デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > Lightroom初心者使い方講座 > 画像をJPEGに書き出ししよう

画像をJPEGに書き出ししよう



さて、チュートリアル編もいよいよ大詰めです。編集した画像もLightroom上では画像は変わっていますが、画像をブログやSNSに掲載したりするには、JPEGという形式で一旦画像を出力書き出ししなくてはいけません。ここでは編集した画像をJPEGに出力する方法をご説明いたします。


画像のJPEG出力方法

ライブラリ画面でも現像画面のどちらでも良いので、編集が終わった画像を選びます。選択すると背景の色が濃い灰色から薄い灰色に変わるので、「ファイル」から「書き出し」を選びます。




書き出しの設定画面が表示されるので、各設定を行います。ここは細かく設定ができるのですが、とりあえず画像をデスクトップに書き出す方法を説明いたします。
設定項目が非常に多いですが、一度選択すると覚えていますので、次からは項目を変えない限り変更する必要はありません。



①保存先はハードディスクを選びます。

②書き出し先の場所を指定します。一旦デスクトップに指定しておくと書き出した写真がすぐ確認できるので便利です。

③ここでは一旦チェックを外しておきましょう。

④保存先に同じファイル名があった時の処理方法です。ここでは一旦「処理方法を確認」にしておきましょう。

⑤書き出す画像のファイル名を変えたいのならチェックを入れます。日付やファイル名などプリセットから選ぶこともできますし、完全に任意のファイル名を入力することもできます。

⑥画像形式を選ぶことができますので、ここでは最も一般的な「JPEG」にして、画質の劣化がないように画質は100にします。カラースペースやファイルサイズの制限はそのままにしておきましょう。

更に右端のスライダを下に動かすと、項目がまだまだあります。
※各項目▼で隠れている場合があるので、クリックすると表示したり隠したりできます。

 





⑦元画像と書き出すファイルのサイズ(解像度)を変更する場合にチェックを入れます。とりあえずここではチェックを外しておきましょう。

⑧出力する際にシャープネスを効かせるかを設定します。とりあえずチェックを外してきます。

⑨EXIFのメタデータを設定しますが。一旦ここでは「著作権情報のみ」を選びましょう。

⑩透かしについてはチェックを外しておきます。

⑪後処理については、とりあえず「なにもしない」を選んでください。

最後に書き出しをクリックすれば、指定した場所にJPEG画像が保存されます。



 補正した画像は書き出してナンボ!

Lightroom上でたくさんの画像を補正しても、それはソフト上で見えているだけで、画像データとして残っているわけではありません。補正した画像は出力(書き出し)してあげることで初めて作品として、また画像データとして残ります。
編集した画像はどんどん書き出して、お気に入りのコレクションに加えましょう。


これでLightroomの超基本(カタログ作成・画像の読み込み・基本的な編集・JPEG出力)のチュートリアルは完了です。

ここからは実際の写真を使った処理方法や、更に具体的なパラメータや設定の説明など中級編をご紹介していきたいと思います。





夜間や室内でせっかく撮ったお気に入り写真、でも後でよく見てみると・・・  「アレっ?なんかブレてるっ!」という経験の方もいらっしゃると思います。 昼間の屋外での撮影ならばほとんど手ぶれは起きませんが、ここでは手ぶれはなぜ起きるのかをご説明しましょう。
カメラで撮影する際、横と縦ってどうやって使い分けていますか?おそらく意識せずに縦長になるものを単に縦にして撮影しているだけではないでしょうか。まずは横構図と縦構図を少し勉強しましょう。
ここでは一眼レフの撮影方法を学ぶとともに、まずは全自動モードで撮影してみましょう。ファインダーを見て、構図を決めて、シャッターを切るという基本的なことですので、感覚的に撮影方法を身につけるのが上達の早道です。

スポンサーリンク