デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > ためになる応用知識 > ミラーレス一眼(マイクロ一眼)カメラって何

ミラーレス一眼(マイクロ一眼)カメラって何



今流行のミラーレス一眼・マイクロ一眼って

最近「マイクロ一眼」、「ミラーレス一眼カメラ」、「コンパクト一眼」などなど、呼び名はメーカーによって様々ありますが、最近このようなカメラが発売され、人気が高まっています。



mc1.jpg(32387 byte)
※左からパナソニックGF1・オリンパスPEN・ソニーαNEX5

これらのカメラは、一眼レフカメラのように高画質でレンズも交換できる上、軽くてコンパクトという、一眼レフカメラの良い点と、コンパクトデジカメの良い所をハイブリッドしたようなカメラのことをいいます。


オリンパスの「PEN」をはじめ、パナソニック、ソニー、ニコン、canonなども続々と新機種を発表し、女性や若者を中心に話題を呼んでいるカメラです。最近の一眼レフカメラが軽くなったとはいえ、まだまだコンパクトカメラに比べるとその大きさと重さの差は大きいものです。

一眼レフのようにファインダーではなく、コンデジや携帯のように液晶画面を見ながらの撮影するスタイルで、取り扱いなども従来のコンパクトデジカメと大差なく、自然に乗り換えが可能という点でも、抵抗感なしに買える・・・という点でも優れています。




なぜこんなにコンパクトなの?

「デジタル(マイクロ)一眼カメラ」と「一眼レフカメラ」は、構造が少し違います。

まず、コンパクトになっているマイクロ一眼かめらには、ファインダーがありません。従来のコンパクトデジカメのように液晶画面を見ながら撮影するのが基本です。(機種によってはオプションでファインダーをつけることもできます)



一方、一眼レフカメラはファインダーをのぞいて撮影するのが一般的です。このファインダーは「レフ板」(反射鏡)を伝わって画像を映し出しているので、その構造の分どうしても大きさがかさばってしまいます。



マイクロ一眼カメラは「レフ」がついていないので、従来のコンパクトカメラ同様、とても小さくすることができます。




なぜそんなに人気があるの?

撮像素子(イメージセンサー)がコンパクトデジカメと比べて大きいため、いままで一眼レフカメラしか表現できなかったような写真(とくにボケ味)が、とても簡単に撮ることができるようになった上、使い方は従来のコンパクトデジカメとほとんど変わりがない手軽さが人気の秘密のようです。

また、レンズを交換することで本格的な撮影も可能、それでいて持ち運びはラクラク・・・

聞くだけで誰もが欲しくなるカメラですね。女性向けのデザインが多いですが、最近ではこだわった男性向けのハイスペックモデルも登場しています。



従来の一眼レフのレンズって使えるの?

残念ながら、オリンパスやパナソニックで統一されている規格は「マイクロフォーサーズ」という規格です。これはスリムなデジタル一眼用の規格で、従来のデジタル一眼レフ用のレンズ(フォーサーズ)とは規格が違います。ですので、この規格に合ったレンズを別途用意する必要があります。 また、メーカーが違うとつけられないので注意が必要です。(SONYなど独自の規格のものもあります)





一般的にデジタルカメラ(通称デジカメ)と呼ばれるものは、大きく4種類に分かれます。
ここでは一般的なコンパクトデジカメと比較して、デジタル一眼レフカメラの魅力についてご紹介していきましょう。
そういえばレンズやカメラを選ぶとき、よく出てくる言葉が「35mmフルサイズ」と「APS-Cサイズ」・・・これっていったいどういう意味?

スポンサーリンク