮮やかさを上げすぎると不自然な写真になってしまいますが、ある程度上げることで紅葉本来の色が引き立ちます。




アングルや構図を変えてみよう

紅葉写真は紅葉した木々を撮影するだけではありません。ちょっと構図を変えてみるのも面白いかもしれません。


地面スレスレまでカメラを下げて、紅葉の絨毯を撮影してみました。



石垣と紅葉のコントラストで撮影してみました。





せっかくお気に入りの写真を撮ったのに、家に帰ってパソコンで見てみると「うっそ~!」なんてことありませんか?
白いものを白く写すのが自然で綺麗な写真に写すコツです。ここでは、ホワイトバランスについて勉強していきましょう。
景色の撮影では必須ともいえる偏光(PL)フィルターを知っていますか?ここではPLフィルターの役割や効果、おすすめフィルターをご紹介していきましょう。

スポンサーリンク