デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > Lightroom初心者使い方講座 > Lightroomで何ができる?

Lightroomで何ができる?



ここではLightroomというソフトでどんなことができるのかをご紹介いたします。大きく分けると「写真の管理」・「写真の補正」・「写真の出力」の3つに分けられます。それでは各項目ごとにざっくりとご案内していきましょう。




写真の管理

Lightroomはデジタルカメラの撮影したデータ(画像)を取り込んで管理することができます。Lightroomの特に強い点は、ほとんどのメーカーのカメラで撮影したRAW画像を読み込むことができます。
RAW画像は各カメラメーカーで形式が異なるため、パソコンで画像を表示したり画像を編集するにはメーカーそれぞれの画像編集ソフトが必要ですが、Lightroomがあれば異なるメーカーのRAW画像でもまとめて取り込んで使用することができます。



取り込んだ画像はサムネイル化され、自由に閲覧、拡大縮小ができる上、気になる画像にキーワードを入れたり、レートを設定したりすることもできます。





いちいちプロパティを見なくても、写真上にF値やシャッター速度、ISO感度などの情報も表示されるので、「その時どんな撮影条件で撮ったのかな?」という時にもすぐ確認できて便利ですね。





本格的な写真の編集・補正ができる

デジタル写真の醍醐味の1つである写真の編集や補正が本格的に行えるのがLightroomの大きな特長の1つです。色合いやコントラストなどはもちろん、ノイズを補正したり、ゴミを消したりなど様々な編集や補正、修正などが行えます。
その機能はたくさんあるのですが、代表的な編集をご紹介しましょう。


色合いやコントラストの調整は、だいたいどんなソフトやアプリでも可能ですね。
LightroomはJPEG形式で保存された画像ももちろん調整はできますが、RAW形式で保存されたデータは、画像を劣化することなく編集することができます。
特にホワイトバランス、ピクチャースタイル、明るさの調整などはRAW画像で行ったほうが格段に画質が良く、劣化が少なく編集できる特長があります。


Lightroomの素晴らしい機能の1つにスポット修正と呼ばれる機能があります。もともとはセンサーのゴミや少量の異物を除去する程度の機能でしたが、邪魔なものを塗りつぶすと、周りの色で補完してくれるため、自然に邪魔なものを消すことができます。夜景でのゴースト除去はもちろん、後ろに写り込んでしまった人影なども消すことができるので便利です。


色合いをモノクロやセピア色、ビンテージ風の写真に換えたり、HDRのような絵画調の写真、フィルムのような質感にしたりもできます。また固いコントラストや柔らかいソフトな画像にしたりと、加工前の写真とはガラリと違う大胆な画像編集も可能です。
操作方法はとても簡単で、マウスでスライダを動かすだけ。お気に入りの編集パラメータは保存することで、他の写真にもすぐ反映ができます。


レンズ特有の歪曲や収差をLightroomでは簡単に補正することができます。
各レンズごとに補正データが用意されているため、ワンタッチで補正ができる優れものです。補正のON・OFFはもちろん、強弱も自分で調整できるため、レンズの癖を消すこともそのまま生かすことも可能です。新しいレンズが発売されても、後のアップデートで新しく補正データも追加されていくので安心です。

以上の説明はほんの一部で、まだまだ便利な機能や優れた機能がたくさんありますので、詳しい機能については今後のコーナーで紹介したいと思います。




様々な用途に応じて写真を出力できる

RAW画像を編集したデータはJPEG形式に変換して出力することができます。もちろんデータの大きさや画質などは任意に設定することができますし、設定次第ではRAWデータのままプリンタで印刷することもできます。


Lightroomでは、元になる画像には一切手を付けない非破壊編集と呼ばれる編集形式を使用しています。ある写真をどれだけいじっても、元の画像はそのままで、変更されることはありません。
もし誤って編集に失敗してしまっても、ワンクリックで元に戻すことができます。

 


このように、メインとなるのはやはり撮影した画像をいじって楽しむことですが、写真の管理や閲覧、保存から印刷なども行えるため、これ1つあれば写真に関してすべて事足りてしまうほど便利です。画像編集で劇的に写真が変わるのである意味反則的なソフトと呼ばれても仕方ないほどの性能です。画像編集に興味がある方は是非Lightroomを検討してみてはいかがでしょう。




 Lightroomの入手方法


夜間や室内でせっかく撮ったお気に入り写真、でも後でよく見てみると・・・  「アレっ?なんかブレてるっ!」という経験の方もいらっしゃると思います。 昼間の屋外での撮影ならばほとんど手ぶれは起きませんが、ここでは手ぶれはなぜ起きるのかをご説明しましょう。
カメラで撮影する際、横と縦ってどうやって使い分けていますか?おそらく意識せずに縦長になるものを単に縦にして撮影しているだけではないでしょうか。まずは横構図と縦構図を少し勉強しましょう。
ここでは一眼レフの撮影方法を学ぶとともに、まずは全自動モードで撮影してみましょう。ファインダーを見て、構図を決めて、シャッターを切るという基本的なことですので、感覚的に撮影方法を身につけるのが上達の早道です。

スポンサーリンク