デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > Lightroom初心者使い方講座 > 緑をより緑色にするテクニック

緑をより緑色にするテクニック



お庭の庭園や森の木々、流れる滝の風景などに緑はなくてはならない存在です。せっかく撮影した写真も、緑が薄く「どうもパッとしない」と思ったことはないでしょうか。ここではLightroomで緑をより緑色にするテクニックをご紹介いたします。

サンプルRAW画像データはここからダウンロードできます。
(約30MB、規格はCR2でCanonのRAW画像です)







緑色だけの彩度を上げる

Lightroomでサンプル写真を読み込んで、下の図のように現像モジュールにしましょう。庭園の緑の鮮やかさが弱く、色も薄くなっています。このままでも十分綺麗ですが、緑の鮮やかさを上げてみたいと思います。





ここでポイントなのが、彩度を上げれば確かに木々の葉の色が鮮やかになるのですが、それだと他の色の彩度も上がってしまいます。Lightroomでは緑系の色だけ彩度を上げたりすることもできますので、ここではその方法で木々の色を鮮やかにしたいと思います。

それでは、画像編集用パネルの「HSL/カラー/B&W」の中のカラーを選びます。このパネルでは特定の色に対してだけ、彩度や色相などを可変することができるため、他の色あいを崩すことなく変えたい色だけ調整することができます。



カラーを選択し、「レッド・オレンジ・イエロー・グリーン・アクア・ブルー・パープル・マゼンタ」の7系統の色の中から選びますが、今回は緑色系統の色を変化させたいので、グリーンを選択します。
色相・彩度・輝度はそれぞれ+20・+70・-30程度に合わせます。

各パラメータの効果は以下の通りですので、自分なりにアレンジしてみてもOKです。

色相
グリーンの場合はスライダを左にするほど黄色っぽく、右にするほど青緑色になります。右にしすぎると不自然な色合いになってしまうので、+10~+30程度がおすすめです。

彩度
グリーンの場合はスライダを右にすれば緑色が鮮やかに、左にすると色が薄くなります。ここでは思い切って左へ動かすと、ぐっと緑色が鮮やかになってくると思います。

輝度
グリーンの部分の明るさを調整します。スライダを右にすれば明るく、左にすると暗くなります。ここでは光に当たって白っぽくなっている部分があるので、少しマイナスにすることで、鮮やかさがアップします。


各色ごとにパラメータが調整できるので、赤や黄、オレンジ系統に使えば紅葉の葉の色を同様にして鮮やかにすることもできますし、青系統に使えば空の色や海の色あいを変えることも可能です。





各パラメータを調整しました、緑の部分の鮮やかさがずいぶんきれいになりましたね。



微調整をして画像を整える

緑色の部分の補正が完了したら、微調整をして画像全体を整えます。ここでは以下の値を参考に調整してみてください。




色かぶり補正
少しグリーン方向へ修正(-20程度)してあげると、緑色が増します。やりすぎると全体が緑っぽくなってしまうので注意してください。

ハイライト
空の部分がまぶしいので少しマイナス方向へ補正します。

シャドウ
室内の天井部が暗いので、少し上げて暗い部分を持ち上げます。

黒レベル
より暗い部分を暗くして、写真にメリハリをつけます。

彩度
全体的な鮮やかさを少しだけ上げて、写真全体のバランスを整えます。





最後にノイズ軽減を行い、微調整は完了です。





写真が出来上がりました。少し濃さがきつい場合は、グリーンの彩度をもう少し抑えてあげると、自然な緑になります。こうすることで色が映えない写真も見違えるようになります。

変えたい色を選び、その系統の色だけを変化させるのがこの回のポイントです、慣れてくれば様々な色あいを変えて楽しむこともできます。




 ホワイトバランスを大胆に変える



夜間や室内でせっかく撮ったお気に入り写真、でも後でよく見てみると・・・  「アレっ?なんかブレてるっ!」という経験の方もいらっしゃると思います。 昼間の屋外での撮影ならばほとんど手ぶれは起きませんが、ここでは手ぶれはなぜ起きるのかをご説明しましょう。
カメラで撮影する際、横と縦ってどうやって使い分けていますか?おそらく意識せずに縦長になるものを単に縦にして撮影しているだけではないでしょうか。まずは横構図と縦構図を少し勉強しましょう。
ここでは一眼レフの撮影方法を学ぶとともに、まずは全自動モードで撮影してみましょう。ファインダーを見て、構図を決めて、シャッターを切るという基本的なことですので、感覚的に撮影方法を身につけるのが上達の早道です。

スポンサーリンク