デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > 管理人のアイテムレビュー > ハクバ レンズペンレビュー

ハクバ レンズペン レビュー



レンズを交換したり取り扱いをする際にうっかりレンズ表面を触ってしまったりすると、レンズに油汚れや指紋が付着しますね、クリーニングクロスだと汚れが伸びるだけでなかなかキレイに落ちませんが、今回ご紹介するレンズペンはそんな悩みを一気に解決してくれる優れものです。




使いやすく威力は抜群

カメラアクセサリーのメーカーとしては有名なハクバから発売されているレンズペンデジクリアは、レンズ表面や液晶画面の汚れをセーム革と特殊なカーボンコンパウンドで取り込むクリーナーです。

とてもコンパクトに出来ているため、カメラバッグの中やポケットの中にも入るので現場へ持っていくことが用意に可能、撮影中にレンズ交換やキャップの取り外しなどでうっかりレンズ表面を触ってしまった時に重宝します。





レンズペンの使い方


レンズペンの前側は、スライドさせるとやわらかブラシが出てきます。使わないときは中へ収納できるので、ブラシがボロボロになる心配もありません。ブラシはゴミやホコリなどを払い落とすときに使います。



もう片方の後側のキャップを外すと三角形のクリーニングチップがついています。こちら側でレンズ表面の油汚れを取り除きます。(メーカーより丸いヘッドのものや、コンパクトデジカメなど小さいレンズ用の小型のヘッドのタイプもあります。)



うっかりレンズに指紋を付けてしまいました。クリーニングクロスで拭くと膜が広がってしまい、今までは完全にふき取るのに苦労していました。



軽くペンを押し付け、ぐるぐる円を描くように汚れている場所を拭いていきます。キャップの裏側にカーボン粉末がついていて、キャップをした状態でキャップを回すとセーム革に粉末がチャージされます。



軽くこするだけで、完全に指紋がなくなりました。もちろんカメラにつけたままでもOKです。

注意点としては最初にブラシで物理的なゴミなどはしっかり取り除いてから拭くようにしましょう。




長さは普通のボールペン程度、太さはホワイトボードのマジック程度なので、小さいカバンの中にもラクラク収納できます。




素早く汚れを落とせるので現場では重宝します

これだけコンパクトで素早くキレイに汚れをふき取れるため、自宅よりも撮影現場で非常に役立ちます、うっかりレンズに触れてしまう機会も現場の方が圧倒的に多いでしょう。ひとつカバンの中に入れておけば頼もしい存在です。

クリーニングチップは1日5~6回使って約半年使用可能とありますので、かなり長い間使用できますし、予備のチップとヘッドもセットになっています。

価格は量販店で2000円前後、通販ですと1600円程度で買うことができます、私も当初は「こんなんで汚れが落ちるの?」と半信半疑でしたが、買ってみてその威力に納得しました。安い類似品も出回っているので注意してください。



ハクバ レンズペン3

キャップをするだけでクリーニングカーボン粉末が充填され、グリップも改良されたレンズペン3が発売されました。

普段使いにも、撮影時にも使えますので、是非準備しておいてください。




デジタル一眼レフカメラやレンズはとってもデリケート、テレビやパソコンなどと同じ感覚で掃除をしてしまうと、うっかりキズをつけてしまったり、汚れを取ったつもりが逆に汚してしまった・・・などという失敗談も耳にします。
一眼レフカメラがより使い易く手軽にはなりましたが、やはり元は精密機械・・・ 中にはデリケートな部分もあり、それなりに大切に扱う必要があります。
レンズのトラブルや悩みで最も多いのがカビの発生。レンズはガラスなのでカビが生えるなんて思わなかったと思う初心者の方も多いようです。