デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > 構図や表現知識を学ぶ > 構図とは

構図とは



写真撮影にとって構図はとても大切なものです。今まで何気なくファインダーをのぞいて撮影していた平凡な写真でも、構図を頭に入れながら撮影するだけで、まったく違う作品に仕上がったりもします。

構図って、なんだか難しいと考えている方が大半だと思いますし、そもそも構図ってなんぞ?と思っている方も少なくないかと思います。まずはカメラ撮影における構図について少しお話しておきましょう。




写真の構図ってどういう意味

まず、構図を広辞苑で調べると・・・
「絵画・写真などで芸術表現の要素をいろいろに組み合わせて、作品の美的効果を出す手段」とあります。

簡単に言えば、いかに被写体のバランスや配置取りなどをセンス良く撮影することという意味ですね。

プロカメラマンや写真集などに掲載されている感動的な写真や迫力ある写真なども、もちろん機材や環境なども優れていますが、上手な構図で撮影されている場合が大半です。

言い方を変えれば、日常の平凡な景色でも構図を考えることで、迫力ある感動的な写真に仕上がることも可能なのです。





基本をマスターすれば誰にでもよい写真は撮れる

これから各構図についてご案内していきますが、基本さえマスターしてしまえば、誰にでもバランスのよい構図の写真は撮影できてしまいます。

ある程度基本の構図をマスターしたら、今度は自分のセンスで撮影していくのを心がけましょう。

型にはまる公式というのはなく、同じ風景でもアングルや角度、撮影場所を何度も変えてたくさん撮影し、後で確認することで思わぬ収穫や「おっ!これいいじゃん!」と思う写真が出来上がっているかもしれません。






カメラで撮影する際、横と縦ってどうやって使い分けていますか?おそらく意識せずに縦長になるものを単に縦にして撮影しているだけではないでしょうか。まずは横構図と縦構図を少し勉強しましょう。
構図について少しでも勉強している方は、聞いたことがある呼び名だと思います。3分割法はカメラ構図の中でも最も基本的な構図で、しかし最も使える構図のひとつです。
対角線構図は被写体を対角線上に置いたり、対角線上に斜めに撮影したりする方法をいいます。対角線構図も比較的ポピュラーな表現方法で、写真に「動き」「奥行き」を表現できます。

スポンサーリンク