デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > 撮影モードを理解しよう > マニュアル撮影モード

マニュアル撮影モード



マニュアル撮影モードは、自動露出機能を使わずに、絞りやシャッター速度を任意の数値に設定して撮影ができます。もちろん自由度がとても広いモードですから、条件次第では写真の仕上がりが大失敗・・・なんてこともあります。

ここはすべての設定を自分でするということになりますので、中級~上級者向きのモードです。 初心者の方はやや難しいモードです。実際マニュアルで撮影されている方はプロカメラマンやハイアマチュアの方などこだわった方に限られています。
しかし、極端な明暗差がある被写体や、夜景、星空、花火などマニュアルモードにしないとうまく撮影できないこともありますので、初心者だからといって完全に敬遠せず、慣れてきたらマニュアル撮影も試してみましょう。


manu2.jpg(143347 byte)
マニュアル撮影でより凝った作品作り。 使いこなすことははななか難しいですが、理想の写真が撮れたときの喜びも格別です。




実際マニュアルで撮影している人はごくわずか

実際のところ、撮影設定をマニュアルでやっている方はとても少なく、大半の方はマニュアル以外の全自動やセミオートなどで撮影されています。設定をその都度細かく設定する必要があり、どちらかというとプロ向けの設定です。ですので、「マニュアルが使えない」といって落ち込む必要はありません。



露出を基準に

ここは初心者向けのサイトでもあるので、詳しいセッティングは説明しません、とゆうより管理人自身も一般的な撮影ではMモードはほとんど使いません。どうしても使わなければならないシーンでしか使わないです。


といってもせっかく紹介しているので、コツを少しだけ・・・

マニュアルといっても、基本は守らないといけません。まずは撮影する場所、被写体に合わせて、シャッター速度と絞りどちらを 基準に設定するかを決める必要があります。

基準を決めたら露出計を見ながら、もう一方の数値も設定していきます。ファインダーではわからないので実際に撮影してみて 液晶画面を確認しながら適正露出を調整していきます。


マニュアル撮影のメリット

初心者の方には難しいマニュアル設定での撮影ですが、構図や場所が変わっても明るさが変わらないメリットがあるため、 同じ明るさの場所で撮影する場合、オートにしてしまうと構図を変えると微妙に露出値が変わってしまい、明るくなったり暗くなったり してしまいます。マニュアルだと同じ値で撮影できるので、安定したムラのない明るさで撮影することもできます。

manu1.jpg(83140 byte)
本格的にカメラをやってみたい方は是非マニュアル撮影にもチャレンジしてみてください。




全自動モードモードの撮影でカメラの操作や構図撮影に慣れたら、プログラムAEモードで撮影してみましょう。全自動と比べて任意で設定できる範囲が広がるため、こだわりの自由度も広がります。
絞り優先モードで撮影できるようになればもうあなたも一人前です。このモードは初心者から上級者まで一番お世話になる機会が多いモードで、一眼レフの醍醐味である「ボケ」をコントロールすることができます。
一眼レフカメラをはじめたばかりの方、長年なんとなく一眼レフをやっているけれど、なかなか上達しないなあと思っている方、ここでは上達への近道をご案内したいと思います。

スポンサーリンク