デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > Lightroom初心者使い方講座 > カタログに画像を読み込もう

カタログに画像を読み込もう



Lightroomでカタログファイルを作成しても、中には何も入っていません。画像の補正や調整を行う前に、画像を読み込んで使える状態にしなければいけません。ここではカタログに画像を読み込む方法をご説明いたします。

読み込む形式は多々あるのですが、今回は初心者に一番おすすめな、画像のコピーや移動をせずに、設計図だけを追加する方法をご紹介します。


画像の読み込み方

画像を読み込む前に、デジカメなどで撮影した画像データは、一旦パソコン内のハードディスクなどに保存しておきます。
Lightroomでは元になる画像を参照して処理を行うため、元になる画像の場所が変わったり、名前が変わったり、削除などしてしまうと。参照できずに迷子になってしまいます。
例えばメモリーカードから直接読み込んでしまうと、メモリーカードを抜いたり中の画像を削除してしまうと、次からLightroomが使えなくなってしまいます。
ひとまずメモリカードからハードディスクへ画像を保存しておきましょう。
メモリーカードから直接読み込んでコピーして保存する方法もありますが、ややこしくなるので、ここではひとまずこの方法は説明しません。


それでは、画像を読み込んでいきましょう。

画面右上のモジュールピッカーが「ライブラリ」になっているから確認します。なっていなかったらライブラリをクリックします。




次に「ファイル」から「写真とビデオを読み込み」を選ぶか、画面左下にある「読み込み」ボタンをクリックします。

 



読み込み画面が表示されます。左側のソース選択で、保存されているデバイス(ハードディスクなど)を選んで、実際に画像データが保存されているフォルダを選びます。
フォルダを選ぶと、中に入っている画像ファイルが真ん中に表示されます。
チェックを入れるとチェックを入れたものだけ読み込むことができます。また右下にあるサムネールのスライダを動かすと、写真の大きさを変えることもできます。
画面上には「DNG形式でコピー・コピー・移動・追加」とありますが、とりあえずここでは「追加」を選んでください。
最後に「読み込み」をクリックします。






「読み込み」をクリックすると読み込みが始まります。画像の大きさや枚数にもよりますが、数秒から数十秒(パソコンの性能によってはもっと時間がかかる場合もあります)で処理が終わります。
読み込みが完了すると下のような画面になり、左側には読み込んだフォルダ名が表示されており、真ん中にはそのフォルダの画像が表示されます。





これで読み込みが完了です。読み込まれた写真の修正や編集を行うことができます。




複数のファイルを読み込むことができる

1つのカタログには、複数のフォルダの写真を入れることもできますので、続けて同じ作業を行えば、どんどんフォルダを増やすことができます。
フォルダを増やすと左側のエリアにも増やしたフォルダが表示されていきます。

 
春の花を読み込んだ後、自宅チューリップのフォルダも読み込んでみた。新しいフォルダを読み込むと、上のように一覧画面に読み込んだフォルダが表示され、クリックして選択することで中央に画像を表示させることができます。


このように、例えば2014年というカタログを作っておけば、2014年に撮影したフォルダを全て読み込ませば、2014年という一括りの写真で管理することもできます。
又は、景色、人、動物、自動車など、モノのカテゴリで分ける方法もありますね。
ただし、パソコン環境にもよりますが合計枚数が数千枚になってくると、パソコンの処理がとても遅くなるので注意してください。



一度読み込みを行った元画像は、フォルダを移動したり、名前を変えたり、削除したりすると、Lightroomが読み込めなくなります。
簡単に説明すると、元画像は自宅、Lightroomが郵便局だとしましょう。勝手に自宅を引っ越したり、名前を変えたりしたら、郵便局が住所や場所が分からずは困りますよね、それと同じ現象がおきてしましますので、読み込む前にフォルダの名前や場所などをしっかり決めておきましょう。


読み込みができたらいよいよ画像編集です。次回は画像編集の方法をご説明いたします。



 画像を編集・補正してみよう


夜間や室内でせっかく撮ったお気に入り写真、でも後でよく見てみると・・・  「アレっ?なんかブレてるっ!」という経験の方もいらっしゃると思います。 昼間の屋外での撮影ならばほとんど手ぶれは起きませんが、ここでは手ぶれはなぜ起きるのかをご説明しましょう。
カメラで撮影する際、横と縦ってどうやって使い分けていますか?おそらく意識せずに縦長になるものを単に縦にして撮影しているだけではないでしょうか。まずは横構図と縦構図を少し勉強しましょう。
ここでは一眼レフの撮影方法を学ぶとともに、まずは全自動モードで撮影してみましょう。ファインダーを見て、構図を決めて、シャッターを切るという基本的なことですので、感覚的に撮影方法を身につけるのが上達の早道です。

スポンサーリンク