デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール
フォト アドバイス  

ホーム > アクセサリを使いこなそう > 偏光(PL)フィルターを使おう

偏光(PL)フィルターを使おう



景色の撮影では必須ともいえる偏光(PL)フィルターを知っていますか?ここではPLフィルターの役割や効果、おすすめフィルターをご紹介していきましょう。

PLフィルターの役割

PLフィルターは偏光フィルターとも言います。構造の方を説明するのはちょっと専門的で難しいので、ここでは深く説明はしません。
簡単に言うと、PLフィルターを使うと余計な日光の反射を防ぐことができるため、色が鮮やかになったり、見えないものが写りやすくなります。

文章では分かりにくいので、下の写真を見てください。


上の写真は、PLフィルターを使わずにそのまま撮影した紅葉の写真です。斜めから太陽の光が当たっているため、白く反射しているのが良く分かりますね。



次にPLフィルターを取り付けて、効果を中程度まで効かせました。少し反射が抑えられているのが分かると思います。



最後に効果を目一杯効かせた写真です。光の反射がなくなり、紅葉の色が鮮やかになっているのが良く分かりますね。

それではこちらの写真も見てください。

池の中を写真に撮りましたが、水面が光っています。これはフィルターを何もつけずにそのまま撮影しました。



こちらはPLをフィルターを装着して撮影しました。水面の反射が抑えられ、水中のコイが良く見えますね。



こちらはフィルターを何もつけずに撮影しました。それなりに空は青く撮れてますね。



PLフィルターを装着して撮影しました。奥の山並みのコントラストがはっきりし、空が青くなっているのが分かると思います。

まとめると、要らない光の反射を取り除き、そのもの本来の鮮やかな色を表現できるほか、建造物や造形物がはっきりした写真に仕上げることができます。





偏光フィルターの使い方

PLフィルターは、通常のフィルターと同じようにレンズの先端へ取り付けるのが一般的です。レンズの先端は水筒のフタのようにネジ山になっているので、そこへ回しながら取り付けます。


キャップをつけるようにレンズに取り付けます。レンズやフィルターに指紋が付かないように注意しましょう。



PLフィルターはサングラスのように黒くなっています。PLフィルターをしっかり取り付けたら、リングがスムーズに回るか確認してみましょう。PLフィルターはサイドのリングが2重構造になっていて、1つが固定するためのリング、もうひとつは偏光度合いを調整するリングです。

偏光度合いを調整するリングはぐるぐる360度回すことができます。どれだけ回しても外れたり締まったりすることはありません。光の方向や角度で常にコンディションが変わるため、撮影する度にこのリングを回して写り具合を調整しながら撮影するのが基本です。

取り付けが終わったら、被写体にカメラを向け、シャッターを半押しにして一旦ピントを合わせます。そしてファインダーを除きながら、リングを回してみましょう。
特に効果を目視で確認できるのは、日の光が当たって白く反射している木の葉などです。また車のガラスや家の窓ガラスなども効果が分かります。ファインダーを見ながらリングを回すと、スッと余分な光が消える部分が出てくるので、自分好みのところで撮影しましょう。




偏光フィルターを使う上でのコツと注意点

PLフィルターを使う上でのコツや注意点をいくつかご案内しておきます。

シャッター速度が遅くなる
PLフィルターを装着すると、少し暗くなります。そのためフィルターなしの時と比べると少しシャッター速度が遅くなりますので、手持ち撮影時には手振れに注意しましょう。

逆光ではほとんど効果がない
要らない光をカットする偏光フィルターとはいえ、太陽が正面に来る逆光状態ではほとんど効果が得られません。また、光が反射する水面やガラス面なども、面に対して垂直での撮影では効果が出ませんので、斜めから撮影するようにしましょう。

反射光を取り除きすぎない
管理人も最初はPLフィルターの効果に魅了され、なんでもかんでも最も偏光効果を最大にして撮影をしていましたが、ある程度光の反射も入れないと、逆にのっぺりとした奥行きのない作品になりがちです。
被写体やコンディションに合わせて偏光を程よく調整して、撮影してみましょう。




偏光フィルターの選び方

偏光フィルターの効果や使い方は良くわかっていただいたと思いますので、ここではPLフィルターの選び方についてご案内しましょう。
偏光フィルターでも、性能によって価格がかなり変わってきますし、通常の保護フィルターに比べると若干高価です。失敗しないように選びたいものですね。

円偏光フィルターを選ぼう
実はPLフィルターには大きく2種類あり、PLフィルター(偏光フィルター)と、C-PLフィルター(円偏光フィルター)に分かれています。どちらもフィルターの効果としては変わりませんが、デジタル一眼レフカメラにはC-PLフィルター(円偏光フィルター)を選んでください。安価なPLフィルターはAF(オートフォーカス)を内臓していないタイプで、ハーフミラーがない昔のカメラ用なので、使うと誤作動を起こします。
※サーキュラーPLとC-PLは同じ意味です。

価格の違いは?
偏光フィルターにも価格差があり、安価なものは数千円から高いものは1万円を超えるものもあります。まず、同等の性能であればフィルター径(レンズの口径の大きさ)が大きいものほど高価になります。
また、超広角レンズなどでも使える薄いタイプのフィルターや、暗くならない高性能なものは価格が高くなります。

レンズの口径に合ったサイズを選ぼう
これは偏光フィルターだけではなく、すべてのフィルターに言えることですが、カメラのレンズ口径に合ったサイズのフィルターを選びましょう。レンズが2個、3個と増えてくるとそれに合ったサイズのフィルターを買い足す必要があります。



おすすめ偏光フィルター

性能別におすすめ偏光フィルターをご案内します。各社で偏光フィルターは発売されていますが、圧倒的シェアと人気からカメラアクセサリの老舗ケンコーから発売されているフィルターを選んでみてはいかがでしょうか。

お手持ちのレンズのフィルター口径に合ったサイズのフィルターを選んでください。
ケンコー サーキュラーPL


手軽に偏光フィルターを使ってみたい方の初心者向けフィルターです。少し大きいので超広角レンズには向きませんが、キットレンズなどにはピッタリです。
価格も安価なので、まずは偏光フィルターの効果をためしてみたい方にもおすすめです。

ケンコー PRO1D
ワイドバンドサーキュラー

管理人も使用しているC-PLフィルターで、フィルターの老舗ケンコーから発売されている価格と性能を両立した人気フィルターです。
とても薄いですがしっかりした作りで、偏光効果も抜群です。

ケンコー Zeta EX
サーキュラーPL

通常の偏光フィルターでは明るさが暗くなってしまい、シャッター速度が遅くなってしまうのですが、ほとんど暗くならない新技術のフィルターです。またとても薄くできているため写り込みの心配もありません。
価格は少し高めですが、価格に似合った仕事をしてくれるおすすめフィルターです。





レンズプロテクターとは、交換レンズの先端に取り付ける薄いガラス製のカバーで、レンズそのものの保護やホコリなどの進入を防ぐ役割があります。またフィルターは様々な効果を得ることができます。
紅葉写真撮影の基本やコツをマスターしたら、さらに上手に撮影するテクニックやコツ、アングルや構図なども変えた一歩踏み込んだ表現写真を撮影してみましょう。
デジタル一眼を店頭やカタログで見ていると、値段の差が大きいことに気づく方も多いと思います。安いものは数万円から、高いものだと数十万円するカメラまで多種多様です。