デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > ためになる応用知識 > プリントサイズとプリントの注意点

プリントサイズとプリントの注意点



デジカメで撮影したデータを写真屋さんに持っていて現像してもらうと、「アレっ、何か切れてる?」と思ったことはありませんか?
実はカメラの縦横比と一般的なL判と呼ばれる大きさの縦横比が違うために発生してしまいます。

ここでは縦横比の注意点についてご紹介しておきましょう。




一般的なデジカメの縦横比

縦横比はアスペクト比とも呼ばれ、縦サイズと横サイズの比率を示したものです。

一昔前のパソコンのモニターやテレビの画面は4:3でした。今のワイドテレビやワイド画面のパソコンは16:9です。

一般的なコンパクトデジタルカメラは4:3
一般的なコンパクトデジカメの比率は4:3が主流となっています。



パソコンで見る分には全く問題がないですが、写真屋さんで現像してもらうときに最も普及しているサイズ「L判」でプリントすると・・・

上下の薄くなっている部分はカットされて写っていませんね。
L判サイズは少し横長なので、現像時に上下が少しカットされます。なのでせっかく撮影した汽車の写真も、煙突が切れてしまっています。



デジタル一眼レフカメラのサイズは3:2
逆にデジタル一眼レフカメラの撮像素子サイズは3:2のものが大半です。



こちらをL判サイズにプリントすると、少しだけ左右が切れます。



このようにフィルムと違ってデジタルカメラには縦横比が様々あるため、現像する際は上下左右が切れないか注意が必要です。

それぞれのカメラのアスペクトに合ったサイズの写真サイズをプリントする時は選びましょう。




主なプリントサイズ

それではよく使われるプリントサイズについてご案内していきましょう。



DSCサイズは3:4の比率で作られている写真で、主にコンパクトデジカメで撮影したものをプリントするのにおすすめです。デジタル一眼レフで撮影したものには向きません。



昔から一般的な写真サイズとして最も使われているサイズ。普通の写真サイズといばこの大きさのことをいいます。対比は2.1:3のため、コンパクトデジカメで撮影したものは上下がかなりカットされてしまいます。対比が2:3であるデジタル一眼レフで撮影したものは左右が若干切れますが、一番おすすめな大きさです。



別名KGサイズともいいますが、ほぼはがきと同じくらいの大きさの写真です。こちらも対比がほぼ2:3なので、一眼レフカメラ向けの写真サイズですね。L判では少し物足りない時にはおすすめです。



集合写真などにはお馴染みの大きさで、L判サイズの2倍の大きさがあります。対応している写真アルバムやフォトフレームが豊富に出回っているのも魅力です。こちらもデジタル一眼レフで撮影した写真向けです。



ここぞという一枚や、コンテスト、額縁へ入れて飾りたい方向けの大きさ。A4サイズより若干小さい大きさです。一眼レフカメラで撮影した場合、左右がかなりカットされてしまうので注意が必要です。



こちらも勝負用の一枚作品用としておすすめの大きさ、洋紙寸法の額縁の種類も豊富なので、飾っておく作品プリントにもバッチリです。6切判に比べかなり左右が広いのでデジタル一眼レフ向けのサイズです。

写真プリントも用途によって様々なサイズや縦横比があるので、注意してください。写真屋さんでも詳しく教えてもらいましょう。




デジタル一眼レフカメラに使用されている撮像素子(イメージセンサー)の大きさについてご案内したいと思います。
一般的にデジタルカメラ(通称デジカメ)と呼ばれるものは、大きく4種類に分かれます。
デジタル一眼を店頭やカタログで見ていると、値段の差が大きいことに気づく方も多いと思います。安いものは数万円から、高いものだと数十万円するカメラまで多種多様です。

スポンサーリンク