デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > ためになる応用知識 > パープルフリンジとは

パープルフリンジとは



風景撮影などで、明るい空と暗い木の枝などの間に紫色の変な色が写ってしまったことはありませんか。これはデジタルカメラ特有の現象で、パープルフリンジといいます。




コントラスト差が特に大きい場所で発生しやすい

まずは下の写真を見てみましょう。

何気ない中国庭園の写真ですが、右上部分の注目してみましょう。



右上部分を拡大したものですが、木の枝や葉っぱの一部分が紫色になっているのがよくわかると思います。

このように極めて明るいバックに暗いものが重なり合う時によく発生し、実際には存在しないむらさき色が出てしまうことをパープルフリンジといいます。特に明暗差が大きい逆光時やF値を開放して撮影するときなどにはよく発生します。





パープルフリンジの原因

パープルフリンジ発生の原因は様々な要素が絡み合っていますが、大きくは2つの原因により発生しています。

撮像素子によるもの
ここは初心者向けサイトなのであまり専門的な用語を並べたくないのですが、用はCCDの特性により、明るい部分と暗い部分の境目にはこのような現象が発生しやすくなります。これはデジタルカメラである以上どうしても発生してしまうので回避させるのは難しいです。

レンズによるもの
レンズによっても発生しやすいものとそうでないものがあります。パープルフリンジも色収差の一部であるため、色収差の少ない高級なレンズは発生しにくいようになっています。

これらの要素が組み合わさってパープルフリンジが発生しています。




パープルフリンジ対策

パープルフリンジを完全に無くすというのは不可能ですが、意識することである程度軽減することができます。

絞り込んで撮影する
特に逆光時には絞りを開放せずに絞り込んで撮影すると劇的にパープルフリンジを回避できる場合があります。絞りを絞って撮影するのがパープルフリンジ対策の最も有効的な手段です。ただし状況や機材の相性によってはあまり効果が期待できない場合もあります。

紫外線カットUVフィルターを使う
紫外線カットフィルターを使うことでパープルフリンジを軽減できるものもあります。特にケンコーから発売されているZeta UV L41等はとても優れているとレビューされている記事も多いです。

フォトレタッチソフトで加工する
これは最終手段ですが、写ってしまったパープルフリンジをソフトで強制的に加工してしまう方法です。ソフト名とパープルフリンジ除去方法 などで検索すると方法が載っています。





一般的なレンズは絞りを開放で撮影するより、いくらか絞った方が画質が向上します。カメラに詳しい方なら知っている方がほとんどですが、意外と知らない人も多いようです。
明るい空などを撮影したとき、写真の四隅が暗くなったりしたことはありませんか?これは口径食といってレンズ特有の現象で故障ではありません。
レンズプロテクターとは、交換レンズの先端に取り付ける薄いガラス製のカバーで、レンズそのものの保護やホコリなどの進入を防ぐ役割があります。

スポンサーリンク