デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > ためになる応用知識 > ミラーショックとは

ミラーショックとは



手ブレしないように三脚を使って撮影しているにもかかわらず、なんだか手ブレしたような解像感のない写真になってしまうことはありませんか?
一眼レフカメラには「ミラーショック」とよばれる現象がおこり、手ブレしたような写真になることがあります。ここではミラーショック発生の原因や対策などをご紹介したいと思います。




ミラーショックのメカニズム

デジタル一眼レフカメラは、ファインダー越しに像が見れるように、シャッターの前にミラーが付いています。一眼レフカメラのレンズを外すと、マウントの中に斜めに取り付けられた鏡のようなものがあると思います。

シャッターボタンを押すとこのミラーが上に跳ね上がり、シャッターが開いて光が撮像素子に届きます。

ミラーショックとはミラーが跳ね上がる際に起きる振動により、カメラが手ブレしたような状態になることを言い、実際に手ブレしたような写真に仕上がります。別名シャッターショックともよばれています。

youtubeに分かりやすい動画がありましたので紹介しておきます。



撮影する瞬間、フタのようなものが上に上がり、それからシャッター幕が開いて撮影が行われていますね。このフタがミラーであり、これが上がったり下がったりする振動で、カメラのブレが生じてしまうわけです。

これは光学ファインダーのついた一眼レフしか発生せず、ミラーレス一眼カメラやコンパクトカメラ、スマートフォンなどのカメラはミラー自体がついていないので発生しません。




実際に撮影してみたら

下の写真は、実際に望遠レンズで撮影した一部分を切り取ったサンプルです。左は手持ちでそのまま撮影、真ん中は三脚で固定してそのまま撮影、右はミラーアップ撮影を設定し三脚で固定して撮影してみました。





どれが一番はっきり写っているかは・・・ 一目瞭然ですね。三脚を使って風もないのに、どうもキリッと写らないのは、ミラーショックによるブレを起こしている可能性が高いと言えます。

L版サイズに印刷したり、縮小してブログやSNSでアップする程度ならそれほどブレも気になりませんが、切り取って等倍表示させたり、大きなサイズに印刷するとこのブレは目立つようになります。




ミラーショックの発生しやすい条件

ミラーショックは一眼レフカメラの宿命でもあり、日々メーカーの努力により影響が小さくなりつつある傾向にあります。しかしゼロにできることは難しく、現在でも機種や条件によって発生しやすくなります。

遅めのシャッタースピードで発生しやすい

ミラーショックはある特定のシャッタースピードで発生しやすくなります。機種にもよりますが、一般的には2分の1から100分の1程度のやや遅めのシャッター速度で、60分の1前後が最も影響を受けると言われいます。

シャッター速度が速いと、ブレる速度よりも撮れる速度の方が速いので影響が出ません。またタイミングによってはブレが発生する前にすでに、すでに撮影が終えているためです。
次にシャッター速度を1秒以上の遅い速度にすると、露光自体がゆっくりになるため多少のブレはあまり影響が出ません。

室内や夕暮れ時など、少し暗めの中途半端な環境の場合は注意する必要があります。



APS-Cよりもフルサイズの方が影響が大きい

一般的にAPS-Cサイズのカメラよりもフルサイズのカメラのほうがミラーショックの影響が大きいと言えます。理由は簡単で、フルサイズのほうが
ミラーが大きく、振動のブレが強いことがあげられます。

高画素機ほどミラーショックの影響が大きい
最近は驚くほど高画素化が進み、エントリークラスの一眼レフカメラでも2000万画素を超えるような機種が目立ってきました。高画素であるほど



高級機の方がブレを抑えた設計になっている

一般的には高級機や新設計になっている機種のほうが、ミラーショックが少ないと言われています。高級機であるほど剛性やショック軽減のための設計がしっかり施されていますし、同クラスのカメラなら新しい方がミラーショック対策がされていると言えるでしょう。




ミラーショック対策にはミラーアップ撮影がおすすめ

ミラーショック対策の最も効果的な方法は、ミラーを上げたまま撮影する「ミラーアップ撮影」をすることです。原理的にはミラーレスカメラと同じになり、あらかじめミラーを上げて撮影するので、振動する心配がありません。

ミラーアップ撮影をするには、設定を行っておく必要がありますので、ここでご紹介いたします。(この機能はエントリークラスではついていない場合もあります)

CANONの場合は、メニューからカスタム機能を選び、ミラーアップ撮影のON/OFFを設定します。

 

Nikonの場合は、モードダイヤルをMUPに合わせることで設定が可能です。(機種によって違いがあるのでマニュアルも確認ください)


 


ミラーアップ撮影をONにするとシャッターボタンを1回押すとファインダーが真っ暗になりミラーが上がります。そしてもう1度シャッターボタンを押すと撮影します。(1回の撮影で2回シャッターボタンを押す必要があるため、瞬間を狙うようなシーンではおすすめできません)

Nikonには「露出ディレーモード」という機能もあり、シャッターボタンを押してから撮影するまでの時間を設定することもできます。



ライブビュー撮影でも同様の効果が得られる

「ミラーアップ撮影は面倒」という方や、そもそもカメラにミラーアップ撮影機能が付いてない場合は、液晶画面を見ながら撮影するライブビューで撮っても同様の効果が得られます。

ライブビューはもともとミラーを上げて直接撮像素子に像を当ててプレビューしていますので、そのまま撮影すればミラーは動かず撮影ができます。

手軽な方法としてライブビュー撮影をしてみましょう。




そのほかのポイント

シャッター速度が60分の1前後になるようなシーンでは、撮った画像を確認し、ブレていないかどうかをチェックします。必要に応じてライブビュー撮影やミラーアップ撮影で取り直してみましょう。

カメラによっては、ミラーの動きをゆっくりにして撮影できる「静音撮影」、「サイレント撮影」という機能がついているものがあります。

もともとはシャッター音が気になるシーン(美術館や劇場など)で、音を抑えるためのモードですが、ミラーの動作もゆっくりになるため、ミラーショックを軽減する効果も一役かっています。

 
※Canonの設定画面。静音1枚撮影のほか、連続撮影も可能

多少撮影ラグがあるものの、普段と同じような感覚で撮影できるため、試してみるのもよいと思います。


ミラーショックに対してしっかりとした知識を持ち、適切に対処することで失敗のない写真に仕上げることができます。予備知識として是非知っておいてください!





よくある失敗写真の例として、白飛びと黒つぶれというのがあります。オートモードで撮影すると、カメラが自動的に適正露出になるように調整してくれますが、環境や被写体の状況によっては明るすぎたり、暗すぎたりする場合があります。
みなさんはHDR(ハイダイナミックレンジ)合成という言葉を耳にしたことはないでしょうか。最近これらを紹介しているサイトやブログがとても多くなってきました。
カメラの液晶画面や、画像加工ソフトなどで、写真とともに現れるグラフのようなものを見たことはありますか?

スポンサーリンク