デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > Lightroom初心者使い方講座 > カタログファイルを作成しよう

カタログファイルを作成しよう



Lightroomではカタログと呼ばれるものを使って画像データを管理します。カタログはLightroomを使う際で必ず必要な物です。ここでは、新しくカタログファイルを作成して、写真を管理してみましょう。



カタログって何?

Lightroomを使う上でカタログた必要と言いましたが、「カタログって何?」と思っている方が大半だと思いますし、もうこの時点で訳が分からないと思っている方が多いのではないでしょうか。

カタログといえば普通「カメラなどの家電製品、車などの商品説明や仕様が詳しく載っているもの」というのをイメージしてしまうと思います。

Lightroomのカタログファイルとは私たちがイメージしているカタログとは全く別ものもので、各画像ごとの設計図の集まりだと思ってもらえればわかりやすいと思います。

 

Lightroomでは元の写真(画像)データには一切手を付けず、カタログファイルを作ってそこに各写真の補正や調整データの設計図を記録します。元の写真を参照し、設計図のデータを重ね合わせることで画像を補正しています。

いわばカタログファイルは料理本であり、設計図は料理レシピだと思ってもらった方がわかりやすいかもしれません。

実際のカタログファイルの中身は、自分で色合いやコントラストを味付けした補正データはもちろん、画像の詳しいメタデータ(絞りやISO感度などの情報)など様々な情報が入っています。

材料を料理するにあたっても、レシピがないと話になりませんよね。Lightroomではレシピ本になるもの、つまりカタログファイルを作ってあげる必要があります。






カタログファイルの使い分け

カタログファイルは1つだけではなく、複数作ることもできます。とりあえずカタログを作ったら、そこに撮った写真をどんどん入れていけば良いわけですが、1つのカタログに複数の日に撮った写真や複数の種類の写真をいれる何でもごちゃまぜ方式と、日付や種類に合わせてカタログも分ける分別方式に分ける方法があります。

  

ごちゃまぜ方式は全ての写真を1つのカタログで管理する方法です。いちいちカタログファイルを作成したり、読み込んだりする手間は減りますが、枚数が多くなるとどこに何があるのか分からなくなったり、処理速度がとても遅くなったりしますのでおすすめできません。




 

複数管理式は、1つの日付やジャンルの写真に対して、1つのカタログを作成する方法です、その都度カタログファイルを作成したり、カタログを読み込んだりする必要がありますが、その後の管理がしやすく処理も遅くなりにくいのが特徴です。




 

カテゴリ管理式は、ごちゃまぜ方式と複数管理式を合わせたハイブリッド式のカタログファイル管理方法です。
複数管理だとカタログファイルがとても多くなってしまいますので、例えば年度や写真の種類などでカタログファイルを複数作り、そこに複数の写真を管理する方法です。カテゴリ分けされているので、枚数が膨れ上がることが少なく、カタログの作成、読み込みも少なくて済むのが特徴です。
おすすめは年度分けするのがわかりやすいかと思いますが、年度でも枚数が多くなりすぎてしまうようなら、「2012年1-6月」など半年ずつ分けてもよいかと思います。
管理人もおすすめですので、こちらのカテゴリ管理式でカタログファイルを作ってみてはどうでしょう。



カタログファイルを作成しよう

それでは新しいカタログファイルを作成してみましょう。

左上の「ファイル」から「新規カタログ」を選択します。
 



初期設定では「ピクチャ」の「Lightroom」のフォルダの中に新規カタログを作れるようになっています。任意の場所に変えたい場合は保存場所を変えてもOKです。ここではとりあえずこのままの場所に新しいカタログを作りたいと思います。
ファイル名の場所に、カタログの名前を入力します。ここではひとまず「練習用」と入力しましょう。




すると新しいカタログが作成され、画面の上には先ほど入力したファイル名が表示されているはずです、上では練習用と入力したので、ここでは「練習用」と表示されています。




これで新しいカタログが作られました。しかしまだ画像は1枚も入っていません。これから自分の好きな写真を取り込みます。



複数のカタログを作ってみる

さらに同じことを繰り返すと、複数のカタログを作ることができます。
もう一度「ファイル」から「新規カタログ」を選びます。今度は先ほど作った練習用のカタログが出来上がっているはずです。
それでは、ファイル名の所に「練習用2」と入力して保存しましょう。







これで「練習用」と「練習用2」という複数のカタログを作ることができました。Lightroomで一度に表示できるカタログは1つだけです。違うカタログを呼び出すときは、その都度読み込む必要があります。

今は「練習用2」の画面になっていると思いますので、以前作った「練習用」のカタログを呼び出してみましょう。

一度作ったカタログを呼び出すには「ファイル」から「カタログを開く」を選びます。
 

「練習用」と「練習用2」のファイルがあると思いますので、ここでは「練習用」のフォルダをダブルクリックします。




中にいくつかのファイルやフォルダが入っていますが、カタログファイルは大きい「Lr」と表示されたロゴマーク(拡張子はlrcat」)ですので、これを選んで開くをクリックします。




これで一番最初に作った「練習用」の画面に戻るはずです。このようにしてカタログを新規で作ったり、作ったカタログを呼び出したりしてカタログを使い分けます。
今回のカタログはとりあえず練習用として入力しましたが、本番用では、「2013年度」や「花の写真」、「子供の写真」などカテゴリ分けした分かりやすいカタログ名にしておくと良いでしょう。

次回は作ったカタログに画像を読み込む方法をご紹介します。




 カタログに画像を読み込もう


夜間や室内でせっかく撮ったお気に入り写真、でも後でよく見てみると・・・  「アレっ?なんかブレてるっ!」という経験の方もいらっしゃると思います。 昼間の屋外での撮影ならばほとんど手ぶれは起きませんが、ここでは手ぶれはなぜ起きるのかをご説明しましょう。
カメラで撮影する際、横と縦ってどうやって使い分けていますか?おそらく意識せずに縦長になるものを単に縦にして撮影しているだけではないでしょうか。まずは横構図と縦構図を少し勉強しましょう。
ここでは一眼レフの撮影方法を学ぶとともに、まずは全自動モードで撮影してみましょう。ファインダーを見て、構図を決めて、シャッターを切るという基本的なことですので、感覚的に撮影方法を身につけるのが上達の早道です。

スポンサーリンク