デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > Lightroom初心者使い方講座 > Lightroomとはどんなソフト?

Lightroomとはどんなソフト?



Lightroomとはアドビ社から発売されているアプリケーションソフトで、主にデジタル一眼レフカメラで撮影したRAW画像の編集・修正・管理などを行う統合型画像編集ソフトです。Photoshop(フォトショップ)の兄弟分として2006年に発売されました。




LightroomはPhotoshopの兄弟分

Photoshop(フォトショップ)という名前、どんなソフトかは知らないけれど、名前だけは聞いたことがある方も多いかと思います。Lightroomの正式名称はPhotoshop・Lightroomで、Photoshopの中で写真編集や管理に特化したソフトのことをいいます。いわばPhotoshopの兄弟分のようなソフトです。

PhotoshopはAdobe(アドビシステムズ)という会社が作成した画像編集ソフトで、最初のバージョンは1990年に発売されました。その後どんどん新しい機能や便利な機能を追加し、2014年現在ではPhotoshopCCというのが最新のバージョンとなっています。
Photoshopは写真を元にイラストを作成したり、高度な写真の合成を行ったり、プロのクリエイターやデザイナー、または印刷会社などが使うソフトで、多機能な分、価格は10万円以上します。
一般人でも買うことができましたが、高機能すぎて使いこなせず、宝の持ち腐れになってしまう人も続出したようです。

そんなこともあり、Photoshopの内、高度な機能を省いた廉価版のPhotoshop・Elements(フォトショップエレメンツ)というソフトが発売されました。こちらはどちらかというと家庭向けであり、基本的な編集や合成などが行えるお手軽なソフトです。価格も1万円台で買えるということもあり、比較的Photoshopを楽しむための敷居が低くなりました。

PhotoshopやPhotoshop・Elementsは、1枚の写真をじっくり作成したり、写真を元にイラストを作成するのには向いていましたが、たくさんの写真を一度に処理したり、管理したりするのには向いていませんでした。

そこで2006年に、Photoshopの内、写真の編集と現像、管理に特化したソフトPhotoshop・Lightroomが発売されました。特にデジタル一眼レフカメラで撮影したRAW画像の編集が得意であり、プロの写真家はもちろん、一般向けにもかなり普及してきました。価格も1万円台で買えるためリーズナブルです。




左からフォトショップ・フォトショップエレメンツ・フォトショップライトルーム




それぞれのソフトの特長を知ろう

Photoshop


フォトショップは、イラストの作成から多機能な写真の合成・編集などが可能です。どちらかというとヘビーユーザー・プロ向けのソフトであり、多機能な分価格も10万円以上と高価です。
基本的に現像機能においては、エレメンツやライトルームの出来る機能はすべて可能です。使いこなすにも勉強やスキルが必要で、独学で使いこなすためにはかなりの努力が必要です。
イラストを作成したり、WEBコンテンツ用の画像を作成したり、1枚の写真を元に違う作品としてこだわって仕上げたいなどの用途にはフォトショップが向いているのではないでしょうか。



Photoshop・Elements


フォトショップエレメンツは上記フォトショップから、専門的な機能を省いた廉価版ソフトです。フォトショップは超多機能な分ジェット機を操縦するような感覚ですが、こちらは基本機能のみになるので、自動車を運転しているような感覚で、機能が制限される分、扱いはそれほど難しくありません。
こちらのソフトも1枚の写真を元に違う画像にしたり、イラストを作成したりと、加工や合成を主にしたソフトです。価格も1万円台で購入可能ですので、まずはエレメンツから始めてみるのも良いでしょう。



Photoshop・Lightroom


最後にご紹介するのは、このコーナーでも後にしっかり説明させていただくLightroomです。このソフトは、上記2つのソフトとは全く趣旨が異なります。Lightroomではイラストを作成したり、写真の合成や切り取り、貼り付けといった編集等はできません。しかし写真の色合いやコントラストなどを変えるのは得意中の得意です。
また、一度にたくさんの写真を編集したり、多くの写真を管理したり閲覧したりするのに向いています。とことん撮った写真を美しくしたり、見たりするのに向いているソフトです。
価格も1万円台で購入でき、特に一眼レフカメラで撮影したRAW画像の編集には効果を発揮するソフトです。


ここでは3つのソフトを説明してきましたが、全てはPhotoshopの仲間だと思ってもらえればOKです。

当サイトでは、以後Lightroomの詳しい使い方などを記事として載せていきますので、興味のある方はどうぞ最後までご覧ください。


次回はLightroomで何ができるかについてご紹介いたします。


 Lightroomで何ができる?


夜間や室内でせっかく撮ったお気に入り写真、でも後でよく見てみると・・・  「アレっ?なんかブレてるっ!」という経験の方もいらっしゃると思います。 昼間の屋外での撮影ならばほとんど手ぶれは起きませんが、ここでは手ぶれはなぜ起きるのかをご説明しましょう。
カメラで撮影する際、横と縦ってどうやって使い分けていますか?おそらく意識せずに縦長になるものを単に縦にして撮影しているだけではないでしょうか。まずは横構図と縦構図を少し勉強しましょう。
ここでは一眼レフの撮影方法を学ぶとともに、まずは全自動モードで撮影してみましょう。ファインダーを見て、構図を決めて、シャッターを切るという基本的なことですので、感覚的に撮影方法を身につけるのが上達の早道です。

スポンサーリンク