デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > 一眼レフを使ってみよう > 写真撮影のマナー

写真撮影のマナー



一眼レフカメラを手にしたら、早速あちこち撮影してみたくなりますね。しかし撮影のことばかり考えて、どうしても自分中心の世界になりがちです。

デジタルカメラの普及により、より手軽になった写真撮影。写真愛好家の人口も増えていますが、それにしたがってマナーの悪いカメラマンが増えているのも事実です。

ここでは大人のマナーを守って、「痛い人だなあ」と思われないような基本的なマナーについてご紹介していきましょう。




撮影禁止の場所では撮影しない

これはマナーというより人としての一般常識ですね。
文化遺産や著作物が絡むもの、特に博物館、美術館、神社、寺院などでは撮影禁止の場所も多くあります。

遊園地やテーマーパークのアトラクション内などでも、撮影禁止になっている場所がよくありますので気をつけましょう。

隠れて撮影している人もよく見かけますが、コソコソ撮影してもよい写真は撮れませんね。




フラッシュ禁止に気をつける

一部の施設や美術館、博物館、動物園などでは「フラッシュ禁止」にしている場所があります。他のお客さんの迷惑になったり、展示物そのものが光に弱いためなど理由は様々ですが、そういった場所では、撮影は可能ですがフラッシュを使わないように注意しましょう。

また、駅のホームなどで列車などを撮影する場合も、フラッシュを使っての撮影は厳禁です。乗車しているお客はもちろん、運転手や乗務員にも影響が出ますので絶対にしてはいけません。



三脚禁止や三脚を置く場所に気をつける

意外と知られていない「三脚禁止」。庭園や公園、植物園などは、三脚を禁止している所もあります。他のお客さんの迷惑になったり、三脚を使用することで、地面にキズをつけてしまう理由が多いようです。

また、三脚禁止の表記がない場所でも、狭い通路や周りの人の迷惑になるような場所に三脚を置いて撮影するのはよくありません。

特に人が多い場所での三脚の使用は周りに差し支えがないかよく確認してから使うようにしましょう。

もちろん三脚禁止の場所は一脚も禁止です。




三脚などを持って移動するときは周りに気をつける

三脚などは一度背を高くしてしまうと、大きくかさばってしまいます。その都度たたむのも面倒になってきますので、大半の人が少しの移動距離であれば、三脚を伸ばしたまま移動するかと思います。

三脚を横にしながらの移動は周りの人にとってはかなりの迷惑になりますし、子供の目や体を傷つけてしまう可能性もあります。

三脚を移動する際はできるだけ垂直に立てて移動し、特に人ごみが多い場所では面倒でも小さくしてから移動することをおすすめします。



立ち入り禁止の場所での撮影

私が見るマナーの悪い人の中でも、最も割合が多いのが、立ち入り禁止エリアに入っての撮影です。

人ととは違う一枚を撮影したい気持ちはわかりますが、ルールを破っての撮影はご法度です。
特に山や公園などの立ち入り禁止の看板を乗り越えて、自然を荒らしてまで必死に撮影している人をよく見かけますが、当の本人は撮影に夢中になっていて気づかないのでしょう。

これも撮影マナーというよりは人としての一般常識ですが、守っていない人が本当に多いです。



譲り合いの気持ちを大切に

人気撮影スポットでは撮影する人も多く、時には順番待ちになっていたり、一列にたくさんの人が並んでいたりします。また、モデルなどの撮影会には、撮影できる時間も限られてきます。

少しでも良いポジションに移動したいがために、醜い小競り合いを目にしたこともあります。確かにベストショットを撮影したいという気持ちは同じだと思いますが、譲り合うという気持ちも大切です。

また、人通りの多い場所などでは、通行人が邪魔でなかなかベストショットが撮れないことも多いかと思いますが、「邪魔だ!」「早く行け!」などと言うのは問題外です。




周りに配慮した撮影を

撮影する場所によってはカメラとは無関係の人や他のお客様がいる場合もあります。カメラのシャッター音や操作音、AF合焦音など撮影している本人は全く気づきませんが、そのような音を不快と感じる人もいます。

最近の一眼レフでは「サイレンとモード」など、シャッター音が小さくなり、操作音等もOFFにすることもできます。場所によってはそのような配慮が必要な場所もありますので注意しておきましょう。



お店やレストラン・カフェでの撮影は注意

最近はお洒落なお店の店内の写真をブログで公開したり、レストランやカフェの料理を紹介しているサイトやブログを目にしますが、お店によっては写真撮影を禁止している所もあります。

撮影する前は一言お店の人に「撮影してもいいですか?」聞いておくのも、お互い気まずい思いをしないですむ良い方法と思います。



このようにマナーはとても大切です。たとえ100人中1人でもそのようなマナー違反をしていると、ちゃんとマナーを守っている99人も周りからはそのような目で見られてしまいます。
「痛い人」と思われないように、回りに配慮した楽しい写真撮影を心がけましょう。



一眼レフカメラをはじめたばかりの方、長年なんとなく一眼レフをやっているけれど、なかなか上達しないなあと思っている方、ここでは上達への近道をご案内したいと思います。
まずはデジイチでは欠かせない絞りについて説明していきましょう。ここで説明する絞りと後に説明するシャッター速度は、撮影の基本中の基本です。

スポンサーリンク