デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座
管理人ブログ掲示板このサイトについてメール

ホーム > 一眼レフを使ってみよう > プログラムAEで撮影してみよう

プログラムAEで撮影してみよう



全自動モードモードの撮影でカメラの操作や構図撮影に慣れたら、プログラムAEモードで撮影してみましょう。全自動と比べて任意で設定できる範囲が広がるため、こだわりの自由度も広がります。


プログラムAEモードとは

プログラムAEモード(カメラによってはプログラムオートとも呼ばれる)とは、初心者が失敗しやすい露出部分(シャッター速度と絞り)はカメラが決めてくれるモードです。単に被写体に向けてシャッターを押すだけで最適な写真が撮影できます。




全自動と何が違うの?

シャッターを押すだけで最適な写真が撮れるなら、プログラムAEと全自動って何が違うの?という話になりますが、全自動と違いプログラムAEは任意で設定できる範囲が広がります。

   全自動  プログラムAE
 絞り  カメラが決定  カメラが決定
(組み合わせは任意)
 シャッター速度  カメラが決定
 ISO感度  カメラが決定  任意で設定できる
(一部AUTOが可能)
 ホワイトバランス  カメラが決定  任意で設定できる
 フラッシュ有無  カメラが決定  任意で設定できる
 AFモード  カメラが決定  任意で設定できる
 測光モード  カメラが決定  任意で設定できる

肝心な部分はカメラが決めてくれますが、ISO感度やホワイトバランスなどは任意に撮影者が決めることができます。色合いを変えたり、暗い場所での高速シャッターを設定したいときなど、設定のバリエーションが広がります。



プログラムAEモードで撮影してみよう

それではプログラムAEモードで撮影してみましょう。

まずは撮影モードダイヤルを「P」に合わせます。


ISO感度やホワイトバランスなど任意で設定したい場合は、メニュー画面や各種設定で自分の好みの値に設定しておきましょう。

設定が終わったら、後は基本的に全自動と同じです。ファインダーを見ながら構図を決めてシャッターを押すだけです。




プログラムシフトで絞りとシャッター速度を変える

プログラムAEモードにはプログラムシフトと呼ばれる機能がついています。露出について別頁でもご紹介してますが、同じ明るさの写真でも、絞り値とシャッター速度の組み合わせを変えることができます。

プログラムシフト機能を使うと、露出はそのまま(適正露出)で、絞りとシャッター速度の組み合わせをいろいろ変更できます。

いつもの撮影と同じようにシャッターボタンを半押しにしてピントを合わせてから、ダイヤルを回すと、シャッター速度と絞り値が変化するのがわかると思います。

メーカーによって違いますが、ピントを合わせた後、ダイヤルを回して組み合わせを変えることができます。


下の写真は同じ出来栄え(明るさ)の写真ですが、背景のボケ方が違いますね。


絞りF1.4 シャッター速度500分の1


絞りF3.5 シャッター速度100分の1


絞りF8.0 シャッター速度15分の1




このモードで絞りとシャッター速度の関係に慣れよう

プログラムAEモードはカメラ任せの初心者から中級者のステップアップに適したモードですので、できるだけ絞りとシャッター速度の組み合わせをいろいろ変えながら、どのような設定にすればどのように写るのか? という所を体で覚えていきましょう。

また色合いやイメージセンサー感度などの調整も自由に行えるため、ホワイトバランスやISO感度の設定もアレコレ変更しながら覚えていきましょう。




絞り優先モードで撮影できるようになればもうあなたも一人前です。このモードは初心者から上級者まで一番お世話になる機会が多いモードで、一眼レフの醍醐味である「ボケ」をコントロールすることができます。
簡単撮影モードで写真を撮るコツを覚えたら、デジタル一眼レフカメラ最大の醍醐味、 「手動設定」にもチャレンジしてみましょう。
全自動モードは、シャッターを押すだけでカメラが設定をすべて自動でやってくれるので、何をする必要もありません。 ピント合わせ、絞り、シャッター速度、ISO感度、さらにはフラッシュの有無までもカメラが自動でやってくれます。

スポンサーリンク